Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

20代転職ならココ!最強のエージェント4社を、実際に利用した僕が実体験を元に紹介する


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170804153636j:plain

僕は20代後半に初めての転職を経験した。最初に入った会社に定年まで勤め上げる日本文化を幼い頃から知っていたため、最初は転職など自分にとっては遠いことだと思っていた。

 

しかし、時代は変化していることに気付いた。そもそも最初に入った会社に入社して定年まで勤め上げることは、会社が定年まで存続する前提があってこそ成り立つ話。にもかかわらず、現代は自分の社会人人生よりも、会社の寿命の方が短くなっているのだ。

 

実際、かつては20代で転職する人は珍しかったが、今では20代全体の約30-40%もの人が、初めての転職を20代で経験するそうだ。「20代だけど転職して良いのかな・・?」そう悩んでいてこの記事にたどり着いた方は、まずその事実を知って安心してほしい。20代で転職をすることはもはや当たり前のこととなりつつある

 

今回は20代転職を考えている男性女性問わず、絶対に登録しておくべき20代転職のための最強の転職エージェントを、20代で転職を経験した僕の実体験をもとに4社紹介していく

  • 社会人になったばかりだが、今の会社が合わず転職を考えている20代前半の人
  • 働いて3年経ったし、「そろそろ転職かな」という20代中盤の人
  • 社内でも中堅になり、これから新しいキャリアアップやキャリアチェンジをしたい20代後半の人

上記いずれかに当てはまる人は、今回の記事を読み進めてほしい。

20代こそ転職エージェントに登録すべき理由

20代こそ、転職エージェントに登録すべきだ。そう思うのは、僕自身が20代で転職を経験した実体験を通じて感じたことだ。その理由や背景を、当時の僕自身の経験から話していく。

 

20代転職はミスをしやすい

20代の転職は思わぬミスや失敗をしやすい。なぜか?理由は単純で、20代転職の多くは、初めての転職活動であるケースが大半だからだ。

 

初めての転職活動であれば、当然わからないことは多い。わからないままなんとなく転職サイトに登録し、なんとなく良さそうな求人を見つけ、なんとなく面接を受けたら受かって入社した。でも、実際に入ってみると思ってたイメージと違い、また転職活動を繰り返してしまい、どんどん選択肢が狭まり、人生詰んでいく。これが最も悪いパターンであり、20代転職の失敗の代表例だ。

 

この失敗を防ぐためには、転職事情に精通しているプロを味方につけ、転職市場のことを理解することに他ならない。転職は情報戦だ。良い情報を持っているほど有利になる。そしてその情報は、ある程度自分から行動を起こせば取りにいけるのだ。書類選考通過のポイント、その企業独自の面接の対策など、情報を知らないのと知っているのでは雲泥の結果の差が生まれる、それが転職活動だ

 

友人に転職市場や受けたい企業に精通している人がいればその人を頼れば良いが、多くの場合はそうではない。その場合、最も転職市場や企業情報に精通し、かつあなたの相談に親身に無料で乗ってくれる人は、転職エージェント以外には存在しない

 

だからこそ、初めての転職である20代転職においては、転職エージェントを使うことがベターだ。

 

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いを簡単に話しておくと、転職サイトは「基本あなた一人」で転職活動をすることになる。これから進むべきキャリア、自分に合うであろう企業を自分で考え、転職サイト上にある求人の中から自分で企業を探し、気になったら自分で応募し、自分で企業と面接調整をするのだ。このように、転職サイトを利用することはある意味自由に転職活動を進めることができるが、右も左もわからない初めての転職の場合、自分の判断が誤っていたとしても、それを気づかせてくれる人が存在しないことが多い

 

一方、転職エージェントの場合、「転職エージェントとペア」で転職活動を進めることになる。転職エージェントに登録した場合、あなた専属のエージェントが基本一人つくことになる。転職サイトがあらゆることを自分一人でやったのに対し、転職エージェントでは全てにプロセスにおいて、専属のエージェントがアドバイザーとなってくれるのだ。

 

これから進むべきキャリアや企業を自分で考えるべき点は一緒だが、「実際にこのキャリアで良いのか」「あなたのライフスタイルを叶えるためにはこういう選択もあるんじゃないか」と進むべき方向性に対するアドバイスをくれるばかりか、「その仕事や生活を実現するためにはどの企業に入るべきか」「その企業の待遇や実態は実のところどういうものか」という具体的な企業の紹介や裏事情まで教えてくれる。

 

転職サイトは、「自分の進むべき未来が決まっていて、そのために入る企業まで特定できている状態」なら利用価値が高い。だが、「そもそもキャリア形成から悩んでいる人」「具体的に自分に合う企業がわからない人」「ネット上ではわからない企業の実態や裏情報を知りたい人」にとっては転職サイトは選ぶべき選択肢ではない。これらに当てはまる人は、専属のエージェントが付いている転職エージェントに登録して情報収集することこそ、より良い未来を作るためには欠かすことのできないステップなのだ。

 

僕自身が20代転職を実現した時は、転職サイトではなく、転職エージェントに登録して情報収集をした。最初は全く別の企業に行こうとしてたが、良質なエージェントからの良質なアドバイスを聞くと、それは長期的に見ると得策ではなかった。

 

そこで、エージェントの方のアドバイスを受け入れてみることにし、客観的かつ慎重に将来のキャリア、ライフプランをもう一度考えることで、最終的に満足度120%の転職を実現することができた。

 

なので、

  • そもそもキャリア形成から悩んでいる人
  • 具体的に自分に合う企業がわからない人
  • ネット上ではわからない企業の実態や裏情報を知りたい人

上記に当てはまる方は、転職サイトではなく転職エージェントの利用をすることを、個人的にはおすすめしたい。

 

人生を確実かつ堅実に作っていきたい安定志向の人こそ、転職において情報収集をせずに自分一人で進めることは長期的に見るとリスクが高いことを知っておこう。転職は人生のターニングポイントになるので、信頼できる転職エージェントを見つけることが重要と言えるだろう。

 

20代のおすすめ転職エージェント4選

ここまで、20代転職がエージェントに登録すべきことを挙げてきた。では「一体どの転職エージェントを使用するのが良いか?」ここでは僕自身の実体験を元に、本当におすすめできる転職エージェントのみを厳選して4社紹介する

 

1. リクルートエージェント

f:id:travewriter:20170804213234p:plain

何を差し置いても一番に登録すべき転職エージェントはリクルートエージェントだ。就職、転職業界で長年トップを走り続けているリクルートが運営するリクルートエージェントは、実績、安定度、求人数ともにトップクラスの転職エージェントだ。転職活動が初めての人にとって登録必須のサービスである。

 

僕も転職を考えたとき、まずリクルートエージェントに登録した。僕が最初にリクルートエージェントに登録して感じたことは、紹介を受けた求人数がとにかく多いことだった。「僕の希望の人生を歩むのに、こんなに知らない選択肢がたくさんあったのか」「今までの経歴で受けられる企業がどれくらいあるかわからなかったけど、こんなにたくさんの選択肢が世の中にはあるのか」と感じて嬉しかったことを、今でも鮮明に覚えている。

 

リクルートエージェントの最大の使用メリットはその求人の豊富さと言えよう。大手から中小企業まで、あらゆる業種、職種の仕事が用意されているため、あなたに合う企業が見つかる可能性は他のどこよりも高い。

 

エージェントもベテランの方が多く在籍しており、大手ならではの安心感がある。初めての転職活動を行う20代にとってベストなチョイスがリクルートエージェントだ。

 

リクルートエージェントと僕の関係は以下の記事にて。大手企業を中心に、多数の求人を迅速な対応で紹介してもらえた。

 

trave-writer.hatenablog.com

 

2. マイナビエージェント

f:id:travewriter:20170804213256p:plain

20代転職でおすすめはマイナビエージェントだ。規模としては転職エージェントで4位、5位に位置するマイナビエージェントは、1位であるリクルートエージェントに求人数や規模では遠く及ばない。

 

だが、マイナビエージェントは20代転職に特化した戦略で、特に第二新卒層などの方からの利用、信頼が厚い。初めての転職かつ年代が若い方へのサポートが他のエージェントに比べて手厚いという点が、僕自身使った際に感じた印象だった。なので、今回20代転職のエージェントとしておすすめしている。

 

マイナビエージェントはどちらかというと中小企業の案件が多かった。大手どころのリクルートエージェント、中小や若者向けのマイナビエージェントの2社を使うことで、幅広く案件を網羅することができる。

 

とはいえ、新卒領域に強いリクルートマイナビの双方は、多数の大手や優良企業と強いコネクションを持っている。売り手市場で新卒採用に困っているこれらの企業は、第二新卒など20代の中途採用にも力をシフトし始めている。つまり、そういう求人がリクルートエージェントマイナビエージェントという2社には流れやすいのだ。

 

新卒採用で培われた知見や企業との関係性、実績を使い、エージェントサービスでも多くの求人を保有することができているこの2社に登録をしておけば、優良企業の案件を幅広く網羅できる。

 

リクルートエージェントマイナビエージェントを使っておけば、新卒で入れなかった憧れの企業に再挑戦することもできるケースも多々ある。最初の就活で失敗してしまったと感じているなら、双方のエージェントに登録し、再挑戦できるか聞いてみることも面白いだろう。

 

3. ビズリーチ

f:id:travewriter:20170804213315p:plain

他のネットの情報ではあまり20代の転職エージェントとして取り上げられていないが、僕個人はビズリーチこそ、20代転職におすすめしたい。

 

ハイクラス転職と謳っているビズリーチだが、20代の方でも全然使えるので安心してほしい。ビズリーチの使用価値は、とにかく多くの中小企業の転職エージェントに一度に出会えることだ。ビズリーチに登録すると、登録している企業だけでなく、登録している中小企業のエージェントがあなたにコンタクトしてくる。

 

そして、実はこの中小のエージェントの中に、かなり良い質のエージェントが紛れ込んでいるのだ。もちろん、中には質の悪いエージェントも含まれているが、「こんなに優秀な人がいるんだ」と思うほどの人柄、知見を持ったエージェントの方が実はビズリーチには存在している。そういう優秀なエージェントと出会うための入り口として、ビズリーチの登録は優先して済ませてほしい。

 

僕自身、ビズリーチで出会った5名ほどの小さな転職エージェント会社の、とあるエージェントのおかげで素晴らしい転職を実現することができた実体験がある。ビズリーチを通じて知り合った彼のおかげで、もともと全く知識のなかった転職市場のことをかなり深くまで教えてもらえたし、具体的な企業の紹介も多くしてもらえた。実際に、今の企業に入ったのはビズリーチ経由だ。

 

中小企業のエージェントが大手に勝つ部分は、そういう個人のパーソナリティや知見の部分だったりする。大手で主要どころの求人を抑えながら、優秀な中小のエージェントから良質な情報を得る。これが転職活動の勝ちパターンの一つだ

 

ビズリーチに登録すれば一度に多くの中小企業エージェントに会えるので、その戦略を効率的にすることができる。個人的に、ビズリーチリクルートエージェントと並び、優先して登録すべき2大転職エージェントと考えている。

 

ビズリーチと僕の関係に関しては以下の記事にて。ビズリーチ経由で素晴らしいエージェントと出会い、希望の企業に入社することができた。

 

trave-writer.hatenablog.com

 

 4. JACリクルートメント

f:id:travewriter:20170804213337p:plain

このブログには「英語」に関心のある方が多いため、「英語」「外資系」といった転職を希望するなら、JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)をおすすめしている。

 

JACリクルートメントはイギリスに本社がある外資系の転職エージェントだ。さすが、企業自体が外資系なこともあり、良質な外資系求人を多数保有している。僕自身、転職活動の際は外資系企業も選択肢に入れていたため、真っ先に外資系求人に定評のあったJACリクルートメントに登録をした。

 

あまり名前を出してはいけないと思うので伏せておくが、世界的外資系企業A社など、複数の大手外資系企業の求人をここで紹介いただいた。

 

「英語」「外資系」「海外」といったものを軸に転職活動を考えている20代の方は、JACリクルートメントに登録を済ませておこう。JACリクルートメントは30代の方にもおすすめしているが、20代で今までの経歴に自信があったり、語学に長けている方は、JACリクルートメントを使えば一気にキャリアアップを成し遂げられる可能性もある。

 

僕とJACリクルートメントの関係については以下の記事にて。外資系企業や日系企業の海外部門を中心に、他のエージェントにはない良質な求人を10社紹介してもらった。その中には世界的に有名な某外資系企業もあった。

 

trave-writer.hatenablog.com

  

転職エージェントは最低3つは登録しておくと良い 

転職市場が活発化しており、上記であげた以外にもDODA、パソナキャリアなど多くの転職エージェントが存在している。なので、「どの転職エージェントに登録すれば良いかわからない」と思う方も増えている。

 

僕自身の経験上、上記あげた4社であればハズレはないので、自分にあっていそうなものを上記のうちから最低3社ほど選んで登録しておけば間違いはない。

 

20代転職を避けては通れない時代がもう来ている

終身雇用が崩壊し、ずっと今いる会社で働き続ける可能性が少ない。ある意味で、転職経験がある人が不利だった時代から、転職経験がない人が不利になる時代が来ていると言えるだろう。

 

20代で転職を経験しておくことは、長い目で見ればメリットになる。40歳になったときに会社が潰れる、クビになってしまう、もしそうなってしまった時、転職経験を積んでおけば、すぐに対応することができるだろう。

 

今は、20代という利点があるだけで転職できる優良企業が、実はたくさん存在する。その事実を知らずにこの貴重な時期を逃してしまいそうな20代の人がとにかく多く勿体なく感じたので、今回は"気づき"の意味合いも含めてこの記事を執筆した。

 

売り手市場である今だからこそ、真剣に転職を考えてみてはいかがだろうか?