Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、仮想通貨、プログラミングなどを発信中

MENU

【PHPでできること】Webサービスを作りたい人におすすめです【初心者向け】


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20180324091506p:plain

  • おすすめのプログラミング言語が知りたいなぁ。PHPがおすすめらしいんだけど、PHPってどんな言語なんだろう。PHPのメリット、デメリット、できることできないことなど、全体像を知ってPHPを勉強するか判断したい。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、もともと営業職出身でプログラミング未経験でした。HTMLやCSSもわからない状態の超初心者でしたが、プログラミングスクールを使って勉強をしてスキルを習得しました。いまは本業の傍ら、プログラミングのスキルを使ってWebサービスやサイトを作って副業して稼いでいます。

 

このように、プログラミング完全初心者の状態からスキルを身につけたので、当時の僕が疑問に思っていたことも含めて、本記事では丁寧にPHPについて解説していきます。

 

 

PHPとは?

PHPは一言でいうと、Web開発で頻繁に使われているスクリプト言語です。より具体的にいうと、動的なWebページを作ることができる言語です。

 

動的というのは、例えばブログの新規記事でイメージするとわかりやすいと思います。通常、Webサイトを作るためにはHTMLとCSSがメインになりますが、この2つだと動的なサイトを作ることができません。

 

ブログなどで新規記事をアップすると、通常一番上に新規記事が来て、過去のものは下にずれていきますよね。こういう動的な動きを作るために、PHPが必要となります。

 

PHPはどんな場面で使われているの?

PHPが使われている場面は以下のような場面です。

 

 

WebサービスやWebアプリを作るためにPHPは使われています

 

このWebサービスやWebアプリというのは、SafariChromeなどのブラウザでインターネットを介して使えるサービスやアプリを指します。代表的なものはショッピングサイトやSNSなどです。こういったWebサービスを作るときに頻繁に使われているのがPHPです。

 

PHPは難しい?簡単?

PHPは比較的簡単な言語と言われていて、初心者向けの言語です。

 

PHPとよく比較される言語にJavaがあります。Javaは求人数が最も多い言語で、世の中的にも必要とされている主流な言語ですが、唯一の欠点は難易度が高いことです。Javaを使いこなすには高度な知識が必要であり、基本を学ぶにしてもハードルが高めです。

 

一方のPHPは、構文がとてもシンプルに作られていて、初心者でも理解しやすい言語です。実際に未経験の多くの人が短期間でPHPを身につけているので、初心者が勉強するならおすすめの言語です。

 

PHPでできることやメリット

PHPでできることや学ぶメリットを解説します。

 

案件数がJavaに次いで2位のため、仕事に困らない

まずは、案件数が非常に多く、スキルを身につければ仕事に困らない点です。

 

以下はプログラミング言語別のフリーランスエンジニア向け業務委託案件のデータですが、最も多い言語はJavaで、2位にPHPが入っています。全体の19.3%、約1/5がPHPの案件になっています。

 

f:id:travewriter:20180305131701p:plain

 

このことからわかると思いますが、PHPを習得すると、その後の仕事に困りません。なぜなら需要が高いからです。

 

プログラミングを学ぶなら、この視点が非常に大事です。その言語は需要があるのか、習得した後に仕事があるのか、これを確認していないと、せっかく言語を身につけても仕事がないなんて状態になってしまいます。

 

その点、PHPなら安心です。多くの企業がPHPのエンジニアを欲していますし、案件数も上記の通り全言語の中で2位です。間違いのない言語です。

 

個人で受託開発がしやすい

もう一つは、PHPは個人で受託開発がしやすいことです。

 

PHPの案件は、Webサイト制作やWebアプリ制作でよく利用されます。そういった案件はランサーズなどのクラウドソーシングでも扱いが多いので、個人でも案件を受託して開発ができるんですね。

 

例えば以下は クラウドソーシングランサーズのWeb制作の案件ページですが、PHPを使った案件が個人向けに出ています。真ん中の案件もPHPでできるもので、10〜20万円の報酬設定になっています。

 

f:id:travewriter:20180324083531p:plain

 

ランサーズは比較的報酬が低めに設定されていますが、実務経験を積めばレバテックフリーランス などのエンジニア向けエージェントで、もっと高単価の案件を受注することもできます。そちらであればWebアプリケーション開発で月収50万円や月収80万円などの案件がいくつもあります。

 

PHPでできないことやデメリット

一方、PHPでできないことやデメリットも解説します。

 

ほぼWebしか使えない

Webサービスを作れるというのがPHPのメリットでしたが、一方でほぼWeb系でしか使えないというのはデメリットとも言えます。例えばAndroidのアプリをPHPで作ろうと思っても作ることはできません。このように、Web系以外のものが作れないというのは、PHPのデメリットです。

 

ですから、何を作りたいのか、それを考えて、Web系のものを作りたいならPHPで良いと思いますし、そうでないなら他の言語も選択肢として考える必要があります。

 

実行速度が遅い

Javaなどと比較し、実行速度が遅いのもPHPのデメリットです。

 

ですが最近は高速化も進んでいるので、そこまで気にしなくても良いと思います。 

 

PHPを習得する方法

初心者がPHPを習得するためには大きく2つの方法があります。

 

  1. 本などを使って独学する 
  2. プログラミングスクールに通う

 

独学かスクールという選択肢ですが、個人的には2のスクール一択だと思います。

 

独学をおすすめできない3つの理由

理由は3つあります。まず一つ目は、独学だと変な癖がつくからです。スポーツに例えるとわかりやすいと思いますが、スポーツはフォームが大事です。最初に正しいフォームを学ぶことで、その後の伸びが変わってきます。

 

プログラミングも似ています。最初に正しい考え方や基礎を学ぶことで、その後の学習の吸収力も変わってきます。ですから特に初期段階は、我流ではなく、スクールに通ってプロから教わることをおすすめしています。

 

二つ目は、独学だと挫折するケースがほとんどだからです。プログラミング学習はエラーやわからないことが頻繁に出てきます。独学の場合、その都度ネットや本を調べて原因を特定する必要があります。この調べる労力や負担が多くかかるのが、プログラミング学習です。

 

プログラミングにまだ慣れていない初期段階にエラーに何度もぶつかると、ほとんどの人は挫折してしまいます。実際、プログラミングを独学で学んだ人の90%近くは挫折しているとまで言われています。それほどプログラミングの独学は難しいということです。ですからスクールを使うことをおすすめしています。

 

最後三つ目は、独学だと無駄に時間を消費しすぎるからです。前述通り、プログラミング学習はエラーの連続です。このエラーの対処法を調べるのに、1時間や2時間、長いと半日以上かかることもしばしばです。

 

そして問題なのは、簡単なエラーでもこれだけの時間を消費する可能性があるということです。簡単なエラーを多くの時間を使って解消しても、あなたの身になるものは少ないです。本来プロに教われば10秒でわかることも、独学だと1時間、2時間かかることもしばしばです。貴重な時間は、貴重な内容に使った方が絶対に良いです。ですからスクールを使って無駄な時間を節約することをおすすめしています。

 

PHPを習得するためにおすすめのプログラミングスクール

PHPを習得するためにおすすめのプログラミングスクールはTechAcademyです。最近プログラミングスクールの数も増えていて、その中には良いスクールもあれば良くないスクールもあります。その点TechAcademyは良いスクールで、かつ初心者向きなのでおすすめしています。

 

TechAcademyはオンライン完結型のスクールなので、PCとネット環境さえあれば自宅でも受講可能です。PHP/LaravelコースというPHPを学ぶコースもあるので、PHPに特化して学ぶことができるのも嬉しいところです。受講期間は最短1ヶ月ですので、1ヶ月でスキルを身につけることができますよ。

 

ちなみにTechAcademyは僕も受講しましたので、質も保証できます。気になる価格や学習効果はTechAcademy(テックアカデミー)のブートキャンプを受講した感想【爆速でプログラミングを習得するために】でまとめているので受講の参考にしてみてください。なお、TechAcademyは今なら7日間の無料体験も受けられるので、実際に手で触れてみるのが一番早いと思います。百聞は一見にしかずです。

>>こちらからタダでプログラミング体験できます。TechAcademy公式サイトへ

 

まとめ

PHPWebサービスを作りたい初心者におすすめの言語です。

 

いま、エンジニアは圧倒的に人手不足で、どこの企業も血眼になってエンジニア確保を急いでいます。そんな状況ですから、初心者で毛が多少生えたほどの新米の人でも、プログラミングスクールを使えば最短数ヶ月でエンジニアとして就職することができています

 

プログラミングを身につけてフリーランスエンジニアになれば、年収1,000万円やリモートワーク、月収50万円で週3勤務など、お金も時間もたくさんある働き方を実現することができます。 

 

ですから、もしあなたに実現したい未来があり、そのためにプログラミングが役立つなら、チャレンジしてほしいなと思います。

 

PHPは個人でも仕事を受託しやすい言語です。Webサービスは今後も重宝されていくので将来性も高いです。そんな未来のある言語「PHP」を今こそ学んでみませんか?