読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

まるで時代に取り残されたような世界の秘境。超神秘的・絶景スポット7選

旅行

スポンサードリンク

 秘境。この言葉ほど旅人の冒険心を駆り立てる言葉はないと思う。世界にはまだまだ知られていない秘境がたくさんある。その中でも、今回は僕が旅行で行きたい&行ったことのある秘境を、絶景写真を交えて7つ紹介する。

 

 

世界から最も孤立した孤島「トリスタンダクーニャ」

f:id:travewriter:20160908150922j:plain

Tristan da Cunha Afternoon light (Panorama) | Brian Gratwicke | Flickr

 

トリスタンダクーニャは南大西洋に浮かぶ火山諸島。約260人の定住人口があると言われており、ギネスブックには「世界一孤立した島」としても登録されている。トリスタンダクーニャ島は南アフリカからのケープタウンから2805km、ブラジルのリオデジャネイロから3353km離れた大西洋のほぼ中心に位置する、完全に孤立した世界に存在する島。なんと人が定住する最も近い島でさえ2500kmほど離れたところに存在する、信じられないほどの孤立空間にひっそりと存在する場所なのだ。

一体現地の人はどうやって生活をしているのか。調べてみたところ、島に住んでいる人のほとんどの男性は漁師であり、同時に農場を経営している家庭がほとんどのよう。ほとんどの家庭が何かしらの背景でここに移住してきており、この島への愛島精神が物凄く強いんだとか。

この島が冒険心を駆り立てるのがなんといってもそこまでの旅路。もちろん、トリスタンダクーニャには空港はなくたどり着く方法は船のみ。年10回ほど南アフリカナミビアから出港している船で目指す旅、旅好きなら憧れないわけがない。一生に一度はトリスタンダクーニャを目指す旅に出たいと、心の中のリトル◯◯が叫んでいる。

 

8000万年の歴史を持つ世界最古の砂漠「ナミブ砂漠

f:id:travewriter:20160908151456j:plain

The one tree in the Pan | Sun explosion signal | Massmo Relsig | Flickr

  

f:id:travewriter:20160908151658j:plain

Dune Runner & Dog | Atop the ridge of Dune 7 near Walvis Bay… | Flickr

 

ナミブ砂漠はアフリカ大陸の南西部、ナミビアに存在する砂漠。およそ5万㎢の広大な広さを有し、約8000万年前にできた世界で最も最古の砂漠と言われている地。

ナミブ砂漠は写真をみてわかる通り、ほとんど何も存在しない「死の土地」と言えるところ。その日常とは思えない奇妙かつ幻想的な光景が、秘境マニアな旅好きをこの地に引き寄せる。

赤土がとても印象的なナミブ砂漠では、まるで燃えるような大地を目にすることができる。長い夜の終わりを告げる砂漠の朝日はとても眩しく、日中の太陽は全ての生命を絶つかのごとく降り注ぎ、夕陽は日中の太陽とは裏腹な優しさを見せつつも、哀愁的な世界を作り出す。その全ての時間が地球の強さ、優しさ、儚さ全てを映し出すかのよう。世界の秘境を訪れるなら絶対に外すことのできない超神秘的なスポットである。ナミビアの人はみんな穏やかで優しく、治安の心配はいらない場所だ。

 

1年に一度だけ姿を表す神々の花園「ナマクアランド」

f:id:travewriter:20160908152016j:plain

The wildflowers of Namaqualand | The wildflowers of Namaqual… | Flickr

 

f:id:travewriter:20160908152135j:plain

Namaqualand wildflower carpet | This is what it looks like w… | Flickr

 

f:id:travewriter:20160908152630j:plain

Wild Donkeys of the Richtersveld | Feral Donkeys close to Ek… | Flickr

 

f:id:travewriter:20160908152518j:plain

Namaqualand Ostrich | An Ostrich (Struthio camelus) walks th… | Flickr

 

神々の花園、ナマクアランド。恐らくほとんどの人が知らない場所だと推測する。このナマクアランドは南アフリカ北西部にある田舎地帯であり、一年中荒野が広がる不毛地帯。ただし、一年に一回、ほんのわずかな時期だけ荒野の大地が一斉に無数の花に埋め尽くされるタイミングがある。その花の数はなんと約4000種類。しかも1年間の降水量などあらゆる要素によって毎年咲く種類が変わる、まるで神によって手向けられ「奇跡の場所」と呼べる場所。

美しい花によって埋め尽くされた大地ではこの時期が今年も到来したことを祝福する動物たちを目にすることができ、地球の生命の神秘さを感じる。

花の咲く時期は毎年8月頃。ただし、咲く時期は前後し、正確な時期は誰にも読めない。しかも最盛期はたったの1日か2日のみ。まさに神々が作り出した奇跡の場所。巡り会えた旅人は超幸運と言える。秘境好きな旅人であれば、死ぬ前に一度は絶対に見るべき神秘的な土地の1つ。ケープタウンから車で行くか、近くのアピントン空港まで乗り継いでから車で行くことが可能。

虹色の国、南アフリカにはナマクアランドの他にも物凄い場所がたくさんある。これからもこのブログでいろいろ取り上げていく。

trave-writer.hatenablog.com

 

 永久凍土の大地、冒険島「グリーンランド

f:id:travewriter:20160908153227j:plain

Glacier in Greenland | A glacier in Greenland somewhere west… | Flickr

 

f:id:travewriter:20160908153522j:plain

Greenland 2 | View Awards Count | jankie | Flickr

 

永久凍土の大地、グリーンランドは秘境を語る上では絶対に外せない大地。名前こそ多くの人が知っているが、実際にそこに足を踏み入れた人物は少ない。

全島の80%が氷床と雪に覆われている大地であり、そこの雪や氷は溶けることはない。実はグリーンランドにも緑の大地は存在する。春夏秋は天空にオーロラを眺め、夏は真夜中であっても太陽が大地を照らし続ける大地。そこには多くの動物も生息しており、多様な地球の姿と生命の息吹を同時に感じることができる。

グリーンランドは世界一の大きさを持つ島であり、広大な大地に多様な絶景や生命の数々を有する、まさに「冒険島」。秘境好きがこのグリーンランドに行かずどこに行くだろうか。

 

アフリカ最後のフロンティア「コンゴの熱帯雨林

f:id:travewriter:20160908154245j:plain

Mysterious River | sunset over forest trees | 2014/09/13 | -… | Flickr

 

f:id:travewriter:20160908154507j:plain

Sunset on the Congo River | The Congo River at sunset in the… | Flickr

 

アフリカの最後のフロンティアと言われるコンゴ共和国。日本ではアマゾンの熱帯雨林が注目を浴びていますが、コンゴの熱帯雨林は秘境度でいったらアマゾンを軽く凌ぐ地。

コンゴの熱帯雨林は世界で二番目に大きな規模を持つ熱帯雨林。数々の手つかずの大自然が存在するこの熱帯雨林では、絶滅危惧種に指定されるマウンテンゴリラが生息しており、多様な生命体を確認することができる。

ただし、はっきり言ってコンゴは治安が良くない。ナマクアランドの南アフリカナミブ砂漠ナミビアは同じアフリカでも全然大丈夫な方だが、それとは比べられないほど危険。実際ここは僕自身も行ったことはなく、それでもいつか行きたいと願う場所。まさに人を寄せ付けない大秘境。冒険心が疼いてくる。。

 

世界一低い、超間近で見れる活火山「エルタ・アレ火山」

f:id:travewriter:20160908160021j:plain

Erta Ale Volcano | See where this picture was taken. [?] | Indrik myneur | Flickr

 

f:id:travewriter:20160908155823j:plain

Erta Ale Volcano | Indrik myneur | Flickr

 

エルタ・アレ火山はエチオピアに存在する火山。ここは世界一低い活火山であり、火口口を超間近で見れることで有名な火山。

まるで生きているかのようにうごめくマグマや溶岩を間近で見ることができるとのこと。その姿はまるでゲームのラスボスと戦う最終決戦地のような場所のよう。僕もここは行ったことがないが、下記の方がブログで体験談を挙げておられるので、ぜひ読んで見てみていただきたい。一生に一度は訪れたいエチオピアの秘境である。

sekaishinbun.net

 

天空の王国「レソト王国

f:id:travewriter:20160910190311j:plain

Lesotho Day 1-2 021 | Another view of the chalets and enviro… | John Karwoski | Flickr

 

f:id:travewriter:20160910190722j:plain

Malealea Lodge overnight pony trek route | Pony trek from ma… | Flickr

 

f:id:travewriter:20160910190959j:plain

Malealea Lodge overnight pony trek route | Pony trek from ma… | Flickr

 

 天空の王国「レソト王国」。ほとんどの日本人が知らないこの国は、周囲を全て南アフリカに囲まれた内陸の小さな王国レソト王国南アフリカにある世界遺産ドラケンスバーグ山脈の山中にあるため、平地が一切なく、すべての土地が標高1400m以上に存在する場所。山の上に悠然と存在する王国の姿はまさに「天空の王国」。雄大な大地とその地に暮らすソト族の暮らしは圧巻の情景である。

このレソト王国は冬の期間は雪に覆われるが、夏の時期は美しい緑の大地へと変貌する。レソト王国の別名は「アフリカのスイス」。アルプス山脈のように多様で広大な絶景を有するレスト王国こそ、秘境を目指す旅の目的地にふさわしい場所である。

この大地の空気はめちゃめちゃ美味しい。馬やポニーに乗ったトレッキングもあり、壮大な山々の大地と空気を堪能するトレッキングに出かけよう。

 

以上、秘境好きな旅人であれば絶対に行くべき秘境スポット7つの紹介を取り上げた。 秘境スポットなら5日間の休みで行けちゃう! 絶景・秘境への旅の本は個人的に面白い秘境スポットが多かった。秘境好きならぜひ。