Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

TOEIC600点を最短で取る勉強法【どんなに初心者でも確実にスコアを伸ばす方法】


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20171109233130j:plain

今回はTOEIC600点を最短で取る勉強法を書いていく。今のあなたがどんなに初心者だとしても、「TOEIC600点を最短で目指すための勉強法」だ。

 

  • TOEICで600点を取りたいけど、どうやって勉強法すれば良いかわからない
  • TOEIC勉強を始めたけど、600点取れる気がしないで悩んでる
  • 就職や昇進、転職のためにTOEIC600点は何としても取りたい

 

もしあなたがいずれか一つでも当てはまるなら、今回の記事はあなたの悩みを解決する。

 

今でこそ僕は外国人相手にプレゼンをしたり、実際に海外赴任になって外国人のマネジメントも任せてもらえるようになったが、昔はひどかった。TOEICの点数は400点台だったし、英語を話すことも、聞き取ることもできなかった。

 

それでも、TOEIC400点台だった僕は、正しい勉強法や、正しい教材を知ることで、TOEIC600点、700点と点数を伸ばしていき、今のように自在に英語を使えるまでになった。

 

つまり、今あなたがどれだけ英語ができなくても、どれだけTOEICの点数が低くても、必ずできるようになると言うことだ。なぜなら、こんな僕でもできたんだから。

 

だからこそ、英語初心者のあなたには、まずTOEIC600点を目指して欲しい。そのための方法、参考書や教材なども今回は書いていく。

 

 

TOEIC600点のレベル

「そもそもTOEIC600点のレベルってどれくらいなの??」とあなたは思うだろう。TOEIC600点は、ざっくり言うと履歴書や職務経歴書にスコアを書けるラインだ。

 

中堅の国立大学、私立大学に一般入試で入っている人が、最低限到達しているTOEICのラインが600点だ。高校までで学ぶ英文法や英単語、英文読解などの内容を理解し、かつリスニングも比較的できる。これがTOEIC600点の水準だ。

 

TOEICテストの2つのセクション

TOEICはリーディングパートとリスニングパートの2つがあり、それぞれ495点ずつ、計990点が満点だ。600点なので、だいたい6割正解すれば600点となる。

 

英語初心者のあなたがTOEICで600点を取りたいと思うなら、きっと目的があるはずだ。そして、多くの人は「履歴書や職務経歴書」にTOEICの点数を書き、少しでも好待遇の企業に入りたいからと勉強をするケースが多い。

 

そのためには、TOEIC600点は必ず超えなければいけないハードルだ。そして、この壁はどんな英語初心者もまず最初に目指すべきハードルなのだ。少なくとも、ここさえ超えれば、あなたはもう「英語初心者」とは見なされなくなる。

 

企業によってはTOEIC600点でも十分評価される企業もある。英語を勉強するなら、最低限600点はまずは超えて欲しい。狙って欲しい。なぜなら、TOEIC600点は「誰でもやれば取れる」からだ。

 

リーディングパート300点のレベル

もう少し掘り下げてTOEIC600点のレベルを見ていきたい。TOEIC600点はセクションごとに単純に割ると、リーディングで300点、リスニングで300点となる。

 

各セクションごとのTOEICのレベル感についてはTOEIC Programのページに書いてあるが、リーディングパートの300点(320〜225点)は以下のようなイメージだ。

 

一般的に以下の長所が認められます。

  • 限られた長さの文章においては、簡単な推測ができる。
  • 文章中に使われているのと同じ表現が問題に使用されているときは、事実に基づく情報に関する問題に正答できる。正しい選択肢が文章中の情報を簡単に言い換えたものであれば、事実に基づく情報に関する問題に答えられることもある。
  • 一つの文、または二つの文にわたる情報を関連付けることができることもある。
  • 簡単な語彙が理解できる。中級レベルの語彙を理解できることもある。
  • よく使用される、規則に基づいた文法構造が理解できる。文法以外に難しい言語的要素(難しい語彙が使われている、情報を関連付ける必要がある)がある場合でも、文法的に正しい選択肢が選べる。

 

一般的に以下の弱点が認められます。

  • 言い換え、または情報の関連付けが必要な推測ができない。
  • 事実に基づく情報を、難しい語彙を使用して言い換えた場合は、理解する能力は非常に限られている。解答するときは、問題に使用されているのと同じ単語や句を文章の中から探すことに頼ることが多い。
  • 二つ以上の文にわたって情報を関連付けることができないことが多い。
  • 難しい語彙、よく使用される単語の例外的な意味、または慣用句的な使い方が理解できない。似たような意味で使われる複数の単語は区別できないことが多い。
  • より難しい、複雑な、またはあまり使用されない文法構造が理解できない。

 

ざっくり言うと、易しめから中級レベルくらいまでの文章構造、単語を理解し、意味を推測することができるというレベルだ。逆に、文法構造が複雑になったり、難しい語彙が使われている場合は途端にギブしてしまうレベルとも言える。

 

このレベル感は320〜225点という範囲だが、上記の長所を概ね一通り達成できれば、だいたい300点のレベル感ということになる。

 

リスニングパート300点のレベル

次はリスニングパートの300点(370〜275点)のレベル感だ。

 

一般的に以下の長所が認められます。

  • 短い会話において、特に語彙が難しくないときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が推測できることもある。
  • 長い聴解文において、情報の繰り返しや言い換えがあるときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が理解できる。
  • 短い会話において、簡単な、または中級レベルの語彙が使用されるときは、話の詳細が理解できる。
  • 長い聴解文において、情報が繰り返され、解答に必要な情報が話の最初か最後に提示されるときは、話の詳細が理解できる。情報が少し言い換えられていても、詳細が理解できる。

 

一般的に以下の弱点が認められます。

  • 短い会話において、応答が間接的だったり、簡単に予測できないとき、もしくは語彙が難しいときは、話の主旨、目的、基本的な文脈の理解が困難である。
  • 長い聴解文において、広い範囲にわたって情報を関連付ける必要があるとき、もしくは難しい語彙が使用されるときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が理解できない。
  • 短い会話において、構文が複雑なときや、難しい語彙が使われている場合は、話の詳細が理解できない。否定構文が使用されるときは、詳細が理解できないことが多い。
  • 長い聴解文において、広い範囲にわたって情報を関連付ける必要があるとき、もしくは情報が繰り返されないときは、話の詳細が理解できない。言い換えられた情報、または難しい文法的な構造はほとんど理解できない。

 

こちらもざっくり言うと、短い文章で、かつ簡単な単語や言い回しが中心なら、意味を推測できるレベルが300点だ。文章が長くなったり、語彙が中級レベルになればなるほど、300点以上になっていくイメージを持てば良い。

 

TOEIC600点を最短で目指す勉強法

では、英語初心者のあなたでも、TOEIC600点を最短で取る勉強法や参考書を紹介していく。あなたが完全初心者で、TOEICの受講を一度もしたことがない前提で書いていく。

 

TOEICの実践問題集を一回解いて全体イメージを掴む

最短でTOEIC600点を目指すなら、最初からTOEICの実践問題集を解いてみて欲しい。

 

「え??いきなり実践??」とあなたは思うかもしれない。でも、それでも敢えて、いきなり実践をして欲しい。

 

なぜなら、実践を最初に経験することで、TOEICテストはどんなものか、自分のレベルはどれくらいか、こういうことをイメージできるからだ。

 

これはあらゆる物事に共通することなので覚えておいて欲しいが、最短で物事を達成するためには、まず実践から入ることだ。実践から入ることで、その全体像や、その中で自分がやるべきこと、注力すべきことが見えてくる。いきなり実践は一見無謀に思えるかもしれないが、実はこれは「あなたが注力すべきこと」を見極める方法として有効なのだ。

 

そして、今回のTOEICもまさにこれが当てはまる。TOEICの実践をやってみると、「英単語が全然読めないけど、文法は何となく理解できた」とか、「文法は全くわからないけど、使われている英単語はそこそこ理解できた」とかがわかる。あるいは「リスニングは全くわからなかったけど、リーディングはそこそこ解けるな」とかがわかる。

 

この「気づき」が大事なのだ。この気づきさえあれば、「英単語がわからないから、まずは英単語を勉強しよう」とか「文法が弱そうだから、文法をサクッと学び直そう」とか、「苦手で伸び代がありそうなリスニングを勉強しよう」という風に、ピンポイントで注力すべきポイントに対策を打つことができるようになる。この注力すべきポイントを実践を通じて知ることこそ、最短で600点を達成するコツだ。

 

ベースとなるTOEIC用の単語だけ抑える

実践を通じて英単語がわからなかったなら、TOEIC対策用の英単語帳でベースの単語を抑えよう。

 

「TOEIC600点を取る」ということに限るなら、TOEICで出る頻出単語以外は覚えなくていい。捨てよう。TOEIC以外の単語は捨て、TOEIC専用の英単語が網羅されている教材を使おう。この教材選びは重要だ。

 

おすすめはTOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズだ。これ一冊でTOEIC600点はもちろん、700点も目指していける。あなたが最短でTOEIC600点を取りたいなら、一つの参考書を徹底的にやるべきだ。他にやる必要はない。

 

基本の文法だけサクッと学ぶ

TOEIC600点は高校までで学ぶ英文法や英文読解力が必要となる。なので、もしあなたが文法に苦手意識があるなら、高校までに勉強してきた文法をサクッと復習し直そう。

 

TOEIC600点を目指す参考書は一億人の英文法が良い。日本人の脳構造をよく理解して作られた教材で、英文法をわかりやすく復習するのにぴったりだ。

 

そしてこの本はただのTOEIC対策にとどまらない。本書は「話すための英文法」を主軸にしているため、あなたのこの先の英語生活に確実に肥やしとなる文法力を学ぶことができる。

 

日本人が高校までに学ぶ文法の勉強法は、実践的な力が養えるものでは残念ながら、ない。高校まで文法を学んで、あなたは英語をスラスラ話せるようになっただろうか?無論、なってないだろう。

 

それなら、TOEIC用の文法力を鍛えながら、かつ「話す力」も同時に養って欲しい。二兎を追うもの一兎も得ず、ではなく、二兎を得て欲しい。

 

ディクテーションを徹底的にする

もしあなたがリスニングが全然わからなかったら、やるべきことはディクテーションだ。

 

ディクテーションとは、聞いた英語を文章で書き取る作業だが、この作業がリスニング力の向上において、極めて大きな効力を発揮することを今日は必ず覚えて欲しい。

 

僕自身、英語のリスニングを勉強していた際は、とにかくこのディクテーションを繰り返した。毎日30分〜1時間、必ずディクテーションをやるようにしていた。それを続けた結果、たった数ヶ月でも聞き取れる英語の範囲が格段に増えていったものだ。

 

だからこそ、リスニング力向上のためにはディクテーションをおすすめする。

 

教材は何でも良いが、6 Minute Englishは英文が比較的易しめかつ聞き取りやすいのでおすすめだ。ネットで無料で聴けて、かつスクリプトが載っているものが一番ベストだ。

 

ディクテーションと併せてやっておくべきなのは、英語の発音の勉強だ。当ブログでは散々挙げているが、英語耳という教材を騙されたと思って是非使ってみて欲しい。騙してはいないが、僕自身の英語力がブレイクスルーしたきっかけはこの英語耳だった。

 

あなたは英語の発音記号を学んだことがあるだろうか?そして覚えているだろうか?英語の発音記号とその音を正確に覚えると、自分でも驚くほど英語の音は聞き取れるようになる。

 

是非ともディクテーションと併せてやって欲しい。

trave-writer.hatenablog.com

 

TOEIC学習効率を上げる効果的な復習のタイミング

TOEICの勉強をしていると、覚えることはたくさん出てくる。英単語、フレーズ、文法。圧倒的スピードでTOEIC600点を目指すあなたにとって、一度覚えたことは、何としてもあなたの肥やしにしていって欲しい。学んでも、忘れてしまったら意味ないのだ。

 

一度学んだことを忘れないこと。それを可能にするのが「復習」だ。英語学習は復習こそが鍵で、さらに言えば「復習のタイミングを押さえること」こそ、圧倒的スピードで英語力を上達させる鍵である。

 

以前別の【英語勉強法】ネイティブレベルの英語を最短かつ効率的に習得する方法をまとめたの記事でも書いたが、人間の脳科学に基づいた、「超効率的な復習のタイミング」は次の通りだ。

 

英語を習得する最も重要なコツは"復習をすること"だ。どの勉強にも通ずるが、基本的に人は"物事を忘れていく生き物"である。エビングハウス忘却曲線によると、人は覚えたことを20分後には42%忘れ、1日後には74%忘れ、1週間後には79%を忘れてしまうという。せっかく貴重な時間を割いて覚えた単語やフレーズも、何もしなければ1週間後にはその内80%近くは忘れてしまうのだ。一生に一度の人生、こんなにもったいない時間の使い方はない。

 

一方、定期的に復習を設けることで忘却曲線は上記の通りにはならない。復習をすることで覚えた単語やフレーズを1週間後に80%忘れることはなくなり、着実かつ確実に勉強した内容が積み重なっていく。つまり、自分が勉強に投資した貴重な時間を"意味あるモノ"にするためには復習をするしか道はないのだ。復習というのは一度やったことを繰り返すことなので最も億劫になるポイントだが、一方で"最も大切なコト"であると認識しよう。
 
効果的な復習のタイミングに関しては、カナダを代表する大学であるウォータールー大学の研究結果から考えよう。研究結果によると、一定のタイミングで復習を挟むことにより、忘却曲線の動きに逆らい記憶は定着するようになる。
 

f:id:travewriter:20161127083557g:plain

Curve of Forgetting | Counselling Services | University of Waterloo

縦軸が記憶の定着率、横線が日数である。そして黒線が忘却曲線であり、オレンジ線が復習を行った場合の記憶の忘却曲線となる。この図より、一定の期間に復習をすることで記憶が定着していることがわかるだろう。これを基に復習のタイミングを考えると次のようになる。

 

  1. 1日後  ⇨10分間復習
  2. 1週間後 ⇨5分間復習
  3. 1ヶ月後 ⇨2-4分間復習

 

英単語やフレーズを覚えたら、上記3ポイントで復習を挟もう。見て気づくと思うが、回数を重ねるほど復習に要する時間は減っていく。これが最も効率的な復習のタイミングである。

 

  • 1日後  ⇨10分間復習
  • 1週間後 ⇨5分間復習
  • 1ヶ月後 ⇨2-4分間復習

 

これが脳科学的にもベストな復習のタイミングだ。英単語、フレーズ、英文法。何かを覚えたら、都度このサイクルで復習をしよう。英語勉強用に無料カレンダーアプリを何でも良いのでダウンロードし、勉強したらこの3つの予定をすぐに書き込もう。そしてその通りに実践しよう。

 

慣れてない最初は面倒かもしれないが、覚えたことを忘れてしまった方が面倒である。大きな面倒をしないために、小さな面倒は買ってでも行おう。このサイクルで記憶すると、一度学んだことはあなたの脳に焼き付いて忘れなくなる。

 

TOEIC600点は誰でも取れる

述べてきた通り、TOEICで600点を取る方法はシンプルだ。TOEIC問題集の実践でテストのイメージや自分の強み弱みを理解する。その結果に応じて英単語、英文法、リスニングの力の底上げをする。そして、脳科学に基づいた超効果的なドンピシャのタイミングで復習をする。

 

これを愚直にやるだけで、TOEIC600点は誰でも取ることができる。しかも最短でだ。早ければ3ヶ月もあれば、TOEIC400点台の人は600点を取れる。今回の方法を用い、あなたには是非ともTOEIC600点を取って欲しい。

 

TOEIC600点はあらゆる場面で英語人材となる最低限の基準だ。是非ともTOEIC600点を最短で取り、あなたの就職や転職、昇進に活かして欲しい。

 

追伸:もし、たった一つの教材でTOEIC600点を目指すなら・・・

今回述べてきた勉強法は、複数の教材、複数のツールを使って行う勉強法だ。でも、もしあなたが面倒くさがりやなら「ひとつの教材でTOEIC600点は目指せないの??」と思うかもしれない。

 

最後にひとつだけ紹介させて欲しい。もしたった一つの教材だけを使うなら、唯一おすすめのサービスがある。それがスタディサプリEnglishだ。

 

スタディサプリEnglishでTOEIC勉強をするメリット

スタディサプリEnglishはAPPストアの教育カテゴリーでも人気No.1になったスマホアプリだ。開発はリクルート。満を持して出したサービスで、世の中的な信頼性も今一番高い、英語学習教材の代表作だ。

 

僕はスタディサプリEnglishの愛用者で日々学習効果を体感しているが、スタディサプリEnglishの利点は大きく2つあると僕は思っている。それは、

 

「隙間時間を有効活用できること」

「あなたの英語総合力を一気に上げてくれるところ」

だ。

 

今日あなたに知っておいて欲しいのは、英語の勉強は"毎日"続けるからこそ意味があるということだ。むしろ、"毎日"続けなくては決してできるようにはならない。1日14時間、他6日間を0時間ではダメで、それよりも毎日2時間勉強する方が、あなたの成長速度は圧倒的に高くなるのだ。たとえトータルで同じ時間をかけても、学習効果は雲泥の差になる。

 

その点、スタディサプリEnglishは「通勤時間の有効活用」という名目で仕様が作られていて、誰でも自然と「隙間時間」を有効活用することができるようになっている。

 

つまり、あなたが面倒くさがりであっても、勉強が続かない人であっても、自然と毎日勉強を続けられる仕組みがスタディサプリEnglishにはあるのだ。スタディサプリEnglishはスマホでいつでもどこでも受講することができる。電車のたった一駅区間の3分間でも、駅のホームで電車を待つ間でも、トイレの中でも、寝る前の数分ベッドの中でも、スタディサプリなら1レッスン受講ができてしまう。こんなに使い勝手の良いものはない。

 

また、スタディサプリEnglishはあなたの英語総合力を効率的に高めてくれる。英単語、発音、基本的な文法、リスニング。それに加えて「英語を話す実践的な力」も同時に養える。こんなサービスは他にはない。

 

しかも、スタディサプリEnglishにはディクテーション機能も付いている。ディクテーションは極めて効果の高い勉強法と述べたが、僕が感じた唯一の難点は「ディクテーション用の教材を探すこと」だ。探すのは意外とめんどくさい。その点、スタディサプリEnglishはディクテーションのプログラムがあらかじめ多数存在するので、本当にいつでもどこでもできる。スマホで完結するので、通学、通勤の電車内でもできる。机に向かう必要すらない。

 

個人的には、今回挙げた勉強法をあなたができるならそれで良いと思うが、英語初心者で、かつ意欲が極めて高くはない方には少しハードルが高いとも思う。いずれも机に向かって勉強する類の勉強法だからだ。

 

その点、スタディサプリEnglishは机に向かう必要がない。立ってても、ソファでも、ゴロゴロしてても、外で歩いていても(危ないのであまり勧めないが)、本当にどこでもできる。

 

  • 自分の時間は大事にしたいし、それでも時間を有効活用してTOEIC600点を目指したい

 

もしあなたがこう思うのなら、スタディサプリEnglish一つを徹底的にやることも、ひとつの選択肢だろう。そして、その選択肢はとても賢いと個人的には思う。なぜなら、述べてきた通り、スタディサプリEnglishは「質が高い上に、続けやすいから」だ、

 

スタディサプリEnglishは日常英会話コースTOEIC対策コースの2種類がある。それぞれ月額980円と月額2,980円だ。TOEIC対策コースを受講すれば日常英会話コースも無料で受けられるので、TOEIC対策コースがおすすめだ。

 

とはいえ、初見のあなたからしたらこの金額は高いと感じるかもしれない。個人的に質を考えたら値段はかなり安いと思う。

 

なので、もし少しでも気になるなら、無料体験を試してみてはどうだろうか??スタディサプリEnglishは、今なら「7日間無料」でお試しすることができる。0円で7日間無料だ。それも、たった2分の簡単な手続きで、2分後には実際にあなたのスマホでスタディサプリEnglishを使える。

 

ぐだぐだ10分も20分も悩むより、今すぐ決めて2分後に無料で試してみてはどうだろうか??