Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、プログラミングなどを発信中

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

MENU

レバテックフリーランスの実情について、実際の利用者の体験談を含めて紹介する


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170910110809j:plain

 

  • レバテックフリーランスって実際どうなのかな?良い案件を紹介してもらえるなら使いたいんだけど・・。

 

今回はフリーランスエンジニア向けのエージェントであるレバテックフリーランスについて、このような疑問に応えていきたい。

 

結論から言ってしまうと、レバテックフリーランスは、フリーランスエンジニアの方、そして将来的にフリーランスに少しでもなってみたい方は、必ず登録しておくべきだ。なぜかというと、利用しておくメリットが非常に多く、逆に登録していないと損することが多いからだ。詳しくは後ほど紹介するが、

 

  • 高単価案件が多い=高収入が目指せる
  • フリーランスになった際の想定収入が事前にわかってしまう=独立計画が立てやすい
  • 無料で利用できる=リスクが一切ない

 

これらが主なメリットだ。レバテックフリーランスなら高収入を目指せて、独立計画も立てられ、しかも全部無料でできる。

 

僕はプログラミングスクールでプログラミングを身につけ、現在は会社員の副業という形式で、プログラミングスキルを使って収入を得ている。また、転職支援などキャリア関係の仕事をしているため、転職や独立を考えている人、そしてそういった転職や独立サービスを展開している企業と関わることが多い。

 

ちょうど先日、レバテックフリーランスを使って独立されたエンジニアの方3名と話す機会があった。今回は独立された方の体験談も聞けたということで、レバテックフリーランスの実態について、どこよりも詳しく話していければと思っている。 

 

5分だけ、時間を取って読み進めて見て欲しい。現在フリーランスエンジニアの方だけでなく、いつかはフリーランスを目指したいと思っている方にとって、レバテックフリーランスは人生を変えるきっかけになるだろう。

 

▼今すぐ無料で登録したい方はこちら!無料で独立後の想定年収もチェックできます⇩

公式サイトはこちら>>レバテックフリーランス

 

  

エンジニアの独立意識に関しての独自調査結果 

僕は仕事柄、エンジニアの方と接する機会が多いのだが、その実体験での感覚値として、最近独立を考えているエンジニアの数は凄く増えているように思う。

 

ただ一方で、「さあ独立をしよう!」と思っても、なかなかその一歩を踏み出せない人は多い。実際に行動まで移すことができず、頭の中で考えては悩み、毎日のように会社に出勤する無限ループから出れない人も多いと思う。

 

じゃあ一体、何が彼らを引き止めているのだろうか?

 

気になった僕は、最近仕事で30人近くのエンジニアの方と関わる機会があったので、その方々に「エンジニアの独立」に関して独自で調査をしてみた。調査で挙がった回答は次の通りだ。

 

  • 独立をして食べていけるか不安
  • 営業とかやったことないので仕事を取れる自信がない
  • 独立してやっていけるだけのスキルがないと思う 

 

この3つが大半を占めた。要は、独立したときに"不確実な部分"が多いから、独立に対して不安を感じているということだ

 

この回答自体に僕は納得したし、共感した。普通、会社員が起業、独立を考えるとき、最も大きな不安は"不確実なこと"で、それはエンジニアの独立にも当てはまると考えていたからだ。

 

では、じゃあもしも、

 

  • 独立して問題なくご飯を食べていけて、
  • 営業不要で仕事も簡単に受注できて、
  • 高いスキルを必要とせずに独立してやっていけるなら、

 

あなたはどうするだろうか?「独立しても良さそうだな」と思うんじゃないだろうか?

 

実は今回紹介するレバテックフリーランスなら、そういう独立を目指すことができるのだ。

 

レバテックフリーランスについて

f:id:travewriter:20180816233317j:plain

 

そんなレバテックフリーランスについて、まずはその概要を簡単に説明していく。

 

高単価の案件が多い

レバテックフリーランスには高単価の案件がとにかく多い。

 

現在、レバテックフリーランスに登録しているフリーランスエンジニアの平均年収はなんと年収801万円だ。もちろん、技術習得度によって金額は変わってくるが、一般の会社員エンジニアの年収が概ね400万円台であることを踏まえると、その差は約2倍にもなる

 

会社員で年収800万円を目指すことを考えてみたら、それはもう10年以上といった長い期間働く必要がまず出てくる。しかもその長期間、熾烈な出世競争を勝ち抜く必要もある。わかると思うが、これはすごく大変なことだ。

 

でも、一方のフリーランスエンジニアであれば、独立した時点で年収が大幅にUPする。10年といわず、独立後たったの1,2年でも、年収800万円は達成できるのがフリーランスエンジニアなんだ。

 

その証拠に、レバテックフリーランスを運営しているレバレジーズ株式会社が出した公式レポートを見てみよう。こちらによると、2015年4月〜2016年3月末において、フリーランスエンジニアの67%の契約単価が月60万円以上となっている。

 

一般の会社員は月20万円台の給料で仕事をしているのに対して、フリーランスエンジニアがいかに高収入であるかは容易に想像はできると思う。フリーランスエンジニアって、ものすごくコスパが高い仕事ということなんだ。

 

マージン比率が低い

レバテックフリーランスはマージン比率が低い。このマージン比率とは、エージェントが受け取る仲介費用のことだ。

 

通常、レバテックフリーランスのような仲介エージェントを利用するときには、仕事に対するマージン、すなわち手数料がエージェントに持っていかれる。

 

そして、その比率は各エージェント毎に異なるものだが、レバテックフリーランスのマージン率は業界の中ではかなり低い部類に属する。つまり、結果として、手数料のコストが安い分、あなたへの手残り収入が増えるのだ。

 

加えて、レバテックフリーランス保有する案件は、そのうち90%以上が直請け案件となっている。

 

普通、仲介企業が多くなればなるほど、最終的に求職者が手にする手残りは減る。レバテックフリーランスでは、求職者、企業の間に入るのがレバテックフリーランスだけのため、あなたが手にする手残り収入は多くなる。この仕組みが、前述した高単価案件を可能にするのだ。

 

支払いサイトが短い

レバテックフリーランスは支払いサイトが短い。

 

レバテックフリーランスの支払いサイトは、月末締め翌月15日払いの15日サイト。これは、業界内でも最短クラスの支払いサイトだ。

 

独立したフリーランスには「資金繰り」という問題が常に付きまとうことになる。会社員のように、毎月何日に、一定の給料が払われるという仕組みではないから。

 

そのため、現金を手元に残すということは、フリーランスであれば絶対に意識しておかなければいけないことである。そしてそのためには、「働いたお金を、すぐに現金として受け取る必要がある」ということだ。

 

レバテックフリーランスでは、その月に稼いだお金を、翌月の15日に受け取ることができる。この支払いサイトの短さは、世のサラリーマンの平均よりも早い。

 

フリーランスは財務を健全にしておくことが必要だ。その点、支払いサイトの短いレバテックフリーランスからの収入を入れておくと、財務の健全性がグッと高まる。

 

そういう意味で、フリーランスエンジニアは、レバテックフリーランスの案件は特にチェックしておいたほうが良いと思っている。

 

フォロー体制の質が高い

レバテックフリーランスのフォロー体制は質が高い。これは、他のエージェントと比較しても高い。

 

レバテックフリーランスでは案件の提案や相談はもちろんのこと、企業との面談事前アドバイスや、企業との顔合わせ同行までしてくれる。さらには、契約書作成関係も全部請け持ってくれる。

 

案件探しってなかなか大変なもの。その点、レバテックフリーランスは煩わしい手続きや交渉ごとは基本全部やってくれるので、めんどくさがり屋の方は非常に助かると思う。ここまで親身に相談に乗ってくれるエージェントはなかなか存在しないので、それだけでも利用価値はあると僕は思う。 

 

▼今すぐ無料で登録したい方はこちら!無料で独立後の想定年収もチェックできます⇩

公式サイトはこちら>>レバテックフリーランス

 

レバテックフリーランスの案件紹介までの流れ

レバテックフリーランスの魅力は少しでも伝わっただろうか?

 

次はレバテックフリーランスを実際に登録して使っていく流れも紹介する。

 

案件紹介までの流れ

独立後の案件紹介や面談まで受けたいとき、実際の流れは次の通りだ。

 

  1. Webでの会員登録
  2. スキルシートの送付
  3. エージェントとの面談
  4. 案件紹介

 

まずは今までの経験やスキルをエージェントに伝えることから始めよう。そして面談を実施する。その結果を踏まえ、エージェントがあなたにあった案件を紹介してくれる。こういう流れだ。

 

1から4まででは、大体1週間もあればできる。手間もそんなにかからない。そんな簡単にできるのに、年収2倍、3倍の大幅UPも夢ではなく現実的だ。もちろん伸びる額はスキル次第だが、前述したフリーランスエンジニアの平均年収を見ても、ほとんど多くの人は短期間で高年収を目指すことができる。

 

Webで完結する案件提案サービスは絶対利用すべき

さて、冒頭でお話しした、独立を考えているエンジニアが抱えている不安の正体は次のものだと思う。

 

  • 独立をして食べていけるか不安
  • 営業とかやったことないので仕事を取れる自信がない
  • 独立してやっていけるだけのスキルがないと思う

 

これらは独立に当たって不安に感じることだと思うが、実はこの不安を、独立する前の段階で取り除けるサービスがレバテックフリーランスにはある

 

それが「事前の案件提案サービス」だ。

 

f:id:travewriter:20180816233331j:plain

 

この「事前の案件提案サービス」を使うと、もし仮に独立した場合に、「どんな仕事が自分にはあって」「どれくらいの収入を毎月得ることができるか」 を、実際に独立する前に調べることができるのだ。

 

普通独立をしようと思うと、独立後に仕事自体があるのか、それはどんな仕事なのか、そして毎月どれくらいの収入があるのか、これらは不確実なもの。

 

その点レバテックフリーランスを使えば、独立する前にこれらが全部わかってしまう

 

今までは、少しでも独立後の見通しをよくしようと、独立をする前に人脈を作っておいたり、食い扶持を作ってことが独立には必要不可欠だった。

 

でも、もうそれが不要なんだ。人脈もツテも必要ない。独立に当たってやるべきことはただ一つ、レバテックフリーランスに聞くこと。それだけだ。

 

レバテックフリーランスは案件を紹介してくれるエージェントがいる。なので、もちろんあなたが営業をする必要もない。めんどくさい手続きも全部エージェントがやってくれ、想定収入や仕事まで全部事前に紹介してくれる。

 

これだけ至れり尽くせりなのに、レバテックフリーランスの利用料は完全無料なんだ。リスクすらない。もはや試してみない理由が見つからないと僕は思う。

 

ちなみにレバテックフリーランスの事前の案件提案サービスは以下の流れで利用できる。

 

  1. 会員登録
  2. 診断
  3. メールにて結果送付

 

登録は簡単かつすぐにできる。レバテックフリーランスの公式サイトから詳細を確認して実施することができるので、独立するしないに関わらず、必ず登録は済ませておこう。登録さえしておけば、良い案件も定期的に入ってくるので、いざ行動しようと思ったときにスムーズに仕事を始めることができる。

 

▼今すぐ無料で登録したい方はこちら!無料で独立後の想定年収もチェックできます⇩

公式サイトはこちら>>レバテックフリーランス

 

気になったことを利用者に聞いてみた

さて、今回はレバテックフリーランスを実際に利用した人と話したことがきっかけで書いている。実際にレバテックフリーランスを使って独立を果たした彼らに、気になったことを全部ぶつけてみた。

 

Q: 求人の質は実際どうでしたか?

A: レバテックフリーランスの求人の質は高かったです。有名な企業も紹介を受けたし、実際に収入も上がりました。

 

なんでレバテックフリーランスの求人の質は高いかというと、実は理由があります。

 

それは、レバテックフリーランスの担当者が、年間3000回以上もの回数を、取引先の現場に足を運んでミーティングやヒアリングを行っているからなんですよね。

 

現場の細かい部分にまでエージェントが深く入りこんでいるからこそ、企業の実態はもちろんのこと、どんな能力を持っている人材を企業が欲しているかについて、彼らは正確に知り尽くしているんですよね。

 

Q: 求人の地域はどこがメインですか?

A: レバテックフリーランスの案件は東京が中心です。最近では大阪にも進出していますね。

 

基本的には関東圏在住の方が利用すると良いと思っています。ただ、大阪もこれから規模を拡大していくと思うので、そちらの方も要チェックだとは思いますね。

 

Q: 在宅勤務案件はありましたか?

A: 僕の際は在宅勤務の案件は紹介がなかったです。周りの人もそうでしたね。

 

ただ、これからは在宅案件も増えていくんじゃないでしょうか?時代的にもそっちの流れですし。

 

そういう案件を希望している方も多いと思うので、まず登録だけは済ませておいて、いざ在宅案件が出たときにすぐに応募できるよう準備をしておくと良いと個人的には思います。

 

Q: 週2日、週3日などの案件はありましたか?

A: 週2日、週3日の稼働でOKの案件も中にはありましたね。

 

もちろん、稼働日数が少ない分収入は下がりますが、こちらは副業みたいな形でジョインすることができれば面白そうですよね。案件を通じてスキル磨きもできるし、対価としての収入も入る。

 

実際に個人として仕事をして収入を得る経験を積めば、独立する自信も自然と湧いてくると思いますね。

 

独立を考えているならレバテックフリーランス

ここまで説明してきたように、独立を考えているエンジニアにとってレバテックフリーランスはあなたの世界を広げてくれる存在だ。

 

なんと言っても、 これだけ至れり尽くせりで、利用料は完全無料。1円もかからない。

 

  • もし仮に自分が独立したら、どんな仕事があるか?
  • もし仮に自分が独立したら、どれだけの収入が得られるか?
  • もし仮に自分が独立したら、どんな生活が実現できるのか?

 

こういうことが、実際に独立する前にわかってしまう。それがレバテックフリーランスだ。

 

  • 今の会社でこの先5年、10年働き、上がるかどうかもわからない地位や年収に賭けてみるか、
  • それともたった数日で自分が手にする仕事や高年収を知り、より確実性の高い道を目指すか。

 

全てはあなたの行動次第。フリーランスエンジニアなら、年収1,000万円週3,4勤務で年収800万円リモートワークなどの働き方も選べる。

 

もし少しでもフリーランスエンジニアの生き方が気になるなら、まずは独立後の案件や想定年収がわかる事前の案件提案サービスだけでも受けてみよう。独立後に得られそうな収入を覗いてみるだけでも、きっと独立後のイメージもつくと思う。

 

とはいえ、ここまで言ってもだいたい行動する人は10%くらいだと思う。実際ほとんどの人は行動しない。でもこれは裏を返せば、行動さえすれば、上位10%に入ることができるということ。

 

だからまずは行動しよう。登録は無料ですぐにできるので、独立するしないに関わらず、今すぐに登録だけは済ませておくと良い。今日やらないことは明日も99%やらない。明日もやらなければ一生やらない。人生を変えるための行動が、日々の些細なめんどくささに負けていたら、人生は一生変わらないものなんだ。

 

▼今すぐ無料で登録したい方はこちら!無料で独立後の想定年収もチェックできます⇩

公式サイトはこちら>>レバテックフリーランス