Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

おすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する【受講者が特徴や使用メリットを全てまとめた】


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170730114007j:plain

今、プログラミングを学ぶ必要性が、今強く叫ばれている。

 

「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを約束しよう」

 

この言葉はFacebookの元役員、Chamath Palihapitiya氏が語った言葉だ。プログラミングを学ぶ必要性が、日本・海外問わず強く叫ばれている。あらゆる企業でテクノロジー化が進んでいる背景もあり、プログラミングスキルを持つ人材の需要が増えていることが主な要因だ。プログラミングスキルという高い専門性があれば、給料が右肩下がりのこの時代でも高給を実現できるし、会社や場所に縛られることのない自由な人生を実現することもできる。

 

そこで今回は、「最短でプログラミングスキルを身につけるためにはどうすれば良いか?」「どうやって学ぶことが最短の道となるか?」を示しながら、それを最短で実現するための最良の手段としての「プログラミングスクール」を紹介していきたい。結論からいうと、プログラミングスキルを最短で身につけるためには「プログラミングスクールに通うことが最も効率が良い」ので、今回はおすすめのプログラミングスクールを4社挙げ、その4社を比較しながら、本当におすすめの一社を紹介する。

 

さて、これを書いている僕自身は、社会人で完全プログラミング未経験の状態だった。しかし、独学ではなく今回紹介するプログラミングスクールを受講したことで、わずか一ヶ月でTwitterクローンを作るまでに至ることができたのだ。その経緯も書きながら、今回はおすすめのプログラミングスクールを紹介、比較していく。

 

  • 最短でプログラミングスキルを習得したい
  • 時間や場所に囚われない、自由な働き方を実現したい
  • 生涯食うに困らない専門性を身につけたい

 

これらに当てはまる人は、今回の記事を是非参考にして欲しい。それでは本題に入っていく。

 

 

なぜプログラミングスクールに通うべきか?

まず、「プログラミングを習得するためには、独学で勉強してはいけない」というのが、僕の持論だ。その理由は、全ての人にとって時間は有限だからだ。

 

プログラミングの学習は、とにかく壁にぶつかることが多い。見たこともないコードが多数並ぶプログラミングの世界は、初心者にとっては大きな負担となり、労力や時間を要するものだ。僕自身も初めは独学で勉強しようとしたが、一つの項目を理解するのに1時間、2時間とかかることはザラにあった。

 

そして、ようやく内容を理解できたとしても、次の壁がまた降りかかってきてまた立ち止まる。独学でプログラミングを勉強すると、この繰り返しが嫌になり、挫折してしまう人が後を絶たないのが現実だ。

 

ではどうすれば効率良くプログラミングスキルを身につけることができるか?その答えこそ、「プロに学ぶこと」だ。全くの未知の世界であるプログラミングを学ぶ場合、それを既に習得しているプロに学ぶことが最も効率が良く、確実な方法だ。そして、プロから学ぶためには、プロが教えているプログラミングスクールを受講することが最も手っ取り早いのである。

 

プログラミングスクールは既にプログラミングスキルを習得している講師から学ぶことができるので、壁にぶつかって消費する時間を大幅に削減することができる。これが、プログラミングは独学で学ばないほうが良い理由である。

 

プログラミングを学ぶメリット

冒頭でも少し紹介したが、プログラミングを学ぶメリットについても整理しておきたい。

 

専門性が身につき、将来まで使える武器を持つことができる

第一に、プログラミングスキルを身につけると、将来まで使える武器を有することになる

 

プログラミングスキルは高い専門性だ。誰でもできることではないにもかかわらず、昨今のテクノロジー化により、あらゆる企業、あらゆる場面でプログラミングスキルを有したエンジニアの需要が高まっている。テクノロジー化はこれからさらに進んでいくが、その過程で必要な人材こそプログラミングスキルを有したエンジニアだ。

 

「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを約束しよう」

 

冒頭に紹介したこの言葉だが、まさにこの通りだ。プログラミングスキルを身につけておけば、将来仕事に困ることはないだろう。

 

高給を実現できる

第二に、プログラミングスキルを身につけると高給を実現することができる

 

昨今は、企業が必要とするエンジニアの数に対し、供給できるだけのエンジニアが追いついていない状況だ。需要と供給の関係を考えれば必然のことだが、需要に供給が追いついていかなければ、供給の希少性は上がる。希少性が上がるということは、価値が上がり、報酬が上がるということだ。

 

今、エンジニアは圧倒的な売り手市場だ。今エンジニアを目指すことは、マーケットの市況感から見ても絶好のチャンスであり、高給を実現するチャンスだ。今の収入に満足できていないなら、プログラミングスキルを身につける選択は非常に賢い選択肢となる。

 

時間や場所に縛られない働き方を実現できる

第三に、プログラミングスキルを身につけると、時間や場所に縛られない働き方を実現することができる

 

昨今、組織に縛られず、自由な時間に自由な場所で働くフリーランスエンジニアが増えている。なぜそんなことができるか?それは、エンジニアはPC1台あればどこでも仕事ができるからだ。極論、エンジニアとしての高いスキルを身につければ、あなたが沖縄にいても、ハワイにいても、ネットワーク上で仕事を受注することもできる。

 

また、これはフリーランスエンジニアに限った話ではない。企業に属するエンジニアでも、最近はリモートワークを許可する企業が急速に増えている。毎日決まった時間に会社に出社することなく、自分の好きな場所でPCを開き、仕事をする生活に憧れる人は多いのではないだろうか?プログラミングスキルを身につければ、こういう生活を実現することもできるのだ。

 

他にも多くのメリットがあるが、以上の3点はプログラミングを学ぶ上で特に大きなメリットだ。

 

おすすめのプログラミングスクール4社の概要

それでは、おすすめのプログラミングスクールを4社挙げていく。

 

TechAcademy (テックアカデミー)

f:id:travewriter:20170730102403p:plain

TechAcademy [テックアカデミー]は完全オンライン型のプログラミングスクールである。僕自身、プログラミング完全未経験のときに受講したのがこのTechAcademyである。

 

TechAcademyの最大の特徴にして最大の使用メリットは、TechAcademyは現役のプロエンジニアがメンターとなり、サポートしてくれる点だ。

 

プログラミング学習で最も重要なことは、それを既に経験している人のサポートを受けながら学ぶことだ。プログラミング学習をしていると、とにかく覚えることや壁にぶつかる機会が多く感じるが、プロのエンジニアのサポートがあれば、いくつもの壁の中から本当に覚えるべき必要なことや、覚える必要のないことを、丁寧に区分けして教えてくれるので無駄がなくなる。

 

僕はTechAcademyを受講する前に独学もしたが、その経験もあり独学の苦しさと、プロから教わるメリットの双方を理解しているので、Techacademyを受けて良かったと心の底から感じている。受講したからこそ誰よりもその良さをわかっているし、感情を抜きにしてもおすすめできる質の高いスクールだ。

 

僕とTechAcademyの関わりは以下の記事にて。プログラミング完全未経験から、わずか30日でTwitterクローンを作成できるまでに至ることができた。Techacademyを実際に受講した元受講生の視点で、外からはわからないTechAcademyならではの特徴はもちろん、実際のレッスンのことや講師のことまでかなり詳しく解説している。

trave-writer.hatenablog.com

 

TECH::CAMP (テックキャンプ)

f:id:travewriter:20170730102423p:plain

TECH::CAMP(テックキャンプ)はオンライン/オフラインの双方でプログラミングレッスンを提供しているプログラミングスクールだ。

 

TECH::CAMPの最大の特徴は、カリキュラム・教材の良さだ。僕自身、TechAcademyを最終的に受講したが、その前に無料体験でTECH::CAMPの受講を受けたことがある。

 

TECH::CAMPで使用する教材は本当によく練られて作られていた。教材の内容は受講者の意見等を反映し、日々アップデートされているので、質はかなり高いと感じた。どんな講師が担当しても質の高い学習ができるよう、教材に力を入れているのがTECH::CAMPの特徴だ。

 

ただし、これは裏を返せば「講師がどんな人でも成立してしまう」ということだ。事実、TECH::CAMPの講師は、TECH::CAMPのプログラムを受講した人がなっているケースも多く、TechAcademyと異なり、残念ながら講師の質が高いとは言えないと個人的には感じた。講師の質が高くない分、質の高い教材で補っているのだ。

 

僕とTECH::CAMPの関わりは以下の記事にて。TechAcademyとの比較という構成で、他のどこのページよりも詳しく両者の違いを解説している。

trave-writer.hatenablog.com

 

WebCamp (ウェブキャンプ)

f:id:travewriter:20170730102440p:plain

ここから2社は僕自身は受講していないが、知り合いの受講者から聞いた情報も交えながら書いていく。

 

WebCampはオーダーメイドのカリキュラムと通い放題を売りにしているプログラミングジム形式のスクールだ。他のスクールと異なる点は「継続できること」にとにかく力を入れている点だ。生徒一人一人に合わせた独自カリキュラムを組む「パーソナルジム」の形式をとっているため、学習を継続しやすいのが特徴である。オンラインではなくオフライン(教室通い型)という点で、TECH::CAMPと同様の位置付けと思って良い。

 

Codecamp (コードキャンプ)

f:id:travewriter:20170730102458p:plain

CodeCampは現役エンジニアからレッスン・サポートを受けられるオンラインプログラミングスクールだ。ヤフー、サイバーエージェントなどの企業出身のエンジニアが、マンツーマンで丁寧にレクチャーしてくれる点は大きな使用メリットである。

TechAcademyと同様、プロのエンジニアからレッスンを受講でき、かつオンラインで全て完結する点が魅力だ。講師の質が良く、知り合いの受講者の満足も高かった。

 

以上の4社がおすすめのプログラミングスクールの概要だ。

 

各プログラミングスクールの比較

さて、ここからは「実際にどこのスクールが良いか?」、各社の特徴をレッスン体系、費用、レッスン時間などの項目で比較しながら検証していく。

 

  TechAcademy TECH:CAMP WebCamp CodeCamp
レッスン形態 完全オンライン型 オンライン型・オフライン型双方あり オンライン型・オフライン型双方あり 完全オンライン型
費用(税別) 129,000円(1ヶ月) 179,000円(2ヶ月)

【オンライン】118,000円(1ヶ月)2ヶ月コースは無し

【オフライン】128,000円(1ヶ月)2ヶ月コースは無し

118,000円(1ヶ月) 198,000円(2ヶ月) 148,000円(1ヶ月/Webマスタースピードコース)
講師 プロエンジニア 卒業生がメイン 卒業生や学生がメイン プロエンジニア
講師とのレッスン時間 15:00-23:00(オンライン 1回30分 7回 1ヶ月/15回 2ヶ月) 平日16:00-22:00 土日祝13:00-19:00(オフライン) 11:00-23:00(オフライン) 7:00-24:00(オンライン 1回40分)
オンラインチャットサポート あり(15〜23時) あり(13〜22時) あり(11〜23時) あり(7〜24時)
コース 20種類近くあり(Webアプリケーションコース、WebデザインコースiPhoneアプリコースなど) 3種類(Webアプリケーションコース、エキスパートコース、VRコース) オーダーメイド 10種類以上(Webマスターコース、Webデザインコースなど)

 

それぞれ長所、短所が存在するので、自分が一番譲れないポイント(費用なのか、受講スタイルなのか、講師なのか)を考え、比較しながら自分にあったスクールを選ぼう。各項目で比較をしていく。

 

レッスン形態の比較

まず、オンライン型が良いのであれば、TechAcademy [テックアカデミー]CodeCampになる。双方とも完全オンライン型のシステムなので、教室に通う必要はない。時間の限られた社会人や遠方に住んでいる方であれば、オンライン型のスクールを選ぶことをおすすめする。

 

一方、対面で受講したい場合は、TECH::CAMP(テックキャンプ)WebCampということになる。双方とも教室を用意しているので、実際に赴き、対面で指導を受けることができる。教室の近くに住んでいて、かつ通うのが億劫でなく、加えて対面で受講することに魅力を感じるなら、オフライン型のスクールを検討にいれてみよう。

 

費用の比較

費用の面で言えば、TECH::CAMPWebCampが最も安く、次にTechAcademy [テックアカデミー]CodeCampと続く。とはいえ、実際費用は各社そこまで差は大きな差はないので、個人的にはその他の項目で判断して選ぶことをおすすめする。

 

講師の比較

プログラミングスクール選びにおいて、講師の質は極めて重要なポイントだ。講師の質で言えば、 TechAcademy [テックアカデミー]CodeCampが良い。双方ともプロエンジニアが講師を務めており、経験に裏打ちされた確かな知見やスキルを、レッスンを通じて教えてくれるからだ。

 

一方、TECH::CAMPWebCampの講師はスクールの卒業生や学生が多い。僕自身、TECH::CAMPの無料体験を受講したが、質問した内容に対し、的を得ていない回答をもらったことが何度かあった。TechAcademyではそのようなことはほとんどなかったので、講師の質は実体験としては結構な差を感じた次第だ。

 

実はこの違いは受講費用の差にも表れている。プロのエンジニアを講師とした方が人件費がかかるため、TechAcademyとCodeCampの方が受講費用は高くついている。僕個人的な私見では、多少費用がかかっても、プロのエンジニアからレッスンを受けることを勧めたい。

 

レッスン時間、サポート対応時間の比較

4社とも幅広い時間で対応してくれるが、ポイントは朝の時間を使えるかということになるだろう。CodeCampは朝7時から対応してくれる点が良い。

 

とはいえ、例えばTechAcademy [テックアカデミー]であれば、朝のうちにカリキュラムを進めておいて、わからない点をチャットで送っておけば、15時以降に回答をくれる。僕自身受講していたときも不便を感じることはなかった。どうしても午前中にやりたいという人以外は、レッスン時間のことはそんなに気にしなくて良いだろう。

 

コース、カリキュラムの比較 

個人的に選べるコースやカリキュラムは重要だと思っている。コースが豊富なのはTechAcademy [テックアカデミー]だ。Techacademyは選べるコースが豊富であり、コース選択を通じて、ピンポイントで伸ばしたいスキルを伸ばすことができる。また、WebCampのオーダーメイドのカリキュラムも魅力がある。特別なこだわりがある方は、各社のコースを比較して検討してみよう。

 

教材はどこもしっかりしているが、前述通りTECH::CAMPのカリキュラムは良かった。ただし、TECH::CAMPの最大の欠点は、受講終了後にカリキュラムにアクセスできなくなる点だ。受講を終えると復習でカリキュラムが見たくなることは多いが、TECH::CAMPはそれが叶わない。僕が受講したTechacademyは受講終了後もカリキュラムにアクセスできるため、長期的なことを考えるとTechacademyに軍配は上がるといえよう。

 

おすすめはTechAcademy (テックアカデミー)

いろいろ比較してきたが、僕自身のおすすめはTechAcademy [テックアカデミー]だ。より早く、より効率的にプログラミングスキルを身につけるなら、プロのエンジニアのサポートを受けられるTechAcademyが最良の選択肢である。

 

僕がTechacademyを推すポイントは4点ある。それぞれ解説していく。

 

ポイント1: 講師の質がとにかく高い

TechAcademy [テックアカデミー]はとにかく講師(メンター)の質が高かった。プロのエンジニアがメンターとしてサポートしてくれる点は、やはりプログラミングを学ぶ上では一番大事なポイントだとつくづく感じる。

 

例えば、僕の周囲ではTechAcademyとTECH::CAMPのどちらかで迷う方が多かったが、この2社を決定的に分かつポイントは講師の質だ。前者はプロのエンジニアであり、後者はスクールの卒業生だ。どちらが良いかは、深く考えずともわかるだろう。もしTechAcademyとTECH::CAMPで悩んでいるなら、両者を細かく比較した以下の記事を参考にして欲しい。

trave-writer.hatenablog.com

 

ポイント2: 選べるコースが豊富

 TechAcademy [テックアカデミー]は他のスクールと比べても、選べるコースが20以上と豊富だ。プログラミングはとてもじゃないが全ての知識を身につけることは不可能だ。であれば、自分が身につけたいスキルをピンポイントで習得したほうが良い。

 

その点、TechAcademyは選択肢が多く、必ずあなたに合ったコースが存在する。特定の学びたい分野(アプリ開発、デザインなど)がある場合は、TechAcademyを受講しよう。もちろん、一般的なプログラミングスキルを総合的に学ぶコース(Webアプリケーションコース)もあるので、初心者でも安心して受講することができる。

 

ポイント3: オンラインで全て完結する

TECH::CAMPとWebCampは基本教室型をメインとしているが、もしあなたが忙しい社会人なら、教室型は避けたほうが良い。僕自身の実体験として、プログラミングスキルはオンライン型で十分に身につけることができる。今はビデオチャットのツールがしっかりしているので、移動時間自体がそもそも無駄だ。

 

その点、TechAcademy(とCodeCampも)は完全オンライン型なので、家でも近所のカフェでも、どこでも受講することができる。忙しい社会人こそ、オンラインで受講しよう。オンラインで全て完結できると実体験を持って理解すれば、その後に待っているリモートワークなどの自由な働き方も容易に受け入れることができるだろう。

 

ポイント4:  費用対効果が一番優れている

この4社の中で、TechAcademy [テックアカデミー]は最も費用対効果が優れていると僕個人は思っている。講師の質、選べるコースの豊富さ、サポート体制などを考慮しても、1ヶ月129,000円から受講できるのは破格といえよう。

 

質の面を考慮すると、この中ではCodeCampが次点で良いと思うが、費用が148,000円とTechAcademyより少し高いため、選ぶならTechAcademyが一番良いということになる。

以上が、僕がTechAcademy [テックアカデミー]を推す4つの理由だ。

 

☆TechAcademy⇨オンラインブートキャンプ無料体験

 

プログラミングスクールを利用し、圧倒的スピードでスキルを習得しよう

 述べてきた通り、プログラミング学習は壁にぶつかることの連続だ。一人で勉強を進めると、壁にぶつかるたびに調べ物をして、大変な労力と時間を消費することになる。

 

そういう無駄な労力と時間を避けるためにも、プログラミングは独学ではなく、スクールで学ぼう。そして、プログラミングスクールに通うなら、個人的には述べてきた通りTechAcademy [テックアカデミー]をおすすめする。

 

  • 最短でプログラミングスキルを習得したい
  • 時間や場所に囚われない、自由な働き方を実現したい
  • 生涯食うに困らない専門性を身につけたい

 

上記のいずれかに当てはまる人は、プログラミングスクールを今すぐ受講することをおすすめする。プログラミングを学ぶことに年齢制限はないが、それでも年齢を重ねるごとに不利にはなっていく。特にあなたか社会人であるなら、残された時間はないと思って行動した方が良い。

 

プログラミングのスキルは、あなたの人生に多くの選択肢を与えてくれる。高給を実現できるし、働き方をデザインして自由な生き方を実現することもできる。

 

個人的なおすすめはTechAcademy [テックアカデミー]だが、各社とも受講に当たって無料体験期間を実施している。気になるスクールが複数ある場合は、それらも無料体験を受けて比較し、納得した上で受講することをおすすめする。今回は以上だ。

 

☆各社の無料体験はこちらから