Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

仮想通貨のメリットやデメリット、将来性について考察したので述べていく


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20171111095654j:plain

 

今回は仮想通貨のメリット、デメリット、将来性について考察をし、徹底的にまとめた。

 

仮想通貨で億万長者になる人が続出している。ビットコインBitcoin)は2010年から2017年までに30万倍の価格上昇を果たした。当時1000円分買っていれば3億円だ。2017年に入っても急激な上昇を続けていて、今年初めに買っていた人の中でも、億万長者は多数生まれている。

 

さて、僕は某大手で会社員をしながらメディア運営など複業を並行してやっている。その過程で余剰金が多く発生するようになったので、そこで得た余剰金を投資に回して資産を増やすフェーズを今進めている。株式現物投資、投資信託ソーシャルレンディングなどポートフォリオを複数持っているが、その中の一つが「仮想通貨投資」だ。

 

  • 最近仮想通貨って流行ってるけど、実際どんなものなの??
  • 仮想通貨って投資先としてどうなの??何か怪しくない??
  • 仮想通貨ってぶっちゃけ、儲かるの??
  • 今後の将来性は??

 

もしあなたが仮想通貨に対して興味があり、上記のように仮想通貨に対して知りたいことがあるなら、今回の記事を読んで仮想通貨に対して理解を深めて欲しい。

 

 

仮想通貨って何??

そもそも仮想通貨って何だろうか?仮想通貨とは、インターネット上の通貨だ。

 

通貨といっても、日本円やドルのようにカタチのあるものではない。インターネット上で、信頼を基に使われている通貨だ。

 

仮想通貨には1000種類近くの通貨が存在する。一番有名なのはビットコインだ。ビットコインはあなたも一度は耳にしたことがあるだろう。ビットコインイーサリアム、ネム、リップル・・・仮想通貨には多数の種類が存在していて、それぞれ実態も価値も将来性も異なる。

 

仮想通貨の中でも代表的なビットコインはインターネット上の通貨だが、最近は現実世界(日常生活)でも使える場所が増えている。Amazon楽天、DMMなどを初め、美容院や飲食店、ネイルサロンや病院、英会話などでも使えるところが増えてきている。

 

特にこの流れが強いのは海外だ。海外では普通にビットコインを決済で使える場所が増えてきており、仮想ではなく、実際の通貨としての立ち位置を確立してきている。

 

まとめると、仮想通貨はインターネット上の通貨であり、その種類はビットコインを代表して1000種類近く存在する。中でも代表的な仮想通貨であるビットコインは、現実世界、日常生活の中でも多く使われ始めている。これが仮想通貨の現状だ。

 

仮想通貨のメリット

さて、仮想通貨がインターネット上の通貨で、近年急速に普及してきていることはわかったと思う。

 

では、「仮想通貨のメリットとデメリット」は一体何だろうか?どういうところに着目して、僕たちは仮想通貨を扱えば良いだろうか?

 

そこで、あなたが仮想通貨のメリット・デメリットをイメージできるようにまとめてみた。

 

投資先として劇的に値上がりする可能性がある

まず、仮想通貨は投資先として劇的に値上がりがしやすい。

 

冒頭で述べたが、ビットコインはこの7年で価格が30万倍になっている。今年に入ってからもビットコインは上昇を続けており、ここ1年間で価格は約9倍になっている。100万円投資をしていれば、それだけで900万円だ。さすがに今後30万倍ということはなさそうだが、それでも10〜100倍の値上げというのが普通に起こり得てしまう、ある意味「狂気」とも言える投資先が仮想通貨だ。投機と言った方が近いかもしれない。

 

このように、仮想通貨は値上がり幅がえげつない。多数のただの一般人を、一瞬で億万長者に引き上げてしまったことからも、そのパワーと異常さは感じることができるだろう。それが仮想通貨だ。

 

分散投資として使える

僕個人としては仮想通貨は「分散投資先」として、現存する全ての投資先の中で一番魅力的だと思っている。

 

少し小難しい話になるのでここは読み飛ばしても構わないが、あらゆる投資は「不確実性の塊」だ。

 

不確実性というのは「先のことが不透明でわからないこと」であり、投資はまさに不確実性の塊である。どんなに天才でも、ウォーレンバフェットでもジムロジャーズでも、100%未来のことを理解することなど無理なのである。

 

とはいえ、投資は100%予想することはできないとはいえ、それでも「大きなうねり」をイメージし、うねりに沿って行動することは可能だ。細かい値動き、どの通貨がどれだけ上がるかはわからなくても、「仮想通貨全体が世の中に受け入れられるか」「どの通貨が浸透していきそうか」は概ね予想できるのである。

 

つまり、「仮想通貨全体の今後や、将来性のある通貨」はイメージできるが、「具体的にどの通貨がどれだけの価格変動を起こすか」は、誰にも正確なことはわからないということだ。

 

そしてこれを利用するなら、「現状を分析し、将来性があると思った仮想通貨を少額で複数買っておき、その中の一つでも跳ねれば圧倒的に儲かるようにポートフォリオを組む」ことが重要だ。

 

仮想通貨がこの先、どれだけの値段をつけるかはわからない。それでも、どの通貨が伸びそうかは予想は概ねつけられるので、その通貨を分散で買っておけば良いのだ。

 

そうすると、誰もが予想できなかった「ブラックスワン(黒い白鳥)」が現れたとき、これまで仮想通貨によって生まれた億万長者のように、予想だにできない大きなメリットを享受することができる。

 

どれだけ安泰な投資信託に投資をしていても、不確実性は完全には取り除けない。投資信託だって不利益を被る可能性はあるのだ。

 

それなら、不確実性の特性を最大限利用する形で仮想通貨に分散投資を行い、不確実性のメリットを最大限享受する行動が大事なのだ。

 

仮想通貨は他のどの投資対象よりも、ブラックスワンが現れやすい投資だ。不確実性のメリットを最大限享受できる投資なので、僕は分散投資先の一つに必ず仮想通貨のポートフォリオを常に組み入れ、常に切らさないようにしている。ブラックスワンはいつ何時、突如として現れるかわからないからだ。

 

この考え方がわからない人は仮想通貨投資で成功はしないと思うので、わからなければブラック・スワン 不確実性とリスクの本質を読んでみよう。

 

これまで仮想通貨で億万長者になった人は、決して未来を正確に予想していたのではない。ブラックスワンに出会えるよう、少額でもお金を仮想通貨に換えていただけだ。

 

24時間365日取引可能

仮想通貨は24時間365日取引が可能なのがメリットだ。

 

株式現物投資は平日の日中、それも限られた時間だけしか取引できないが、仮想通貨はいつでも取引ができる。サラリーマンであれば、会社が終わってからでも取引をすることができるので嬉しい。

 

とはいえ、仮想通貨は価格変動が激しいので、あまり画面を見るのは勧めない。中長期的なスタンスで投資をすると良い。

 

送金が早くてかつ安い

仮想通貨は海外送金がとにかく早くて安いのがメリットだ。

 

通常、海外送金をするとお金もかかるし時間もかかるが、仮想通貨はインターネット上の通貨なので、一瞬で送金ができ、かつ送金の手数料はほぼゼロである。 

 

僕はアフリカに住んでいた時期があるが、グローバルでのお金のやり取りは面倒だったし、手数料もかなりお金がかかったものだ。

 

その点、仮想通貨はそのデメリットを見事に取り除いてきれいにしてくれる。グローバルでのお金の受け渡しが劇的に早くて安い。これは仮想通貨が世界的に用いられ始めている一つの大きな要因だと僕は思う。

 

仮想通貨のデメリット

仮想通貨のメリットについて書いてきたが、次は仮想通貨のデメリットについても書いていく。

 

投資先としてハイリスク・ハイリターン

仮想通貨はハイリターンの裏側に、ハイリスクという特徴がある。100万円投資したものが1億円になることもあれば、反対に0円になる可能性もあるのが仮想通貨だ。

 

通常の株式現物投資、投資信託ではこのようなことはほとんどないが、仮想通貨はこういうことが起こり得てしまう。これが怖くて、仮想通貨投資ができない人も多いだろう。

 

とはいえ、このリスクは自分次第で抑えることができる。このリスクに対する対処法は、「無くなっても良い少額で、かつ分散投資をすること」だ。

 

一つの通貨に全額をかけるのではなく、複数の仮想通貨に、かつ他の投資商品(現物株式や投資信託、不動産など)と組み合わせること。実際に僕はこのように、自分にとっての少額かつ分散投資でやっている。

 

リスクは怯えるものではなく、自分で減らすものだ。

 

ハッキングのリスクがある

仮想通貨はハッキングのリスクがある。

 

仮想通貨はインターネット上の通貨だ。形のないものなので、インターネット上でハッキングされるリスクがある。実際に僕たちの仮想通貨を狙っているハッカーは存在する。

 

とはいえ、このリスクにも対処法はあるので安心してほしい。各取引所はセキュリティ対策(二段階認証など)に力を入れ始めているし、安全な保管方法も存在する。あなたが仮想通貨を持っているのも関わらず、何もセキュリティ対策をせず、インターネット上に放ったらかしていると、ハッキングのリスクは常に存在する。

 

前項と同じだが、リスクは本人の意識と取り組み次第で減らせる。過剰にリスクに怯える必要はない。

 

仮想通貨そのものに対する世間的信頼度が低い

仮想通貨は、世間的信頼度がまだまだ低いのがデメリットだ。

 

仮想通貨は世界的に急速に浸透してきているとはいえ、それでもまだまだ世間的信頼度は高くないし、持っている人も少数派だ。お金というと日本円やドルが一般的で、ビットコインイーサリアムが通貨だと認識している人は、現時点では圧倒的に少ないのだ。 

 

個人的には、信頼度が低い今こそ、チャンスではあると思う。むしろ国民全体が仮想通貨を信頼し買うようになれば、僕はその時に売るだろう。

 

将来性が不透明

仮想通貨は将来性がとにかく不透明である。

 

今は「期待価値」が先行して価格がうなぎ登りになっているが、「実態価値」は実はそこまで高くないかもしれない。

 

「実態価値が期待価値に追いつくか」、それとも「期待価値が実態価値に近づくか」、 それは誰にもわからない。 なので、仮想通貨を買っていても、将来どうなるか正確にはわからない。

 

ぶっちゃけ、仮想通貨はこれからどうなるの??

「メリットやデメリットはわかった。じゃあ実際のところ、仮想通貨はこれからどうなるの??」とあなたは思うかもしれない。

 

では、これから仮想通貨はどうなるのか??細かい事象の予測は無理だとしても、現状の大きな出来事から、この先の「大きなうねり」を予想したい。

 

Microsoftトヨタ自動車などの大手企業が参入している

まず、世界的な大企業が仮想通貨に参入し始めたことは、この先の仮想通貨の将来性に与える影響は大きいと、個人的には思っている。Microsoftトヨタ自動車などを代表に、続々と大企業が仮想通貨に参入してきているのが現状だ。

 

大きなうねりというのは、大きな組織が生み出していくことが多い。つまり、世界的な大企業の動向は、今後の行く末を見ていく上で一つの重要な指標なのである。 

 

多くの仮想通貨がバブルで、いくつかはバブルではない

多くの仮想通貨は間違いなくバブルだ。ほとんどの仮想通貨は「期待価値」が「実態価値」に先行しているため、遅かれ早かれ「期待価値」は縮小し、実態価値まで沈むと予想している。

 

とはいえ、実態価値が伴ってきている通貨も一部存在すると僕は考えている。たとえばビットコインイーサリアムだ。

 

ビットコインイーサリアムは日常生活の利便性を劇的にあげる技術が詰まった通貨で、日常生活でも使われ始めている。これらの通貨は、急騰・急落を繰り返しながらも、中長期的には伸びていくと思っている。

 

仮想通貨のバブルの実態については、詳しくは以下の記事にて。仮想通貨のバブルの実態をまとめている。

trave-writer.hatenablog.com

 

結論:仮想通貨(の一部)はこれから伸びていく

述べてきた通り、仮想通貨はメリットもデメリットも存在する。仮想通貨は種類も多く、それぞれの通貨で将来性も異なるが、仮想通貨の一部の通貨はこれからも伸びていき、他の通貨は淘汰されていくだろう。

 

仮想通貨投資のポイントは、伸びていく通貨を見極め、適正なタイミングで買うことだ。通貨と時期。これが全てだ。あとは無理のない資金で買い、必要以上に期待しないことだ。この心持ちを持つことができれば、仮想通貨投資は面白いと思う。僕はこのスタンスでやっている。

 

逆に、投資する通貨や参入タイミングの検討をすることもせず、かつ資金を全部つぎ込んで、毎日仮想通貨の価格変動に一喜一憂するのは勧めない。消耗するだけだ。

 

僕個人は仮想通貨に人生を賭けてないのでお勧めはしないが、仮想通貨で人生逆転する人も一定数いる。仮想通貨で一つ大当たりし、そのお金を不動産投資につぎ込めば人生イージーモードに突入することもできる。

 

  

取引所の口座開設が仮想通貨投資のスタートライン

さて、いろいろ述べてきたが、あなたが仮想通貨投資をやってみたい場合、まずは取引所に口座の開設をしよう。それをしないと何も始まらない。

 

口座開設は無料でできる。本人確認の書類などを準備すればすぐに仮想通貨投資をすることができる。手続きも簡単なので手間にもならない。

 

仮想通貨は取引所によって買える通貨が異なる。そのため僕は複数の口座を作って運用しているが、メインで使っているのはcoincheckだ。

 

Coincheckは上記であげたビットコインイーサリアムを買うことができ、かつ他の将来性の高いいくつかの仮想通貨を買うことができる取引所だ。もともとはセキュリティ面に不安があったため避けていたが、最近はセキュリティが強くなったため、こちらにメイン口座を移行して僕はやっている。

 

Coincheckは仮想通貨取引所の中でも主要なものの一つのため、初心者でも使いやすい。仮想通貨を少額で始めるなら、まずはcoincheckで口座開設をしてみてはいかがだろうか?

 

いつの時代も、チャンスを掴める人は行動が早い人だ。厳しい言い方になるが、ここですぐに行動できない人は、仮想通貨でも他のどんなことでも、結局チャンスを掴むことはできないだろう。

 

「チャンスは、それをチャンスとして認識し行動できた人だけが掴めるもの」だ。それ以外の人は、ただ指をくわえて見ているだけである。これが世の真理だ。

 

今すぐ口座を無料で開設する>>>簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck