Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

「人と話したくない人」が、「人と話さなくて良い仕事」を紹介していく


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170728161246j:plain

「人と話したくない」と悩んでいる人は想像多い。僕自身は違うが、僕の周囲にも「人と関わらない仕事がしたい」と漏らしている友人は一定の割合で存在する。毎日営業活動に疲れている人、社内の人間関係に疲れている人、要因は様々だ。人と一緒にいるだけでストレスを感じる人も存在する。そういう人にとって、「人と関わらない仕事」というのは、それだけでも大きな価値を感じる仕事だろう。

そこで今回は、「人と話したくない人が、人と話さなくて良い仕事」を紹介していく。

  • 仕事の人間関係に疲れた人
  • 人と極力関わらず生きていきたい人
  • 一人でできる仕事がしたい人

これらに当てはまる方は、今回の記事を参考にして欲しい。

企業に属するか、個人で仕事をするか

まず初めに考えなくてはならないことは、「企業に属しながら人との関わりを避ける」か、「いっそのこと企業に属さず個人で仕事をするか」だ。

前者の場合、企業に属する以上、社内や社外の人と関わる可能性は少なからず存在する。ただ、中にはほとんど人と関わらなくて良い仕事も存在する。なので、「ゼロとは言えないが、人と関わる機会が極力少ない仕事」をチョイスすることがキーとなる。

後者の場合、他者とほとんど関わらずに一人で完結する仕事も存在する。今回紹介する仕事もそういった部類の仕事だ。とはいえ、仕事という「社会への価値を生み出す行為」を行う以上、長期的に100%他者と関わりがない仕事は存在しないことを認識しておいたほうが良い。

 

人と話したくない人が、人と話さなくて良い仕事 (企業に属する場合)

さて、まずは前者の「企業に属する」ケースで、人と話さなくて良い仕事を紹介する。

ビル清掃員、警備員、工場のライン作業、長距離トラックの運転者などの仕事に転職する

前述通り、企業に属している以上は、人と話す機会をゼロにすることは難しい。その上で、「極力人と話す機会が少ない仕事」を選ぶとすれば次の通りだ。

  • 夜勤の仕事
  • ビルの清掃員
  • 警備員
  • 工場のライン作業 
  • 長距離トラックの運転者

どれも人と関わることが少なく、一人でできる仕事だ。この中でのおすすめは「夜勤の仕事」だ。夜勤であれば必然的に関わる人は少なくなるし、深夜給で給料が良い場合も多い。夜勤の警備員や、夜勤のトラック運転手などは最良の組み合わせだろう。マーケットの市況感を考えると、夜勤の仕事やトラックの運転手は慢性的に人手不足なので、仕事は見つかりやすいだろう。

関連記事:転職のタイミングを悩んでいるなら、今行動しないと損する4つの理由 

 

人と話したくない人が、人と話さなくて良い仕事 (企業に属さず、個人で仕事をする場合)

次に、企業に属さず、個人で仕事をする場合の仕事を紹介していく。

ブログ運営をする

人と話すことなく収入を得られる仕事の代表的なものといえばブログ運営だ。ブログ運営はPC1台あればどこでも一人でできる仕事であり、人と関わることなく収入を得ることができる。

ブログ運営の収入源は、広告をクリックされた際に生じるGoogle Adsenceなどの広告収入や、アフィリエイトプログラムを通じてブログ内で商品を紹介することで得られるアフィリエイト収入だ。

ブログ運営は最初こそ稼ぐことは難しいが、半年〜1年ほど続ければ結構良い額(生計を立てられる程度)を稼ぐことができる。さらに、収入の上限が高く、月100万以上稼ぐ人も一定数存在するマーケットのため可能性は大きい。

ブログ運営をするには、まずブログを作ることから始めよう。初心者ならはてなブログが良い。はてなブログは集客力が強く、トラフィックが稼げないブログ運営初期でも、比較的多くの人に読んでもらえ、モチベーションが継続しやすいからだ。すでに中級者以上の方なら、自由なカスタマイズができるWordpressでブログを作ろう。なお、このブログもはてなブログで作っている。 

trave-writer.hatenablog.com

  

転売をする

転売も、人と話すことなくできる仕事の一つだ。オンライン上で物を仕入れ、オンライン上で物を売る。これだけで生計をたてている人が実際に多く存在する。

転売というと難しそうな響きがあるかもしれないが、実は転売は非常に稼ぎやすいビジネスモデルだ。転売のビジネスモデルは「安く買い、高く売る」という極めてシンプルなもので、売れているもの、もしくは売れそうなものがあれば、それを安く仕入れることができる場所を見つけ、実際に仕入れて売るだけだ。

転売のメリットは、サービスや物をゼロから生み出す必要がないが故に、どんな人でもできるという点にある。誰でも時間をかけてリサーチし、売り方を工夫すれば、収入を得ることができるということだ。

転売のおすすめは「輸入転売」だ。海外から物を仕入れ、国内で販売することを輸入転売と呼ぶ。日本では高いが、海外では安く仕入れられるものは無数に存在する。 例えば、中国で作られたアパレル品を、日本で売れば比較的売れる。もちろん、売る際には魅せ方も重要となるが、日本で人気の商品をリサーチし、安く作っている中国や東南アジアから仕入れて売るだけでも、生活できるくらいは稼げる。

 

株式投資・FXをする

もしあなたがまとまった資金を持っているなら、株式投資やFXも、人と話すことなくできる仕事となる。

株式投資やFXをメインに生計をたてている個人のことを個人投資家という。個人投資家になり生計を立てるためには、投資の原理原則を学ぶことはもちろんだが、まとまった資金 (最低1,000万円以上、妥当で3,000万円〜5,000万円) が必要となる。5,000万円元手があれば、年利5%で運用できれば年収250万円を享受することができる。(計算が細かくなるので複利は考慮していない)

とはいえ、投資を始めるなら少ない資金 (100万円程度)の段階から、少しずつ始めることをおすすめする。実際にまとまった資金が貯まったところでスタートしても、やり方がわからなければ、せっかく貯めたお金をドブに捨てることになりかねないからだ。まずはファイナンシャルリテラシーを身につけるための勉強と小さな行動から起こそう。

trave-writer.hatenablog.com

 

クラウドソーシングでのリモートワーク (プログラマー、デザイナー、ライター)する

人と話すことが苦手な人にとって、在宅やリモートワークでの仕事はうってつけだ。嬉しいことに、現代はクラウドソーシングというプラットフォームがあるおかげで、個人でも簡単に収入を得ることができるようになっている。クラウドソーシングにはプログラマー、デザイナー、ライターなどの仕事が存在する。

始めやすいのはライター

この中で、最も始めやすいのはライターの仕事だ。ライターの仕事の中には、初心者でもできるような仕事(ブログ記事の執筆、アンケート回答など)が含まれている。完全な初心者であれば、まずはライターの仕事を経験しながら、ライター実績を積んでいくのが良い。もちろん最初は簡単な仕事しかできないので単価は安いが、得意な分野を作り徐々に単価は上げていくことができる。単価が上がっていけば、生計を立てられるくらいは稼げるようになる。

 

高給を目指すならプログラマー

「人と話したくない + 高収入」の両立を望むなら、プログラマーがこそ最良の選択肢だ。"プログラミングを学ぶ3つの必要性"と"プログラミングでできる3つのコト" で述べたが、現代はプログラマーの売り手市場だ。プログラミングスキルを身につければ、人と話すことなく、かつ高収入を実現することができる

さらにいえば、たとえあなたが営業職で全くのプログラミング未経験であっても、プログラミングスクールを使うことにより、短期間で必要なスキルを身につけることができる

最短でプログラミングスキルを身につけるなら、オンラインプログラミングスクールのTechAcademy [テックアカデミー]を受講することをおすすめする。僕自身、もともとプログラミングスキルは皆無だったが、TechAcademyを受講したことで、たったの30日間でTwitterクローンを作ることができるようになった。詳しくは以下の記事で取り上げているので、「人と話さなくて良い仕事 x 高給」を実現したい人は読んでみてほしい。

trave-writer.hatenablog.com

 

 

人と話したくないなら、いっそのこと人と話さなくて良い仕事に就こう

人と話したくないというのは、その人の性格によることなので、自分の心に嘘をつかず、自分が自然体でいれる仕事を選ぼう。今回述べてきた通り、人と話さなくて良い仕事はたくさんあるからだ。

もしあなたが企業に属しながら人と関わらないで済む仕事に就きたいなら、仕事のプロであるリクルートエージェントに一度相談をしてみよう。実のところ、「人と関わりたくない」という理由で転職を考える人はかなり多いのが実態なので、そういう方の相談にいつものっているリクルートエージェントに相談することは、ネットで情報を探すよりも、あなたの希望を実現するのに一番近道となるだろう。

一方、もしあなたが企業に属することなく、個人で仕事をしていきたいなら、今回挙げた方法のうち、いずれかの行動を今日から始めよう。ブログ運営なら今日からでも始めることができる。

 

最後に、もし仮に僕が人と話さない仕事を選ぶ立場だったら、「プログラミングを学びながら、ブログ運営をする」だろう。プログラミングスキルはこの先を生き抜く専門性となる上に、ブログ運営はやり方次第で他のスモールビジネスにスケールしていくこともできる。つまり、人と話さないという願望を叶える上に、将来性の選択肢や可能性が広がるのだ

 

たとえあなたが文系出身の営業マンで完全未経験でも、早ければ1年以内に月の収入で50万円を超えることができる分野が、プログラミングとブログの分野だ。人と話したくない仕事を探している人は、プログラミング+ブログというコスパの高い生き方を真剣に考えてみてはいかがだろうか。

trave-writer.hatenablog.com