読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

《海外個人旅行の節約術や旅のコツ》世界30ヶ国を旅して学んだ"旅のTIPS"

旅行

スポンサードリンク

f:id:travewriter:20161223084116j:plain

 これまでアジア、ヨーロッパ、北米やアフリカなど、かれこれ30ヶ国以上を旅してきた。そこで今回は、今まで世界中を旅してきた経験から、「海外個人旅行の節約術や旅のコツ」をまとめた。友達や家族との海外旅行や一人旅にも使える、海外個人旅行のTIPSを余すことなく挙げていく。

海外個人旅行「節約編」

ここでは海外旅行の節約術を挙げていく。
海外旅行というと一昔前まではお金持ちだけの娯楽であった。それがいまは普通の人でも海外旅行に行けるほど旅行コストは下がっている。とはいえ、現代人の多くは同時に収入も下がっており、"安く"海外旅行に行くことを求めている人は多い。

航空券を格安で予約する

f:id:travewriter:20161223101858j:plain

... servus Bayern! | mhobl | Flickr

海外旅行で節約すべき最重要項目、それは航空券代だ。なぜか?それは海外旅行の費用に占める割合が最も高いのが通常、航空券代だからだ。旅行に限らず、節約の基本は費用の大きいものからである。

海外旅行において最も高くつく航空券を楽に安く予約したいときはスカイスキャナーを使う方法が一番良い。スカイスキャナーは各航空会社のフライト情報を一括検索できる航空券予約サイトである。スカイスキャナーを使うメリットは次の4つだ。

スカイスキャナーを使う4つのメリット
  1. エアライン、旅行会社ごとのフライトが簡単に一括検索できる
  2. 検索フィルターの種類が豊富
  3. 快適な操作性
  4. LCCも含めた"最安値"のフライトを表示してくれる

安い航空券を探すためにいろいろなサイトを使ったことがあるが、いずれの時もスカイスキャナーの検索結果が安く、かつ使いやすかった。航空券を安く手間なく取りたいなら、スカイスキャナー1つを用いていれば十分である。

 

LCCのキャンペーンチケットを狙う

LCCにはキャンペーンチケットがあるのを知っているだろうか?これはLCCが新規就航の路線を作ったときなどに現れる、時間限定の超超超格安チケットだ。ただでさえ格安なLCCの料金から更に半額以下、時には数百円にまで値段が下がる場合もあるこのキャンペーン、旅人であれば確実に抑えておきたいキャンペーンである。LCCのキャンペーンを漏れなく活用する3つのステップを下記に記す。

LCC格安キャンペーンチケット確保の3ステップ
  1. LCCの会員登録を済ませておく=いつキャンペーンが登場するかわからないため
  2. 希望日程を複数準備しておく =時間限定のキャンペーン中、第一希望が叶わなかった際に即座に代替日程で再応募するため
  3. 高速ブロードバンド回線+ハイスペックPCでキャンペーン申し込み対応=1秒の差でチケットが取れないことがある。それを防ぎ、確実にチケットを確保するためにPCの動作スピードは死活問題だ。

航空券代を安くできれば、その分現地でやりたいことにお金を使うこともできる。航空券を安く買うための努力は海外旅行の費用を節約する上で最も重要なことなので渋らないことが大切だ。

  

ホテルを格安で予約する

f:id:travewriter:20161223104725j:plain

Hotel Des Indes. | nl.wikipedia.org/wiki/Hotel_Des_Indes | Elvin | Flickr

航空券の次に節約できる項目は現地での宿泊費だ。海外ホテルを予約するサイトは多数あるが、値段、使いやすさ、運営会社の信頼等を考慮するとExpediaBooking.comAgodaの3つがやはり良い。特にExpediaは最安値を謳っており、宿泊費を安くしたいならまず使うべき予約サイトである。気に入ったホテルをこの3つのサイトで検索し、最も安いところで予約するのが、シンプルかつ効率的なホテルの予約方法である。

 

民泊ならカウチサーフィンとAirbnbがおすすめ

f:id:travewriter:20161223110123j:plain

Family jump | Hannah, Paige, Sara, Austin, Jesse, Dad, Me, M… | Flickr

普通の旅が飽きたなら、現地の家に民泊してみるのも面白い選択だ。それならカウチサーフィンAirbnbで宿泊先を確保してみよう。

カウチサーフィンの魅力

カウチサーフィンは無料で旅行者を泊めてくれる人を探すウェブサイトである。既に世界で200万人以上のユーザーが登録しており、世界中で大ヒットしているサービスだ。

カウチサーフィンの魅力は何といっても2つ。「無料」である点と「現地の人と交流できる」点だ。宿泊費を抑えることは旅行者のほとんどの願望である。その願望を見事に叶える"無料"というシステムに加え、海外旅行の醍醐味である現地の人と出会うことまでできるカウチサーフィン。

留意点は、コミュニケーションはほとんどが英語である点だ。ただ、これは語学勉強者にとっては非常にポジティブなことであり、勉強してきたことのアウトプットの場になる。旅行が好きで、英語の勉強もしたい人にとって、一番ベストな選択肢がカウチサーフィンだ。

ネイティブレベルの英語を"最短かつ効率的"に習得する勉強法をまとめた - Travewriter

Airbnbの魅力

Airbnbは日本でも有名な民泊サービスだが、日本以上に世界ではAirbnbは流行している。両方使った感覚としてはカウチサーフィンの方が少しハードルが高く、Airbnbの方が低いという感じだ。語学に自信がないのであれば、まずAirbnbを使って海外民泊を経験してみると良い。多くの場合素晴らしい思い出になるはずだ。

カウチサーフィンと同様、語学をかじっている人であれば英語の勉強にもなるし、現地の知り合いや友達ができる。更に民泊というだけあって宿泊費も通常のホテルに比べて安い。旅行の費用を安く抑え、かつ現地の人と触れ合いが欲しいならAirbnbで民泊の選択肢は多いにアリである。

 

海外での支払いはクレジットカードが基本

海外でのお金の支払いはクレジットカードを使おう。日本と異なり、多くの国では例え少額であってもクレジットカードを使う文化がある。普通に両替するよりもレートもよく手間も少ない、最もベストな方法だ。どうしても現金が必要な場合は、現地のATMでクレジットカードのキャッシング機能を使おう。こちらも通常に両替をするより一般的にレートが良い。

参考までに、僕個人が海外旅行において使っていたクレジットカードは楽天プレミアムカードだ。楽天プレミアムカードを使っていて良かった点は次の通りである。

楽天プレミアムカードが海外旅行でおすすめな理由
  1. VISAを選択することで、アメリカやヨーロッパ等のメジャー国から、メキシコ、エジプトなどのマイナー国まで問題なく使うことができる。
  2. 充実内容の海外旅行傷害保険が付帯されていて、万一の時が起きても安心。
  3. 海外主要空港のラウンジを無料で使うことができる。

 

国際デビットカードもおすすめ

クレジットカードでも良いが、最近クレジットカードはそのクレジット会社独自の引き出し手数料を設けている企業が増えている。そこでおすすめなのが国際デビットカードだ。デビットカードはクレジットカードと異なり、引き出しを行うと即時に銀行口座から現金が引かれる仕組みのカードである。

海外利用時はデビットカードの方がクレジットカードより高く付くケースが多いと言われているが、前述したクレジットカード会社独自の手数料を考慮すると、デビットカードの方がお得な場合も多い。また、デビットカードはクレジットカードの審査が通りにくいフリーランスや自営業の方でも簡単に作れるので、その点でもおすすめできる。

 

 

海外個人旅行「知っておくと便利な旅のコツやテクニック編」

ここでは海外旅行を快適にするために、知っておくと便利な旅のコツやテクニック、必ず持っていくべきいくつかの必須グッズを挙げていく。 

アプリ「Tripit」で超快適な旅を送る

Tripitというアプリを知っているだろうか?Tripitはメールで受信した飛行機やホテルの各予約情報を自動で読み込み、旅のスケジュールを作成してくれるアプリである。

仕組みとしては、まず自分でホテルやフライト、レンタカーの予約を行う。予約後に自分のアドレス宛にメールで送付されるブッキング情報をTripitが自動で取り込み、それぞれのスケジュールを反映したページを作成してくれるのだ。

フライト情報を取り込めばフライト時間やチェックインの時間を表示してくれ、ホテルの情報を取り込めばチェックイン時間や行き方を示してくれる。その前後に予定があるなら移動時間等も全て計算して表示してくれる超優れものだ。

Tripitの凄いところは何と言っても全自動で情報を取り込んでくれる点にある。全て自動なので僕たちは何も入力する必要がないのだ。Tripitを旅で使い始めてから、次の目的地へ向かうために何時にここを出発するとか、時間はどれくらいかかるとか、そういう煩雑なことを全くする必要がなくなり、旅のストレス要因が解消されたように感じる。

一つ注意点として、Tripitは英語で受信した予約情報のみを取り込むことができるので、英語でBooking情報をもらうようにしよう。"英語を学ぶ本当のメリット"を5つお話しするの記事で詳しく話したが、英語を身につけると旅はグッと面白く、そして快適になるのだ。

 

移動はUBERを使用する

Uber

Uber

  • Uber Technologies, Inc.
  • 旅行
  • 無料

 海外旅行の移動でタクシーを利用する人は多いだろう。ただその一方、タクシー絡みのトラブルが高い頻度で起きているのも事実だ。それを回避する方法の1つがUBERだ。

UBERはアメリカの企業Uber Technologiesが運営する「タクシー配車サービス」だ。つまり、タクシーを簡単に呼べて利用できるサービスである。現在世界70ヶ国450都市以上で展開されているサービスであり、日本でこそあまり活用されていないが世界的な知名度は高い。UBERを利用するメリットは次の通りだ。

UBERを使うメリット
  1. アプリのボタン一つでタクシーを呼ぶことができる。
  2. ドライバーと利用者がお互いを評価し合う「相互評価制度」があり、予約をする際にドライバーの評価を確認できる。アプリでタクシーを呼ぶ際に評価の高いドライバーを選ぶことで、質の高いタクシーサービスを受けることができる。
  3. 走行距離や時間から費用が自動計算され、かつ走行ルートもデータに残りUBER社が管理できるので、海外タクシーでありがちなぼったくりを回避できる
  4. 登録したクレジットカードから自動で運賃の引き落としがされるので、現金の持参が不要

実際旅をしている中で、国によってはUBERを使用した方が一般的なタクシーの値段と比べて安いケースもあった。特にアフリカの新興国などは半額程の運賃になるケースも多々あった。そういった国にはぼったくりの流しタクシーが基本多いため、UBERを使った方が安全かつ安いというメリットがある。

 

電池切れを防ぐ最強の充電器「cheero Power Plus 3」を持参する

f:id:travewriter:20161223095208j:plain

海外旅行中にスマホなどモバイルの電池切れを防ぐ必須アイテム、それが最強の充電器cheero Power Plus 3だ。

まず、海外旅行の持ち物の基本は”少ないほどベター”ということだ。持ち物が少なければ少ないほど、現地で身軽に行動することができるのことは容易に想像できるだろう。
持ち物を少なくする最大のコツがある。それは「モバイル」を最大限活用することだ。現代はモバイルさえあれば旅の大抵のことはまかなえる。スマホタブレットを使えば航空券、ホテル、レンタカーなどの予約管理から、電子書籍のガイドブックなど、あらゆる情報を入れて使うことができる。裏を返せば、モバイルが使えなくなるとかなり痛い。

海外旅行を快適に過ごすためにはスマホを駆使することは必須であり、電池切れは死活問題である。cheero Power Plus 3が優れている点は何といってもその充電力にある。これ一つでiPhone 6Sを5回フル充電が可能であり、旅行時の外出中に電気切れで困ることは一切なくなる。

もともとコンパクトな手のひらサイズでかさばらないが、更にコンパクトさを求めるならcheero Power Plus 3のmini版である cheero Power Plus 3 miniも存在する。iPhone 6Sで2.5回のフル充電が可能であり、こちらも十分な充電力を兼ね備える。

 

全世界共通で使えるプラグ「サスケ」を持参する

f:id:travewriter:20161223095121j:plain

海外用の変換プラグも海外旅行の必須アイテムの一つである。変換プラグには数多くの種類が存在するが、僕自身使っていたのは全世界共通で使える超万能プラグのサスケだ。

通常、複数の国を周遊するならそれぞれの国のプラグを確認して用意する必要があるが、サスケさえ持っていればその必要は一切なくなる。海外でプラグが使えず、モバイル難民となることは避けなければいけない。

たとえ周遊をしなくても、海外旅行好きで定期的に行くのであれば持っておいた方が確実に良い。

 

スマホの設定を気をつける

海外旅行初心者が気をつけるべき点、それはスマホの設定である。何も知らず日本と同じように海外でスマホを使うと、莫大な請求が来て大きなショックと損失を受けることになる。

それを回避する設定はいたって簡単だ。「モバイルデータ通信をOFF」に設定しよう。それだけで高額請求は来なくなる。その状態のまま現地のWifiや持参した海外用Wifiを使うことで、高額請求を避け、安心してスマホを使うことができる。

 

長期の海外旅行なら現地で携帯を買うのも一つの手段

もし長期で海外旅行をするなら、現地で携帯電話を買ってしまうのも一つの方法だ。日本では携帯電話は一般的に契約ベースだが、実は日本以外のほとんどの国は契約不要で、いつでも誰でも買えばすぐに使えるプリペイド式携帯が圧倒的に多いのである。

携帯電話とは、携帯電話本体とSIMカードの2つによって構成される。日本にある携帯電話本体はSIMロックという機能が予め設けられており、契約を行った特定の電話会社のネットワークしか用いることができないようになっている。一方、世界中で販売されている大半の携帯電話はSIMフリー携帯であり、SIMフリー携帯を購入した上で現地に売っているSIMカードを買うことで、携帯を問題なく使うことができる。つまり、SIMフリー携帯を買っておけば、世界中どこにいっても現地のSIMカードを買うだけで、現地の電話会社の回線を使用することができるのだ。

肝心の費用は各国によって異なるが、2000円くらいでショートメール・通話が可能である。利便性がありストレスなく携帯を使うことができるので、長期で旅行をするなら良い選択肢と言えるだろう。

 

本当に美味しい店は現地の人に聞くとわかる

f:id:travewriter:20161223103508j:plain

restaurant | Jannik Nitz | Flickr

旅の大きな醍醐味の一つはグルメだ。せっかく旅行にいくならば美味しいグルメを堪能したいところ。観光ブックやネットの口コミで美味しいお店を探していくのも良いが、個人的なおすすめは「現地の人に美味しい店を聞く方法」である。

その街で評判が高い本当に美味しい店を誰よりも知っているのは、紛れもなくその地に暮らす人々である。彼らは普通旅人が行かないような穴場の店を知っていることも多く、それらは普通に観光本やネット口コミを見ていては見つからない店だ。

更に言えば、日本の観光本に載っているレストランというのは、実際現地でそこまで評判は高くないケースが多々ある。「日本の本ではそんなところおすすめしてるの?もっと良いところたくさんあるよ!」と現地の人は言うのだ。海外の英語サイトの情報と日本の情報を照らし合わせてみれば、その評価の差に愕然とするだろう。

 

現地の人とのコミュニケーションがハードルが高い場合

もし英語が堪能でなく、現地の人とのコミュニケーションが難しい場合、次のどちらかで情報を収集すると良い。

  1. Yelpで地元人向け情報をリサーチする
  2. 地元に人のブログをチェックしてみる
1. Yelpで地元人向け情報をリサーチする 
Yelp

Yelp

  • Yelp
  • 旅行
  • 無料

 Yelpは、その土地のローカルレストランなどの最新情報をチェックできるレビューサイトだ。1ヶ月当たりのユニークユーザーが1億人を超える超巨大サービスであり、多くの"活きた情報"をチェックすることができるのが特徴だ。Yelpはレストランに限らず、美容院や病院、公園などのレストラン以外の情報も掲載されており、旅行で調べたい大抵のことは載っている。地元の人に向けた記事も多数あり、ガイドブックには載っていないような情報も見つけることができる。

2. 地元の人のブログをチェックしてみる

よりディープな情報を知りたいなら、現地に住んでいる人のブログをチェックしてみよう。地元民のブログはまさに"ディープな情報"の宝庫であり、ガイドブックに載っていないようなお店と出会うこともしばしばある。現在はGoogle翻訳が発達してきているので、英語が苦手でも翻訳機能を使うことで大体のことは理解できる。

 

ガイドブックは電子書籍

ガイドブックは電子書籍で準備していこう。今どきガイドブックを本で持っていくのはナンセンスだ。嵩張るし重いし良いことはほとんどない。一方、電子書籍であればスマホタブレット1台で閲覧可能であり、何冊も入れることができる。

その他、旅の気分を高める旅本を入れておくのも良い。飛行機内や移動中、本の中にいる旅人と自分を重ね、様々な想いを馳せるのも楽しい時間だ。

読むと今すぐ旅に出たくなる、おすすめ"旅本"7冊を紹介 - Travewriter

 

どうしても困ったときは大使館へ

パスポートを無くすなど、旅で本当に困ったことがあるなら現地の日本大使館へ助けを求めよう。大使館は旅行者向けのサポートも行っており、本当に困ったときに助けになってくれる貴重な存在だ。快適な旅の基本は「リスク管理」だ。あらかじめ大使館の連絡先は控えておこう。

 

関連記事:快適な旅を実現する"海外旅行のおすすめ持ち物"たち【チェックリスト付き】