Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、プログラミングなどを発信中

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

MENU

高卒フリーターでも本当にプログラマーになれるのか?【就職のプロが解説します】


スポンサードリンク

高卒フリーターでもプログラマーになれるのか?【就職のプロが語ります】
 

  • 高卒で今はフリーターなんだけど、いつまでもこのままでいいのかな。最近は将来が不安で仕方ないし、そろそろ安定した職に就いて親のことも安心させたい。調べているとプログラミングを学んでプログラマーになれたらいいと思うけど、でも高卒フリーターだと就職なんて簡単にできないだろうし・・・。

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

  

結論から言いますと、高卒フリーターでもプログラマー就職は可能です。ただし、闇雲になろうとしてもなれないので、高卒フリーターからプログラマーになる現実的なステップを踏むことが大事です。

 

そこで今回は、高卒フリーターでもプログラマー就職できる理由や、取るべき現実的な方法をご紹介します。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、現在就職・転職・キャリア支援の仕事をしています。プログラマーやエンジニアの就職支援もメインでやっておりまして、フリーターの方の就職なども支援しています。また、僕自身も未経験からプログラミングを勉強し、スキルを身につけました。現在は習得したスキルを使ってWeb周りで個人で仕事をして稼いでいる実績もあります。

 

 

高卒フリーターでもプログラマー就職できる理由

 

高卒フリーターでもプログラマー就職できる理由

 

冒頭でお伝えした通り、高卒フリーターでもプログラマー就職できます。 

  

その理由については、以前にフリーターでもプログラミングを学べば"今なら"就職できます【理由と方法を解説】の記事でも以下の通り書いていますが、一言で言うとプログラマーが人手不足だからです。

 

冒頭でも結論を言いましたが、フリーターでもプログラミングを学べば、今ならプログラマーやエンジニアとして就職ができます。理由はシンプルでして、

 

 

この2つが理由です。つまり、プログラマーが不足しているにも関わらず、企業はプログラマーを必要としているので、フリーターの人でもプログラマーになるチャンスがあるということですね。

 

僕のように企業の採用支援をしていると、プログラマー不足は企業の生の声からリアルにわかるものですが、一般の人がプログラマー不足の事実を客観的に知るには、求人倍率のデータをみるとわかるようになっています。

 

以下は、日本にある各職種ごとの求人倍率のデータです。このデータを見ると、プログラマー含むエンジニアの求人倍率は、あらゆる職種の中でも一番高い結果となっています

 

f:id:travewriter:20180424183607p:plain

引用:【転職求人倍率】2018年3月は2.49倍。年度末の3月、大都市圏だけでなく全国各地で転職希望者が増加 |転職ならDODA(デューダ)

 

求人倍率とは、一人当たりに用意されている求人数のことでして、数値が高いほどたくさんの求人があるということです。つまり、フリーターなどの仕事を探す側の人にとっては、倍率が高いほどたくさんの選択肢があるということですね。

 

さてこの内、技術系(IT・通信)がプログラマー含むITエンジニアに当たります。倍率をみると、ITエンジニアの求人倍率8.02倍となっています。一方、全体の平均が2.49倍です。ですから、いかにエンジニアやプログラマーといった技術者がしているかが、数字から事実としておわかりいただけると思います。

 

こんな状況ですから、企業側はプログラマーの確保が追いついていません。例えば僕のお客さんには100名を超える規模の企業がありますが、その会社は昨年1年間採用をやってきて、結果経験者プログラマーが一人も取れなかったです。

 

このような企業は今すごく増えています。経験者があまりに取れないご時世なので、「経験者が取れないなら育てるしかないよね」ということで、プログラミング未経験の初心者を採用し、自社で教育する企業も増えています。

 

こういった採用に苦しんでいる企業がある今だからこそ、フリーターが就職するチャンスがあります。

 

このように、今はプログラマーが足りていないので、未経験のフリーターでもプログラマーを目指せるチャンスがあるということです。  

 

高卒フリーターがプログラマーになる現実的な方法

高卒フリーターからプログラマー就職する現実的な方法

 

じゃあどうやって高卒フリーターからプログラマー就職するのでしょうか?現実的な方法は以下の通りです。

 

  • おすすめでない方法:独学し、転職サイトを使って自分でプログラマー求人に応募する
  • おすすめでない方法:アルバイトとしてIT企業に入り、社員登用を目指す
  • おすすめの方法:就職支援付きのプログラミングスクールを使って直接社員登用を目指す

 

このように、おすすめでない方法と、おすすめの方法があります。それぞれ理由とセットで解説していきますね。

 

おすすめでない方法:独学し、転職サイトを使って自分でプログラマー求人に応募する

まず一つ目は、プログラミングを独学して、その上で自分で転職サイトからプログラマー求人に応募する方法です。ですが、個人的にはおすすめしていません。

 

おすすめしていない理由はシンプルでして、

 

  1. プログラミング独学は挫折しやすいから
  2. そもそもプログラマー求人に自分で応募しても通過する可能性が低いから

 

この2つです。

 

まずは独学について。過去に【結論】プログラミングを学ぶと本当に仕事に困らないのか?【仕事の獲得方法も紹介】 の記事でも書きましたが、独学はとにかく挫折率が高いです。

 

一つ目は独学する方法です。ですが、個人的にはおすすめしていません。

 

なぜかというと、一言で言えば挫折しやすいからです。プログラミングの勉強は初心者にとっては非常に難解でして、特に慣れるまでが大変です。実際、独学で勉強している人の約90%は挫折しているとまで言われているほどです。

 

何を隠そう、僕自身もプログラミングの独学をして挫折したので、一層独学が難しいことは実体験として痛感しています。プログラミングはエラーがとにかくたくさん生じて、その解決だけで物凄く時間を要するんですよね。しかも、プロからすれば10秒で解決できるようなエラーも、初心者だと30分、1時間とかかってしまったり、何かと無駄が多いです。

 

時間のある学生ならまだ良いと思いますが、時間の限られる社会人であれば、独学という選択肢は無いですよ。そういう方は次の選択肢を取った方が無難です。

 

このように、独学するとほとんどの人が挫折をするのが現状ですので、敢えて選ぶ必要はないと思います。挫折してしまったらプログラマー就職も遠のきますし、かけた時間も無駄になります。ですから、独学は避けましょう。

 

また、独学で勉強したとしても、もう一つ最大のハードルがあります。それが就職活動における選考です。自分で転職サイトを使ってプログラマー求人に応募する場合、内定まで行く確率はかなり低いかなと。僕は冒頭の通り就職支援をしていますが、フリーター実務未経験でプログラマー求人に応募し、採用される割合はやっぱり少ないです。もちろん、いないことはないんですが、確率的に難しいです。確率ができるだけ高いやり方を選ぶことが、高卒フリーターの就職では特に大切です。書類選考で落とされてばかりいては、挽回することも難しいですからね。

 

ですから、自分でプログラミングを勉強し、自分でプログラマー求人に応募することはお勧めしません。一言でまとめれば「確率的に難しいから」です。

 

おすすめでない方法:アルバイトとしてIT企業に入り、社員登用を目指す

次の方法が、アルバイトとしてIT企業に入り、そこで社員登用を目指す方法です。これも目指せる方法ですが、個人的にはお勧めしません。なぜなら、社員登用されるか保証がないからです。

 

僕は普段から高卒フリーターの方の就職動機をよく聞いていますが、一番ある答えは「安定した職に就きたい」ということです。

 

  • このままだと将来が不安
  • 経済的に苦しい
  • 親に心配かけているからそろそろ安心させたい

 

こういった悩みがあるから、それを解消するために安定した職に就きたいと言う人が多数です。その視点で考えると、アルバイトとして入ったとしても、すぐに安定した仕事につけるわけではありません。下積みが1年で済むのか、あるいは2、3年とかかるのか、それともそれ以上かかっても登用されないのか、それは今の段階では読めません。要は、不確実ということです。

 

ですから、もし安定した職に就きたいなら、他の方法を選ぶ必要があります。そして、実際にほかにもっと良い方法があります。それこそが次の方法です。

 

おすすめの方法:就職支援付きのプログラミングスクールを使って直接社員登用を目指す

その方法とは、就職支援付きのプログラミングスクールに通い、直接社員登用を目指す方法です。これが一番おすすめです。

 

この方法のメリットを挙げると次の通りです。

 

  • プロからプログラミングを学べるので最短でスキル習得できる
  • 社員として最短1ヶ月でプログラマー就職できる
  • その上学習〜就職までの費用は"完全無料"。お金がなくても問題ない

 

就職支援付きのプログラミングスクールというのは、プログラミング学習と、プログラマー就職がセットになったスクールです。高卒フリーターでIT未経験でも、イチからプログラミングを学んだ上で、就職まで実現することができます。

 

特筆点は、学習〜就職まで無料という点です。全てのスクールではありませんが、今は完全無料でこのようなサービスを受けられるスクールが存在します。そういったスクールを使えば、お金がなくてもプログラミングをプロから教わり、プログラマーとして就職することができます。

 

僕もプログラミングスクールを使いましたが、実際に高卒フリーターからIT企業にエンジニアとして就職できた人は僕の知っている限りでもたくさんいますよ。こういったスクールはプログラミング未経験の初心者が受講者の大半でして、学歴や経歴不問、どんな人でもプログラマーを目指せる現実的な場所です。

 

だいたいフリーターの人は「いや、自分なんて無理だ」と言いますが、本当に今ならなれますので。前述通り今はエンジニアやプログラマー不足ですので、それが味方しています。ですから、もしプログラマーとして就職したいなら、今のチャンスを逃さないことです。

 

高卒フリーターの人におすすめのスクール

フリーター プログラミング 

 

では実際に高卒フリーターの人がどこのスクールを選べばいいかというと、おすすめはGEEK JOBです。GEEK JOBはフリーターがプログラマーやを目指すのに一番適しているスクールです。特徴をまとめると以下の通りですね。

 

  • プログラミング学習と就職支援がセット
  • 全てのサービスを無料で受けることができる
  • 20代フリーターや第二新卒がメイン受講者
  • 未経験からの就職決定率が95.1%、そのうち71.6%の人はパソコンにすら触ったことがない人
  • 現役のプログラマーから実践で使えるスキルを学べる
  • 最短1ヶ月でプログラマーになれる

 

こんな感じです。非の打ち所がないような内容です。ただし、GEEK JOBには受講条件がありまして、

 

  1. 関東在住
  2. 30歳未満

 

この2つが条件です。これに当てはまらない人は、残念ながらGEEK JOBを現時点では受けることはできません。

 

当てはまる人はGEEK JOBを選べばOKです。詳しくは、GEEK JOBは半日のプログラミング体験会・説明会をやっていますから、まずはそこに参加してみましょう。目指せる企業の情報などを、あなたの経歴を見た上で教えてくれます。

 

半日体験・説明会の内容については【実際どう?】GEEK JOB(ギークジョブ)社会人転職コースの評判や実態まとめの記事で詳しくレビューしていますので参考としてどうぞ。

 

30歳以上や関東在住外の人はどうすればいい?

前述通り、GEEK JOBは30歳未満の関東在住者が対象です。じゃあこれに当てはまらない方はどこのスクールが良いのかというと、

 

  • 30歳未満で、関東在住でない人:TechAcademyキャリア(無料)
  • 30歳以上で、関東在住の人  :TECH::EXPERT(有料。満足できなければ全額返金保証あり)
  • 30歳以上で、関東在住でない人::TECH::EXPERT(同上)

 

これでOKです。TechAcademyキャリアは就職支援付きスクールでして、GEEK JOBとの違いはオンラインである点です。パソコンとネットさえあれば受講できるので、関東在住でなくても受講できます。

 

TechAcademyキャリアなら、3週間のプログラミング学習+就職支援で、フリーターからでもプログラマーを目指せます。しかもTechAcademyキャリアGEEK JOB同様、完全無料です。ただし、未経験だと20代限定です。

 

TECH::EXPERTであれば、30代でも受講可能です。しかもオフライン型、オンライン型の両方対応しているので、関東在住でない人も受講できます。ただし、TECH::EXPERTは有料です。転職できなければ受講費用全額返金がありますので、就職までできれば無料です。

 

GEEK JOBが受けられないなら、次点はTechAcademyキャリア、最後はTECH::EXPERTという順序で良いと思います。TECH::EXPERTだけは受講に当たって選考もあるので少しハードルは高めです。

 

高卒フリーターでもプログラマーになれる

高卒 フリーター プログラマー

 

ここまで述べてきた通り、高卒フリーターでもプログラマー就職することはできます。

 

ただし、それは現在のようにプログラマーやエンジニア不足が続いている状況があってこそです。一度景気が変わり、企業が人件費を抑える方向に進めば、プログラマー就職するための門は狭まります。その時、真っ先に道が閉じてしまうのは、残念ながら就職経験がないフリーターの方です。まずはそこから道が閉ざされます。

 

ですから、もし少しでもプログラマー就職を検討しているなら、今このタイミングを絶対に逃さないで欲しいと思います。今なら高卒フリーターでもプログラマー就職をして、安定した仕事につけるからです。

 

プログラミングを学んで就職し、実際に実務経験を数年積めば、独立してフリーランスになることも目指せます。フリーランスになれば20代で年収1,000万円を実現している人もいるくらいですから、年収1,000万円はいきなり難しいとしても、日本人の平均給与くらいの安定収入は十分目指せます。

 

しかも、プログラマーやエンジニアは働き方も多様化していますから、週3勤務やリモートワークなど、プライベートを充実させる働き方も選べます。こういった待遇や働き方は、フリーターから一般的に目指せる飲食店スタッフやドライバー、倉庫スタッフや現場作業員といった職種では難しいです。

 

ですから繰り返しますが、このチャンスは絶対に逃さないで欲しいなと。ぜひチャンスを自分の手で掴み取って欲しいなと思います。

 

行動さえ起こせば、すぐ手に届くところにその未来はあります。あとは行動するかしないか、本当にそれだけの差なんです。

 

  • GEEK JOB(無料):フリーター就職の第一候補。プログラミング学習と就職支援がセットで無料。
  • TechAcademyキャリア(無料):オンラインで受けたい20代の人向け。3週間のプログラミング学習+就職支援がセットで無料
  • TECH::EXPERT:30代以上の人向け。満足できなければ全額返金保証あり