Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

リクルートエージェントを使って転職活動をした僕が感想や評判をまとめた


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20171102194223j:plain

今回は転職エージェントの最大手、リクルートエージェントについて書いていく。僕自身、転職活動をした際に真っ先に登録して活用した転職エージェントだ。

 

あなたがもし転職をしたことのない転職初心者なら、どこの転職エージェントが良いのか、そもそも転職エージェントを使った方が良いかもわからないかもしれない。でもそれは普通のことで、僕自身も、転職活動をする前はそうだった。

 

  • 転職したいんだけど、どの転職エージェントが良いかわからない
  • リクルートエージェントって実際どうなの??
  • リクルートエージェントに関するリアルな評判を知りたい

 

もしあなたが上記のいずれか一つでも当てはまるなら、今回の記事を読んで疑問を解消してほしい。今回の記事を読めば、転職エージェントのことも、そしてリクルートエージェントのこともわかるはずだ。

 

 

転職エージェントってなに??

転職をしたことのないあなたは、そもそも転職エージェントの仕組みがよくわからないかもしれない。僕も転職をする前は全くわからなかった。「転職サイトとどう違うの??」「なにしてくれるの??」「お金かかるの??」と思っていた。

 

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントは、一見同じように思えると思うが実は全然違うものだ。

 

簡単に言うと、転職サイトは人ではなくWebを介して転職活動を行うのに対し、転職エージェントは人を介して転職活動を行う。

 

  • 転職サイト   :あなた⇄Web上⇄企業
  • 転職エージェント:あなた⇄人(転職エージェント)⇄企業

 

こんなイメージだ。転職サイトにはリクナビNEXTマイナビ転職があるが、これらはWebサイト上に求人広告が存在し、その中で良いと思った企業に自分から応募をして選考に進む。

 

一方の転職エージェントは、Web上に求人広告があるわけではない。転職エージェントは、あなた一人に専属のキャリアコンサルタントがつき、そのキャリアコンサルタント(人)経由で求人を紹介してもらい、気に入ったところがあればキャリアコンサルタント経由で企業に応募をすることになる。

 

転職サイトはWeb上で求人を自分で探して自分で応募、転職エージェントは担当のキャリアコンサルタントから紹介を受け、キャリアコンサルタント経由で企業に応募する。この違いを覚えておこう。 

 

リクルートエージェントの概要

f:id:travewriter:20171102193614p:plain

 

次にリクルートエージェントの概要について、転職をしたことのないあなたでもわかるように教えていく。

 

業界最大手であるリクルートの転職エージェント

リクルートエージェントはその名の通り、リクルートが運営している転職エージェントだ。厳密に言うとリクルートという会社は今は存在せず、リクルートの正社員人材領域の事業会社であるリクルートキャリアが運営している。

 

リクルートは長年採用領域でトップを走り続けてきた大企業で、そのリクルートが運営する転職エージェントがリクルートエージェントだ。

 

世の中には星の数ほど転職エージェントが存在するが、名実ともにそのトップに君臨するのがリクルートエージェントである。

 

転職を経験したことのないあなたにとって、企業規模や実績からしてもまず一番に信頼できる転職エージェントになるだろう。

 

業界最大級の非公開求人数

最大手のリクルートエージェントは、非公開求人数も業界最大級だ。

 

転職エージェントは無料で会員登録をした転職希望者に対して紹介する非公開求人を多数持っているが、リクルートエージェントはその数はとてつもない数を誇る。僕はその数値を聞いて知っているが、とにかくすごい求人数だ。

 

あなたが望む条件の求人は、必ずリクルートエージェントは保有している。もちろん、紹介してくれるかどうかはあなたのこれまでの経歴次第だが、彼らは確実に持っている。

 

なので、もしどこの転職エージェントに登録するか迷うなら、リクルートエージェントは外さないでほしい。繰り返すが、彼らはあなたの条件に合う案件を必ず持っている。

 

充実した転職サポート

 リクルートエージェントでは充実した転職サポートを受けることができる。

 

あなた専属のキャリアコンサルタントが一人付き、あなたのキャリアの棚卸しから、職務経歴書の効果的な書き方、面接対策に至るまで、一連の転職活動をサポートしてくれる。リクルートエージェントは採用最大手のリクルートが母体なので、得られる情報や転職ノウハウはすぐに活用できるものばかりだ。

 

僕自身も、行きたい業界の最新の情報や、いま市場で求められている人材、スキルなどをキャリアコンサルタントの方が教えてくれたので、「今の自分に何が足りないか?」「どうすれば自分は市場で求められるか?」「今何をすべきか」、これらが手に取るようにわかった。こういった情報は、業界最大手のリクルートエージェントだからこそ知り得る情報だと思った。

 

実績豊富なキャリアコンサルタント

リクルートエージェントには実績豊富なキャリアコンサルタントが多数在籍している。

 

僕を担当してくれた方はベテランの女性の方だったが、転職市場に対する知見はやはり凄いものを持っていた。さすがはリクルート、優秀で頭のキレるクレバーな方が存在するなぁと思った。

 

とはいえ、リクルートエージェントでもキャリアコンサルタントの質はばらつきは少なからずあると認識して良い。素晴らしいコンサルタントもいれば、そうでもない人も一部存在する。なので、良いコンサルタントにサポートしてもらえるように動くことがカギになる。

 

以上がリクルートエージェントの概要だ。

 

 

リクルートエージェントを使った感想

続いて、僕自身が実際にリクルートエージェントを使った感想を書いていきたい。
 

紹介してくれる件数が圧倒的

第一に、リクルートエージェントは紹介してくれた求人数が圧倒的に多かった。

 

僕の場合、転職で希望する条件をキャリアコンサルタントにぶつけたところ、それに合致する企業を約20社紹介してくれた。他の転職エージェントは一度に多くても5社〜8社程度だったので、やはりその案件数は目を見張るものがあった。

 

実際紹介してもらった中には誰もが知ってる有名大手企業もあり、良い求人が多かったので質も満足している。

 

キャリアコンサルタントに優秀な人が多くて頼れるが、質のバラツキはある

キャリアコンサルタントは優秀な人が多いが、前述通り、コンサルタントの質にはばらつきがある。

 

僕を担当してくれた人は優秀な方だったが、中には業界知識が足りていないコンサルタントも存在する。僕はリクルートエージェントの内情をそこそこ聞いていて知っているが、例えばITエンジニア転職をあなたが検討しているにもかかわらず、キャリアコンサルタントが実務レベルのIT知識が無い場合などがある。

 

だからもしあなたが専門性の高い職種への転職を希望する場合、その分野に強いコンサルタントをつけて欲しいと要望してみよう。リクエストが受け入れられるかはわからないが、そうやって伝えておくことで、より深く理解してくれるキャリアコンサルタントに出会える。

 

リクルートエージェントには各業界に強い人材はちゃんと在籍しているので、もしコンサルタントにあまり知識がないとわかれば、知見のある方を担当にしてもらえるように打診してみよう。

 

問い合わせに対する返答は早くて助かった

転職活動をしていると、いろいろな疑問も生じるはずだ。それらの疑問に対する返答はとても早くて僕の場合はとても助かった。

 

僕は転職エージェントを5つほど併用して転職活動をしたが、問い合わせに対する回答が遅いエージェントも存在した。その点、リクルートエージェントは対応が的確かつ早かったので助けられた。

 

選考辞退に対する応対も優しくて丁寧だった

僕は最終的に別の転職エージェントから紹介を受けた企業に転職することを決めたので、リクルートエージェントで選考に進んでいた企業は断らなければいけなかった。

 

いろいろ親身になってやってくれてた中なので、その連絡は少し緊張と申し訳無さを感じていたが、「決まったんですね!おめでとうございます!」と優しいお言葉を頂いた。

 

本来、転職エージェントは成果報酬型なので、転職が決まらなければそのキャリアコンサルタントの売上はゼロになるのだが、それでもそうやって僕たちの転職決定を祝福してくれたのはとても嬉しかったし、信頼できる人だなと改めて感じたものだ。

 

もちろん担当してくれるキャリアコンサルタントによって応対は違うだろうが、こういう方もリクルートエージェントには確かに存在するのだ。

 

以上が僕自身が実際にリクルートエージェントを使って転職活動をしたときの感想だ。

 

リクルートエージェントはこんな人におすすめ

これまでリクルートエージェントの概要と、僕自身の実体験を書いてきた。それらの内容も踏まえ、リクルートエージェントは以下のような人におすすめしたい。

 

転職初心者でまずは信頼できるところから転職活動をスタートしたい人

まずは転職初心者の方だ。あなたが転職を今まで経験したことがないなら、リクルートエージェントは利用しておいた方が良い。

 

リクルートエージェントは総合エージェントとして最大手で、あらゆる面でバランスが取れている。求人数、求人の質、キャリアコンサルタントの質、サポート体制、転職ノウハウ。どれを取っても高い実績と能力がある。

 

通常、転職エージェントは5社ほど登録して併用するのが一般的だが、リクルートエージェントは主軸として必ず登録をしておくと良い。得られるものが多い。

 

「どんな選択肢が自分にあるか」とにかくたくさん紹介を受けて知りたい人

「自分はどんな企業に行けるか」 「どれくらいの年収を受け取れそうか」そういう選択肢を知るためには、まずはたくさん紹介を受けるところからスタートしよう。それを一度にできるのが、リクルートエージェントだ。

 

僕自身、リクルートエージェントに登録して面談をしたら約20社紹介してもらえた。その20社を見れば、だいたい自分が行けそうな企業規模や年収、業種や職種はイメージできる。他のエージェントだと紹介してくれる数が少なかったりするので、自分の市場価値を把握できないことも多い。

 

だからこそ、まずたくさん紹介を受けて自分の可能性を知るなら、リクルートエージェントが一番良いと僕は自分の経験を通じて感じた。ぜひ、リクルートエージェントに登録をし、あなた自身の可能性を今すぐ探ってみて欲しい。

 

 

実際に使った転職者の評判

あなたがより客観的にリクルートエージェントを利用するか判断できるよう、ここからは実際にリクルートエージェントを使った他の人の評判も紹介したい。 

 

匿名

30代男性です。リクルートエージェントを利用して感じたのは、やはり求人量の多さです。面談(電話面談もOKでした)を通して、自分の希望条件やこれまでの経験値に合わせた案件を提示してくれるため、割とミスマッチは少なく、できるだけ多くの案件がチェックできたのも個人的には良かったです。

また、キャリアアドバイザーの人から応募した企業に関する進捗の連絡や、面接を受ける際のアドバイス、面接前の対策情報の提供などもあったりしたので、面接の過程では有効でした。転職活動の最初の準備(パーソナルデスクトップと呼ばれる自分専用画面)に慣れれば、そこで様々な新規紹介案件の情報をチェックする事ができるのも、比較的楽でした。

 

匿名

初めて登録した時に便利だと思った事は、意外とたくさんの求人の紹介があり、選べる選択肢も多かったということ。自分で定期的に転職サイトをチェックして探す方法しか知りませんでしたが、こちらのキャリアと希望条件に鑑みた情報をお知らせしてくれるという意味では便利です。ちなみにリクルートエージェントのサイトを見ると、求人検索ではたくさんの情報が出ていますが、これだけの数の求人を自分でチェックするのは労力もかかります。掲載されている求人が自分のキャリアに合うとは限りませんし。登録していてがっかりした事は特にないですが、紹介の仕方はマイページなどもあって淡々としているので、若干ロボット作業のような気はしました。まあ、たくさんの登録者がいるとは思うので、この辺りは仕方のないことだとは思っています。

 

匿名

新卒で入社した会社を3年で辞め、第二新卒として転職先を探しました。その時にリクルートエージェントに登録し、東京駅のオフィスまで面談を受けに行きました。担当者には休みがなかなか取れない会社だったのが退職の理由になった旨を伝え、今後、土日にしっかりと休みが取れる企業を探すにはどんな業界がよいのか、また、その業界に入るにはどんなスキルが必要なのかなどの相談をしました。

結果、商社や対法人事業がメインの企業であれば休日休暇もしっかりしているところが多いだろうということで、これらの企業を中心に紹介してもらい、適切な職務経歴書の書き方に関するアドバイスも受けました。現在は結果的に希望通りの企業に転職できましたが、利用して良かったと思った点は、紹介実績が多いので、他社のエージェントよりも紹介案件の数が多かったことでした。また、イマイチだと思った点は、サービスとしてしっかりしている分、様々な部分がシステム化され過ぎていて、少し機械的に案件の紹介や処理が行われているように思った点でした。

 

匿名

大学卒業後に新卒で入社した会社に5年半ほどいたものの、将来の給与が上がっていく見込みも薄く、転職を視野に入れてリクルートエージェントに登録した。面談という形で本社に行った事があるが、担当となったアドバイザーからは、今までの仕事内容やそもそもの転職理由、そして今後希望する職種のイメージなどを、根掘り葉掘りと言ってもよいくらいに聞かれた。

そしてその後は自分で作成した職務経歴書の修正をアドバイスしてもらい、添削後に求人を紹介してもらってから転職活動を開始した。興味を持った企業の書類選考が通過した後には、面接対策のフォローをしてくれた。また実際の面接を受けた後に転職エージェントに感想を告げると、企業側がどう思っているのかの感触なども教えてくれた。また、内定のオファーを受けた際の年収交渉も、エージェントがしてくれるので、こちらが言い出しずらい部分を対応してくれるのは便利だった。

引用:リクルートエージェントの口コミ評判 | 転職エージェントみんなの口コミ評判

  

評判から見えること

これらの評判から見えることは、紹介してくれる求人数が多いことだ。このことは多くの人が共通して挙げていたし、僕の場合とも共通しているので間違いないだろう。

 

また、選考中のサポートが手厚いという人がいる反面、逆にリクルートの仕組みが整いすぎて機械的な対応しかされなかったという声もあった。

 

僕の場合は親身なキャリアコンサルタントがついてくれたが、やはり機械的に仕事をこなす人もいるということになる。ただこの点は担当コンサルタントの変更もできるので改善できる欠点とも言える。

 

求人数などを中心に評判は高いものが多いのでリクルートエージェントは是非利用すると良いが、大手である以上、担当コンサルタントによってサポートの度合いは変わることを理解した上で利用して欲しい。

 

よくある質問

リクルートエージェントについて実態をいろいろ書いてきたので大体のことはわかったと思うが、それでもまだあなたはわからないこともあるかもしれない。

 

そこで、リクルートエージェントに対する「転職初心者からのよくある質問」をまとめた。実は全部僕自身も転職初心者のときに思っていた疑問でもある。これを見て不明点、不安点を解消して、キャリアコンサルタントに早速相談へ行ってみよう。

 

リクルートエージェントの利用は有料なの??

リクルートエージェントの利用は完全無料だ。あなたは企業の紹介を受けるときも、職務経歴書の書き方を教えてもらうときも、実際に選考に進んで内定が決まったときも、一円たりとも支払う必要はない。

 

「何で無料でできるの??」というと、転職エージェントはあなたの採用が決定したら、企業側から報酬という形でお金をもらうからだ。

 

ちなみに報酬は相場で年収の1/3だ。あなたの転職決定年収が600万円なら、あなたを担当したキャリアコンサルタントは200万円近くを受け取ることになる。

 

これだけもらえるなら、あなたが採用となるように必死に努力してくれる意味もわかるはずだ。こういう背景があるので、エージェントは上手く活用すると良い。

 

転職エージェントの中には報酬欲しさであなたに合ってない求人を紹介してくる方も中にはいるので、そういう人は相手にしないようにしよう。

 

何件くらい求人を紹介してくれるの??

僕の場合場合書いたが約20社紹介してもらった。自分の相場や市場価値を知るなら、10〜20社くらいは紹介してもらうよう打診すると良い。

 

どんなレベルの求人を紹介してくれるの??

僕の場合は超大手企業からのベンチャー企業まで紹介してもらった。超大手は日系企業外資系企業も存在した。

 

もちろん望めば中小企業も紹介してくれる。僕の場合は大手かベンチャーで希望を出したので、その希望に合う求人を紹介してくれた。

 

大手企業の求人はある??

大手の求人は存在する。名前は書けないが、誰もが知ってる超大手企業の紹介も僕は実際に受けた。

 

外資系求人はある??

外資系企業の求人も存在する。某大手消費財メーカー、某大手IT企業などを僕は紹介してもらった。

 

勤務地エリアはどこまで対応してるの??

僕の場合は希望地が東京だったので東京に限って紹介してもらったが、リクルートエージェントは全国対応している。

 

リクルートエージェントのキャリアコンサルタントの質って悪いんじゃない??

全体的に質は高いと僕個人は感じている。とはいえ、やはり大手なので、質はピンからきりまでいると考えて良い。実際、転職をしたことがない新卒のキャリアコンサルタントもいるので、あまりに頼らないなら、正直に担当変更を申し出よう。転職は重要な節目なので、妥協はしないで欲しいと個人的には思う。 

 

以上がよくある質問だ。疑問は全て解けただろうか?それなら早速無料会員登録をし、求人を紹介してもらおう。

 

 

売り手市場の今こそ、リクルートエージェントに登録しよう

述べてきたとおり、リクルートエージェントは特に転職初心者が、転職活動のスタートとして利用するべき転職エージェントだ。

 

リクルートエージェントは僕自身、転職活動を始めたとき真っ先に登録をした転職エージェントで、転職の基本的なやり方、レジュメの作り方、転職市場の最新情報とその中での個人の動き方などを教えてもらってとても役に立った。業界最大手で転職ノウハウを他のどこよりも兼ね備えたリクルートはさすがだなぁと思った。

 

担当コンサルタントの質にバラツキがあるのは唯一の欠点だと思うが、もし合わない人であればコンサルタントの変更もリクルートエージェントはできるので、ぜひ一度キャリアコンサルタントに相談してみてほしい。

 

Web上でサクッと簡単なプロフィールを登録さえすれば、実際に会っての面談も、会うのが面倒くさいなら電話での面談も、どちらでも選ぶことができる。

 

なので、まずは無料でリクルートエージェントに登録し、「自分にはどんな選択肢があるか?」「どれくらいの年収が見込めるか?」などを気軽に確認してみると良い。登録して気軽に相談をするだけで、これらのことはすぐにでもわかる。

 

もしあなたが僕のように、就職氷河期に就職をした経験があるなら、今はその当時とは真逆になっていることをまず認識しよう。今は売り手市場で、あなたは企業を選べる立場になる。

 

だからこそ、今すぐにリクルートエージェントに登録し、どんな企業に行けそうかを把握しよう。もしかすると、就活時には手の届かなかった、あんな名門企業や大企業に、今ならあなたは入れるかもしれない。そしてその可能性は、今はグッと大きくなっている。このチャンスをつかむも逃すも、あなたの行動次第だ。

 

 

もしあなたが迷っているなら・・・

それでも、転職しようかまだあなたは決めておらず、悩んでいるかもしれない。

 

そんなときは、まずは無料で登録をし、キャリアコンサルタントに「こんな案件があったらすぐに知らせてほしい!」とだけでも伝えておくと良い。転職エージェントは日々新しい求人を開拓していて、いつ何時、あなたに合ったベストな求人が出るかはわからないからだ。

 

転職エージェントは多くが非公開求人で、自分で求人を閲覧することはできない。転職エージェントに登録している人にしか情報はいかないので、あなたが登録さえもしていなければ、あなたは土俵にすら上がらないということだ。

 

あなたが今はまだ転職をするとまだ決めきれていない状態だとしても、転職エージェントに無料登録だけは済ませておいてはいかがだろうか?その方が、間違いなくあなたの未来の選択肢は広がる。お金は1円たりともかからない。リスクすら存在しないんだから。