Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

仮面サラリーマンとして複業しながら投資もするのが最強の働き方


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170930092720j:plain

サラリーマンとして安定的な収入を得ながら複業に励み、複業で得た余剰資金を投資として活用することが最強の働き方だと僕は考えている。

 

フリーランス最高!」「サラリーマンなんて奴隷と一緒だ」というサラリーマン的働き方を否定する人は特にネット界隈では多いが、フラットな目線で見れば「仮面サラリーマン」はお金の面では最強だと考える。

 

理由について根拠を添えて述べていく。

 

 

サラリーマンの安定収入があるから心穏やかに暮らせる

サラリーマンの安定収入は心の安定剤である。

 

僕たちサラリーマンが普通に家を借り、ご飯を食べ、友人と飲みにいき、趣味を楽しめるのは、サラリーマンの収入が安定しているからだ。

 

一部の完全歩合の会社を除き、日本の会社の給料は固定給の割合が多く、歩合の割合が少ない。

 

この毎月一定の金額が口座に振り込まれる安心感というか「当たり前感」があるからこそ、僕たちは当たり前のように毎日やっていることを、当たり前のようにすることができるのだ。

 

一方、この当たり前感というのはフリーランスや起業家には当てはまらない。すでにストック型の安定収入を築いていれば話は別だが、特に駆け出しの頃などはとにかく収入は安定しない。普通に家を借りることも、ご飯を食べることも、あるいはジムの会費でさえも、支払えないかもしれないという恐怖があるのだ。

 

この支払えなくなる感覚というのは、普通にサラリーマンをやっていると味わえない感覚だ。それはサラリーマンの安定収入が、サラリーマンの心の安定剤として働いているからに他ならない。

 

このサラリーマンの安定収入というのは、僕は非常によくできたものだと言える。社畜として働き嘆く人も世の中にはたくさんいるが、それでもお金の面では良いメリットを享受できていると僕は思っている。たとえ給料が月20万円程だとしてもだ。

 

毎月20万円入るとわかれば、あらかじめ資金計画を立てることができる。その資金計画に基づき、家賃など固定費を含めた支出をコントロールすることができる。

 

一方、ある月に40万円、次の月に5万円という風に不安定な収入の場合、資金計画を立てることが難しい。

 

この場合、「この額は下回らないだろう」という最低額に合わせて資金計画を立てることがリスク回避では必要だが、月5万円に合わせて資金計画を立てたら家すら借りられない。何もできない。

 

無理して10万円の家を借りた場合、ある月に5万円の収入しか得られなかったら、それだけでマイナス。もちろん、心の不安も増大するだろう。

 

だから僕は、毎月5万円から40万円の間を変動するフリーランスの収入と、毎月20万円安定して入るサラリーマンの収入では、後者の方が魅力だと感じる。それは、世の多くの人にも同様のことがあてはまると僕は思っている。

 

繰り返すが、安定収入は心の安定剤として働く。そして安定収入を作るなら、サラリーマンとして働くことが一番手っ取り早く、金銭的メリットを享受できるのである。

 

サラリーマンの安定収入があるから複業でチャレンジできる

サラリーマンこそ複業をした方が良いと僕は思っている。終身雇用、年金制度の崩壊は目に見えており、「個人でお金を稼ぐ力」はこれからの時代は必須だと思っているからだ。

 

そして何より、サラリーマンは安定収入があるからこそ、複業で自由にチャレンジできると僕は思っている。そしてこのメリットが非常に大きいと考えている。

 

サラリーマンであれば、生活するための費用はサラリーマンとしての安定収入でまかなえばよい。実際に複業をやってみて、お金を稼げなくても死活問題にはならないのだ。お金に対して執着せず、まずは自分のやりたいことをいろいろ試してみて、その中でうまくいく方法を見つけていく余裕があるのがサラリーマンの複業だ。

 

一方のフリーランスや起業家であれば話は変わってくる。彼らは自分の事業の結果が、ダイレクトに生活に影響してくるので、お金になることを一刻も早く見つけ、お金にしていかなければ生活すら成り立たなくなる。自由にいろいろ試してみる余裕すらない。

 

どんなビジネスにしろ、試してみる前からうまくいくことなどわかるはずもない。やり始めてトライアンドエラーを繰り返し、圧倒的速度でPDCAを回しながら伸ばして成長していくのがビジネスだ。

 

それにもかかわらず、試す余裕すらない状態を自分で作ってしまうことは、「もはや成功を鼻から諦めているようなもの」だと僕は思う。

 

試すことはサラリーマンのうちにやれば良いのだ。余裕があるうちにどんどんビジネスを試して顧客の反応を見る。そしてPDCAを回していく方が、成功も近いし心の余裕も全く違うと僕は思うのだ。

 

「サラリーマン x 複業」は双方の欠点を補う関係

加えて、「サラリーマン x 複業」という働き方は、双方の欠点を補い合い、良いとこ取りができる働き方なので僕はおすすめしている。

 

複業は自分で事業を作ることなので、起業や独立と同じこと。つまり、ビジネスモデル次第で「収入に上限はない」ということだ。

 

サラリーマンは安定収入というメリットはあるが、収入の上限が決まっているデメリットがある。一方の複業は、安定収入でないデメリットがあるが、収入の上限がないメリットがある。

 

毎月20万円の安定収入が保証されながら、自分の頑張り次第で青天井の収入を目指せる。最高の働き方じゃないだろうか?少なくとも、僕はそう思う。

 

サラリーマンの安定収入があるから余剰資金を投資に回せる

サラリーマン x 複業という働き方を加速させる最大の要素を僕は「投資」だと考えている。

 

僕はサラリーマンをやりながら複業で安定して毎月10万円以上の収入を得ることができているが、最近はこの複業で得たお金のほとんどを投資に回すようにしている。

 

毎月一定の10万円が入るとすると年間120万円だが、この120万円を投資で運用し続けるとバカにならない金額になる。

 

こうやって複業収入を気兼ねなくどんどん投資に回せることは、サラリーマンの安定収入が味方しているからに他ならない。

 

フリーランスや起業家であれば、なかなかこうはいかない。生活費の確保が第一優先なので、思い切って投資に使うことも普通はできない。

 

そして知っておくべきことは、この資本主義下の世界においては、事業だけやっていても投資をしなければ、長期的に裕福にはなれないということだ。お金に困りたくなければ投資は必須である。

 

そのあたりがわからない人は、今すぐにでもお金、投資の知識を身につけた方が良い。最低限以下の本は週末に読破することをおすすめしたい。

 

trave-writer.hatenablog.com

 

「会社を辞めて本気にならないと絶対成功しないよ」の矛盾

ここまでサラリーマンとして複業をやりながら、その余剰資金で投資をすることが最強の働き方だと述べてきた。

 

よく、「会社を辞めて本気にならないと絶対うまくいかないから、早く会社やめなよ」という意見があるが、その主張は理解できない。

 

こういう意見を聞くと「サラリーマンを今すぐ辞めて勝負に賭けないと・・・」と思い、実際にサラリーマンをやめようとする人がいるが、そもそも本気になることなど「気持ちの問題」だけであり、自らの動機付けができる人であればサラリーマンをやりながらでもできるので安心してほしい。

 

自分の動機付けのために環境を変えるのは、自分で自分の動機付けができない人がやる最終手段だ。本当にできる人は、わざわざ自分の周囲の環境を変えなくても、自分の考え方だけを変えて取り組み成果をあげることができる。

 

使える時間はサラリーマンを辞めた方が多くなるのは確かだが・・

使える時間に関しては、確かに会社を辞めてしまった方が事業にかけられる時間は増えるので、成長速度の観点では会社を辞めて集中した方が良いだろう。

 

でも、果たして時間をたくさん使えば成功するのだろうか?と僕は思う。

 

人がお金を払うのは、たくさんの時間が消費されたからではない。人がお金を払うのは、それに価値があるからだ。

 

僕たちがiPhoneを買うのは、iPhoneを作ることにたくさんの時間が消費されたからではない。僕たちがiPhoneを買うのは、iPhoneに価値があるからだ。

 

つまり、要は少ない時間でも価値を作ることができれば良いだけの話である。本質的には時間は関係ない。別にサラリーマンの余暇時間でも複業はできる。年収1億円とかになるとサラリーマンの余暇では到底できないが、年収1000万円ほどの価値ならサラリーマンでもいけるし実際にやっている人は多い。

 

・会社を辞めて後がない鬼気迫る状態で、たくさんの時間をフル活用して価値を生むか

 

・それとも会社員の安定収入を得ながら、効率的に時間を使って価値を生むか

 

僕なら後者でやるし、実際にそういう働き方をしている。効率的に時間を使って価値を生み出す方が、良い結果が生まれるとも思っている。

 

複業・投資で人生加速させていけば、サラリーマン卒業で時間の自由も手に入る

サラリーマンの欠点は「時間」や「人間関係」に縛られることだと僕は思っている。合わない人にはとことん合わない生き方だろう。

 

それでも、特に今回述べた「お金」という面に関しては、日本のサラリーマンはまだ大きなメリットがあると僕は考えている。

 

今回挙げた安定収入はもちろんのこと、毎月支払っている社会保険料も、サラリーマンであれば会社が金額を折半してくれている。交通費などの移動費も会社が出してくれる。日本のサラリーマンは信用も強いため、銀行から低金利で長期融資もおりやすい。日本のサラリーマンは不動産投資をするには最高の属性だ。

 

こういうサラリーマンのメリットを活かしながら、複業と投資というサイクルを回していくことで、最高スピードで人生を加速させていくことができる。しかも、低リスクにだ。

  

そうやって続けていけば、最終的に独立・起業というところにもありつける。しかも、その時はすでにお金には困っていない状態だ。

 

もちろん人それぞれの事情によるが、お金からも時間からも人間関係からも解放されるには、まずお金の面を何とかした方が良いと僕は思うのだ。そのための人生戦略が今回の内容だ。

 

trave-writer.hatenablog.com