Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、プログラミングなどを発信中

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

MENU

残業が少ない職種って?家と会社の往復の毎日から抜け出すためには?


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20180125214125j:plain

  

仕事の日は家と会社の往復ばかり。プライベートなんて全く充実してない・・・

 

残業が多い仕事や職種に就いていると、家と会社の往復だけで毎日あっという間に時間が過ぎていき、何のために働いてるのかわからなくなることもあるのではないでしょうか?

 

僕が以前いた会社は、まさにそんな生活をしている人ばかりでした。20時まで残るのは当たり前、21、22時を過ぎても人がゴロゴロいるような状態でした。僕はあまり残業をしないように努力をしていたつもりですが、それでも一般的には残業が多い会社だったと思います。

 

そこで今回は、残業が少ない職種にはどんなものがあるか、そういう仕事に就くにはどうすれば良いか、そもそもそんな仕事に転職できるのか、それらをご紹介していきます。

 

「家と会社の往復ばかりの毎日を変えたい・・」

 

もしあなたがこう思っているなら、今回の記事を読んでみてください。残業が多い毎日を抜け出す、一つのきっかけになると思います。

 

 

残業がない生活は実現できる

結論から言うと、残業のない生活は実現できます

 

どんな境遇にいる人でも、どれだけ残業に追われる日々を過ごしていても、残業のない生活は実現できます。

 

理由は単純です。残業が少ない会社は、あなたが思っている以上にたくさん存在するからです。

 

残業が多い生活を続けていると、残業がない会社があることすら、イメージもできないと思います。都市伝説か何かだと思うでしょう。

 

でも実際は、毎日定時に仕事を終えて、習い事をして、友達と遊びに行って、家族とゆっくりご飯を食べる。こういう生活はしている人はたくさんいます。

 

20時、21時まで会社に残ることもない。終電どころか、17時台、18時台に帰宅する生活を実現している人はたくさんいるんですよ。

 

ですので、残業が少ない生活は実現できます。なぜなら、それをやっている人が星の数ほどいるからです。

 

何で残業が当たり前になっているのか?

ではなぜ、あなたにとって、残業することは当たり前になっているのでしょうか?

 

この理由も単純です。それは、あなたの会社が残業がある会社だからです。

 

すごく単純な話、

 

残業がある会社にいる人にとっては、残業することは当たり前になり、

残業がない会社にいる人にとっては、残業することは当たり前ではなくなるんです。

 

ですから、あなたの場合はこの内前者、残業がある会社にいるから、残業することが当たり前に感じられるということです。

 

結局、自分がいる会社が、自分の中の常識になるということですね。

 

違和感を大切にすること

残業当たり前の会社にいると、残業することが当たり前になっていきます。

 

でも中には、その光景に「違和感」を感じる人が出てきます。「あれ?これっておかしいんじゃないか?」と。

 

この違和感を、僕はとても大切にしてほしいと思っています。もっと言うなら、この違和感をきっかけに行動して欲しいと、そう思います。

 

前述通り、残業当たり前の会社にいると、残業することに違和感を感じなくなっていきます。

 

でもそれは、あなたがいる会社の常識にあなたが染まっているだけで、むしろ世間の常識からは外れて行ってるということです。

 

世間がこれだけ脱残業に走ってる中、毎日遅くまで働き続けることは時代に逆行しているということですよ。

 

ですので大事なことは、あなたが感じたその違和感を、違和感のままにしないこと

 

そして、その違和感を変えないと行けないと本気で思い、行動すること。僕はそう思います。

 

残業が少ない仕事や職種に就くのは、実はハードルは高くない

じゃあ実際に残業が少ない会社や仕事に就こうと思うと、「そんな仕事には簡単には就けないんじゃないか?」と思うかもしれません。

 

ですが、残業が少ない職種や仕事に就くことは、実はハードルは高くないです。

 

残業が少ない職種や仕事に就きたい場合、必要なのはスキルや経験ではありません。

 

むしろ、行動するかしないかの差の方が大きいんですよ。

 

だからこそ、もし本当にプライベートな時間を確保できないほどに残業が多いなら、いっそのこと行動して、仕事を変えてもいいと僕は思っています。そしてそれは、願って行動すれば叶うことです。

 

残業なしの求人は人気が高い

ハードルは高くないと言いましたが、とはいえ、残業なしの求人はやはり人気が高いのは事実です。結局みんな、残業がないところで働きたいと思っているんですよね。

 

それでも決して不可能ではありませんし、むしろ可能性は十二分にあります。未経験からの転職でも十分目指せます。

 

ただし、そういう会社に確実に入るためには、一定の準備も必要です。その準備をこれから述べていきます。

 

残業が少ない仕事や職種の正しい探し方

その準備の一つが、残業が少ない仕事や職種の正しい探し方を知ることですね。この準備をしっかり行えば、失敗せず、残業が少ない会社に入れる可能性は高まりますよ。

 

ここでは、残業が少ない仕事の具体的な探し方を書いていきます。

 

具体的な残業時間が書いてあるところ

まずは、求人情報に「具体的な残業時間が書いてあるところ」です。

 

転職サイトで求人を見ると、残業情報が書いてある求人と、書いていない求人があります。

 

このうち、残業情報が書かれていない求人は、選択肢から外します。なぜなら、残業が少ないことは企業の魅力ポイントにもかかわらず、それを書いていないということは、実際は残業が多い可能性が高いからです。

 

それに加えて、残業の具体的な平均時間が書いてあるところが理想ですね。「残業少なめ」というよりは、「残業月平均5時間」と具体的に書いてあるところを選ぶのが確実です。

 

求人情報を見る場合、この「具体的な数字」がたくさん書いてあるところは信頼できますよ。実態を隠したい企業であればあるほど、数字を出しません。情報を濁します

 

ですので、具体的な時間が書いてあるところのほうが確実だと僕は思いますし、実際そうなってる傾向が強いです。

 

離職率が低いところ

離職率が低いところも、残業が少ないところが多いです。

 

残業の量は、そのまま働きやすさに直結します。

 

常に月40時間の残業がある企業と、常に月5時間の残業しかない企業では、当然ですが、後者のほうが働きやすい環境と感じる人は多いです。

 

ですので、あまりに離職率が高いところは残業が多かったり、あるいはその他の理由でデメリットが多いことがあるため、個人的にはおすすめはしていません。

 

逆に定着率が高いところは、従業員の総合的満足度も高いことが多いので、ハズレは少ないですね。そういう意味でも、長く働きたいのであれば、離職率は低いところに越したことはありません。

 

組合が強いところ

これは大手に限りますが、組合が強いところも残業が少ない傾向があります。

 

組合は、従業員の職場環境、労働環境を守る役割を持っています。ですから、強い組合があることで、働く僕たちの環境は守られるということですね。

 

最近は、残業を減らす方向にどの企業も向かっていると思いますが、組合が強いところは特にこの傾向は強いです。

 

みなし残業の企業は残業があると思っていい

一方、みなし残業がある企業は、残業があると考えましょう。

 

みなし残業とは、あらかじめ月の大まかな残業時間をみなしで決めてしまい、その残業代を定額で先に支払う制度です。

 

例えば、みなし残業月40時間という企業なら、たとえ実際の残業が0時間だったとしても、40時間の残業をしたとみなされ、40時間分の残業代が支払われます。

 

「えっ、これって残業しなかったらすごくお得じゃない?」と思うかもしれませんが、こういう企業は大体残業が恒常化しています。

 

ですので、残業を減らすための転職で、みなし残業制をしている企業は全くおすすめしません。

 

自分に自信があり、残業なんてせずに成果を出せるというなら、みなし残業の会社でも良いでしょう。でもそういう人は、そもそも残業が少ない職種な仕事なんて探しません。そういう人は、どんな仕事をしていても結局早く帰れるものです。

 

残業の少ない職種、業種は?

「残業が少ない会社の特徴はわかった。じゃあ実際どんな職種や業種に残業が少ない会社は多いの?」と思うことでしょう。

 

残業が少ない職種や業種にも傾向があります。続けてそれをご紹介していきます。

 

B to Bメーカー

まずはB to Bのメーカーですね。B to Bとは、企業向けにビジネスをしているメーカーです。

 

このB to Bのメーカーは、残業が少ないどころか、残業が全くないところも多くあります。僕の友人もこのB to Bメーカーに勤めていますが、「自分としてはやりたくても、それでも残業が全くできない」と言っていました。

 

もはや残業が多くて悩んでる人たちとは真逆の悩みですね。そういう悩みすら感じれるのがB to Bメーカーの特徴です。

 

事務職など一般職

事務職などの一般職も残業は少ないです。

 

一般職は給料は多くないですが、プライベート時間を確保したいならぴったりですね。未経験からでも応募できる求人がほとんどなので、ハードルも低いです。

 

ただ、事務職は人気のため、複数の会社を併願することは必須です。特に企業側は女性を採用したがるため、男性で事務職希望の場合は更に競争が激しいです。

 

シフト制の仕事

シフト制の仕事も残業が少ないところが比較的多いです。シフト制はあらかじめ働く時間が割り当てられているので、その時間通りになることが多いですね。

 

ただし、慢性的に人が足りていないところは、そもそも厳しめのシフト体制になってしまうこともあるため、注意が必要です。

 

そのため、自分が入る現場は何人体制になっているか、その人たちはどれくらい毎日働いていて、どれくらい休みが取れているか、こういうことはあらかじめ聞いておいた方が確実ですね。

 

管理部門の職種

管理部門の職種(総務、経理など)も残業は少ないですね。

 

一般的に、残業の原因は「顧客絡み」のことが多いですが、管理部門は基本的には社内のことですので、残業が強いられるケースは少なめです。

 

もちろん、経理であれば決算、人事であれば新卒採用などの繁忙期には残業があることもありますが、それでも年間通じて残業は少なめです。

 

外資

外資も残業をしない風土を持った企業があります。 

 

外資系の中でも、特に外国人が実際に働いている職場などは、その傾向が強いと思います。

 

一方、外資系といっても日本人だらけの企業もあります。そういう日本文化が蔓延している外資系は、普通の日本企業と変わらないところも多いので、企業ごとに内情を調べてみることが、ハズさないためには重要です。

 

おすすめは転職エージェントに聞いてみること

とはいえ、じゃあ実際に自分が上記の会社に入れるかどうかは、ネットの情報を眺めているだけでは、残念ながらわかりません。

 

だって、あなたのこれまでの経験と、気になる企業を関連付けて、果たして入社できそうかなんて、素人の人には絶対に判断がつかないからです。

 

それに、職種や業種によって傾向はありますが、結局残業が本当にあるかないかは、個々の会社によって異なります。ですので、最終的には個々の企業のことまでしっかりとリサーチする必要がありますが、これもなかなかネットの情報ではわからないことです。

 

でも実は、それらを知る方法が一つだけあります。それこそが、転職エージェントを使うことです。

 

いまのあなたは、どんな職種や業種にいけそうかはもちろん、そういう会社はどういう人を求めているか、どうやったらそこに入れるか、何もわからない状態だと思います。

 

その点、転職エージェントを使えば、それらが全部わかります。転職活動の始め方はもちろん、あなたが目指せる具体的な企業、業種、職種、そしてそこに入るために今やるべきことを全部教えてくれます。

 

しかもそればかりか、 転職エージェントはあなたにあった具体的な求人も多数紹介してくれ、その後の面接調整〜年収交渉も全部、代わりにやってくれます

 

あなたがやることは「残業が少ない会社に行きたいと伝えること」、それだけです。

 

転職エージェントを使わない転職だと、全部自分で調べる必要があります。転職活動の始め方、行きたい会社、業種、職種のリサーチ、全部自分でやる必要があります。

 

そして問題なのは、前述通り、どの企業や職種なら、どれくらいの可能性で入れそうか、自分一人じゃ判断が付かないことですね。

 

更には、残業があるかないか、それもネットの情報を調べているだけでは正確なことはわかりません。ネットの情報は基本匿名ですしね。信憑性なんてわかりません。

 

転職は一般的になってきたとはいえ、それでもその人にとっては、「転職」は人生を左右する大きな出来事の一つです。

 

だからこそ、簡単に手に入るネットの情報だけを鵜呑みにし、リサーチを妥協してしまうことで、後悔をすることだけはして欲しくないと思います。この記事を読んでくれたあなたには、本当に納得できる転職を実現して欲しいなぁと僕は思います。 

 

そういうリスクを抑えるためにも、転職エージェントをうまく活用してみて欲しいですね。各転職エージェントのHPには、転職の体験談や各種実績などがまとまっているので、一度覗いてみると良いですよ。

 

おすすめの転職エージェント

「転職エージェントを使うと良いことはわかった。じゃあどこの転職エージェントがいいの?」と思うかもしれないので、おすすめの転職エージェントも一緒に紹介しておきますね。

 

個人的におすすめの転職エージェントはリクルートエージェントです。リクルートエージェントは、就職、転職において最大手であるリクルートグループが運営している転職エージェントです。

 

どの年齢層、どの職種、どんな経歴の人でも、数え切れないほどの転職成功実績を持っている、一番信頼できる転職エージェントです。僕自身も転職を考えたとき、真っ先に登録したエージェントが、リクルートエージェントでした。

 

リクルートエージェントを始め、転職エージェントは無料で相談・利用ができます。対面でも電話でも対応してくれるので、まずは気軽に相談してみてほしいですね。自分の経歴をざっくりと話し、希望をそっと伝えるだけでも、実際にどういう職種や会社に入れそうか、残業はどの程度か、いろいろ教えてくれますよ。

 

僕自身も唯一めんどくさかったのは、転職エージェントの登録することでした。ここに取り掛かるまでが腰が重かった。でもそんなのは、取り掛かればすぐに終わりました。

 

そもそも転職は人生がかかっていることです。ですので、めんどくさがらずに登録して良かったなと思っていますし、あなたには僕と同じように時間を無駄にして欲しくないなと思います。

 

そしてあなたは運が良いです。なぜなら今は、近年稀に見る売り手市場なので、転職がしやすい転職ボーナス時期ですから。

 

もし残業の少ない職種や業種に行きたいなら、今はまたとないチャンスですよ。乗り遅れないようにしないとですね。これを逃したら次はいつになるかわかりません。

 

転職エージェントの登録は少し面倒かもしれませんが、リスクは一つもないので、すぐにでも登録だけは済ませておきましょう。5分もあれば完了します。

 

▼転職成功実績No.1。最大手のリクルートエージェント▼

 

まとめ

述べてきたとおり、残業が少ない生活を実現することはできます。

 

どんな境遇にいる人でも、どれだけ残業に追われる日々を過ごしていても、残業のない生活は実現できます。

 

ただしそのためには、ちゃんと準備をすること。そして行動すること。これは必須です。今回ご紹介した職種や業種を始め、世の中には残業が少ない仕事はたくさんあります。

 

結局行動しなければ何も変わらないのは事実です。いきなり転職はしなくても、リクルートエージェントの登録だけは必ず済ませておきましょう。

 

関連記事です。仕事を変えたいと思ったら最初に知っておいて欲しいことをまとめました。

>>>仕事を変えたいと思ったら、必ず最初に知っておいて欲しいこと

 

転職は悪いことなんでしょうか?逃げなんでしょうか?僕の見解を述べました。

>>>転職は悪いこと?逃げ?迷ったら読んで欲しい

 

職場環境が合わないときは仕事を辞めて良いんでしょうか?

>>>合わない職場で強いストレスを感じている時は会社を辞めても良いの?