Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、プログラミングなどを発信中

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

MENU

安いプログラミングスクールはワケあり?価格と質は比例する?【実例付きで解説】


スポンサードリンク

安いプログラミングスクールは避けるべき?【実例と併せて丁寧に解説】

 

  • プログラミングスクールを受けようと思っているんだけど、でもお金に余裕があるわけじゃないから、できるだけ値段は安いところが良いな。でも値段が安いところはそれなりにワケありなんじゃ…。安いプログラミングスクールでも受けて良いのかな?

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、プログラミング独学で挫折を経験。そのあとはプログラミングスクールを受講し、スキルを身につけました。プログラミングスクールを選んだときは、安いスクール含めて複数のスクールを使ったので、安いスクールのレベル感なども実体験を通じて理解しています。

 

 

安いプログラミングスクールでもOKです

結論から言うと、安いプログラミングスクールでも選んでOKです。なぜなら、プログラミングスクールの価格と質は比例しないからです。

 

プログラミングスクールには、安いスクールもあれば高いスクールもあります。普通の感覚だと、安ければ安いなりに質が低かったりしそうなものですが、ことプログラミングスクールについては、値段と質は比例していません。

 

安いスクールでも質が良かった実例(僕が利用したスクールの実話)

実際の例を挙げます。実は僕もプログラミングスクールの中では安い部類のスクールを使って学習しました。僕が最初に受けたスクールはTechAcademyというスクール。こちらは1ヶ月で10万円台前半でした。

 

このTechAcademyですが、当時僕が気になっていた他のスクールと比べても1〜2万円、もっと高いスクールと比べると5〜10万円ほどは安かったです。当時の僕は高いスクールとどちらを受けようか悩んでいましたので、実際に無料体験などを利用してどこが良いか試してみたんですね。

 

いろいろ受けた結果として、講師の質やカリキュラム、その他多くの面で、一番価格が安かったTechAcademyが優れていました。

 

このように、安いスクールの方が高いスクールよりも評判が良いことが、プログラミングスクールは往々にして起こります。ですからプログラミングスクールの場合、価格が安いからと言って、画一的に避けるべきではないです。

 

プログラミングスクールの相場

「そもそもプログラミングスクールの安い、高いがどれくらいかわからないんだけど」と初心者の方は感じると思いますので相場も紹介しますね。今現時点のプログラミングスクールの相場ですが、だいたい次のイメージですね。

 

  • 1ヶ月受講: 10〜15万円
  • 2ヶ月受講: 15〜20万円

 

ざっくりこんな感じです。以前と比べるとスクールの数も急増しましたし、今は価格競争もかなり激しくなってきていますので、だいたいこのレンジに収まるかなと思います。

 

さて、価格と質が比例しないということは、1ヶ月10万円のスクールと、1ヶ月15万円のスクールは、そこまで質は変わらないということです。高いからといって良いわけではないのがミソです。

 

僕の例のように、安いスクールの方でも学びが得られることは往々にしてあるわけです。「高いから良いだろう。だから選ぼう」ではなく、そのスクールの中身をちゃんと見て選ぶとことが必要です。

 

最近はタダで質の高いスクールもある

さらにいえば、最近は安いを通り越し、完全に無料のプログラミングスクールも出てきています。さすがに無料のスクールは避けた方が良いんでしょうか?

 

結論から言うと、無料スクールだからと言って避ける必要は全くありません。むしろ無料スクールでも質が高いスクールがあれば、積極的に選ぶと良いと思っています。

 

ちなみにこの無料スクールという類は、基本的にほとんどは就職支援付きのスクールです。学習だけのスクールには無料のところは僕の知っている限りは一社もありません。

 

以前失敗しないプログラミングスクールの選び方とは?【実際に使ってよかったスクールも紹介】記事でも説明しましたが、就職支援付きのスクールの場合のみ、無料のところがあります。

 

ざっくりですが、プログラミングスクールの費用体系は以下のようなイメージです。

 

  1. 多くのスクール:有料
  2. 一部のスクール:無料 or 全額返金制度など

 

こんなイメージです。大体のスクールは有料です。有料スクールの料金は、大体1ヶ月10〜15万円くらい、2ヶ月15〜20万円くらいが相場です。エンジニアになれば一瞬で元が取れる金額なので、有料でも格安かなと個人的には思います。

 

このような有料のプログラミングスクールは、基本的には就職支援がついていない「学習のみ」のプログラミングスクールに多いです。

 

一方、中には無料スクールだったり、満足しなければ全額返金制度というスクールもあったりします。このような無料スクールは先ほどとは逆で、「学習+就職支援」がセットのプログラミングスクールに多いですね。安く済ませたいなら、学習+就職支援をセットで頼んだ方がお得ということですね。

 

こんな感じです。就職支援付きスクールなら、無料でも受けられるスクールがあるということです。

 

ではなんで「学習+就職支援」がセットのスクールは料金を無料にできるかというと、一言でいうと採用企業側からスクールに報酬が支払われいるからです。

 

最近はエンジニアが不足していまして、特に経験者エンジニアが採用できない企業がものすごく多いです。僕は現在転職支援の仕事もしていまして、日々IT企業の社長や人事担当者とお会いするのですが、本当にどこの企業も採用できずに困っていますよ。

 

経験者が採用できない、でも人手は欲しい。だからこそ、企業はある程度の基礎知識を学んだスクール卒業生を採用し、自社で教育する方針に切り替えているんですね。その卒業生を採用する際に、企業からスクールにお金が支払われる。こういう仕組みになっています。その報酬はだいたい年収の1/3くらいが相場ですね。かなり儲けは大きいです(笑)

 

ですから、スクールとしては受講生からお金を取らずとも、無料でサービスを提供できます。これが就職支援つきスクールの最大の特徴ですね。学習のみを提供するスクールですと、無料はまずできません。

 

安くて良いプログラミングスクールはどこ?ニーズ別で考えてみる

おすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する【受講者が特徴や使用メリットを全てまとめた】の記事でも紹介していますが、基本的には以下の3つから選べばOKです。
 
  • GEEK JOB:無料スクール。オフラインでエンジニア就職/転職までしたい人向け
  • TechAcademyキャリア:無料スクール。オンラインでエンジニア就職/転職までしたい人向け
  • TechAcademy:有料スクール。1ヶ月で129,000円。まずは学習だけしたい人はココ。オンライン型

 

この3つですね。GEEK JOBとTechAcademyキャリアは両方とも就職支援つきでして、無料です。エンジニア就職・転職まで考えているなら、この2つのどちらかを選びましょう。教室に通って勉強したいならGEEK JOBを、オンラインで自宅やカフェから受けたいならTechAcademyキャリアを選ぶと良いです。

 

エンジニア就職/転職学習まではまだ考えておらず、まずは学習だけしてみたいという感じなら、TechAcademyが良いと思います。価格と質のバランスで言えば有料スクールの中でも一番優れていると思います。プログラミングスクールの中でも最大手で定番ですし、オンライン完結で忙しい社会人でも学習しやすいです。最も安心して選べる有料スクールかなと。TechAcademyは7日間のプログラミング無料体験もあるので、まずは無料で試してみて本受講を考えるやり方も全然アリです。

 

まとめ

まとめると、安いプログラミングスクールだからと言ってワケありではなく、逆に高いからと言って良いスクールということでもありません。大事なことは、中身が伴ったスクールを選ぶことが必要です。

 

中身さえ伴っていれば、安ければ安いほどお得に受けられます。安くても良いスクールはたくさんありますし、良いスクールに出会えると良いですね。今回挙げた3校は安い上に質が高いスクールですから、無料ですし、トライしてみましょう。より詳しい詳細はおすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する【受講者が特徴や使用メリットを全てまとめた】でまとめているので参考にどうぞ!

 

  • GEEK JOB:無料スクール。学習〜就職支援がセットになっています。オンライン型
  • TechAcademyキャリア:無料スクール。こちらも学習〜就職がセットです。オンライン型。
  • TechAcademy:有料スクール。1ヶ月で129,000円。就職支援は付いておらず、まずは学習だけしたい人はココ。オンライン型