Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

JACリクルートメントを使って転職活動をし、某外資系大手から内定をもらった話


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170806153316j:plain

僕は今年転職活動を行い転職したのだが、その時にいくつかの転職エージェントを使った。その中の一つがJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)という転職エージェントだった。

なので、今回は転職エージェントの比較検討用として、僕自身がJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を使って転職活動をした時の話をしていく。正直運が強かったと思うが、某大手外資系企業からも内定をいただくことができたので、どんな求人が紹介されるかについても僕の実体験からお話ししていきたい。

  • 転職活動を考えているが、どこの転職エージェントを使ったら良いかわからない
  • 「英語」「海外」「外資系」「ハイクラス転職」といった求人に興味がある
  • 転職活動の実態やうまくいくコツを知りたい

こういった方には有益な情報をお伝えできると思っている。

JACリクルートメントに登録した経緯

僕はもともと大手企業に新卒で入っており、そこでしばらく働いていた。その企業では海外赴任なども経験させてもらい満足していたが、新しいチャレンジと夢のため、転職活動を始めた。そこで利用した転職エージェントの一つが、JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)だった。

 

JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)はイギリス系の外資系転職エージェントだ。外資系エージェントという特性もあり、「外資系」「英語」「海外」などの求人を多く扱っているエージェントだ。もともとの僕の経歴とも相関性があったたため、真っ先に登録した転職エージェントだ。

以下の記事でも取り上げている。

 

trave-writer.hatenablog.com

 

JACリクルートメントで転職活動した結果

JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)で転職活動をした結果としては次の通りだ。

  • 紹介してもらった求人数⇨10社
  • 選考に進んだ企業⇨3社
  • 内定をもらった企業⇨1社

 

結果としては上記の通りだ。エージェントから紹介してもらった求人は10社、その内3社で選考に進み、外資系大手1社で内定をもらうことができた。選考に進んだもう2社は他の選考とバッティングしてしまったため選考辞退という形をとった。最終的にはJAC Recruitmentではない他のエージェント経由で決まった企業と悩んだ末、そちらの企業に入社を決めたが、結果としては上記の通りだ。

 

紹介してもらった求人について

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)で紹介してもらった求人について説明する。社名を出してしまうのはNGなので簡単にグルーピングだけ紹介するが、外資系企業が3社、日系企業が7社で、日系企業の内、5社が海外関連のビジネスを展開していた企業だ。

 

僕自身がもともと海外や英語に強みがあったことを考慮して紹介いただいたこともあるが、JAC Recruitmentはやはり「外資系」「海外」「英語」といった求人を持っていることを実体験として知ることができた。しかもその中には、僕自身ではまずいけないだろうと思っていた外資系企業の求人も存在した。そこから最終的に内定をもらうことができたわけだが、JAC Recruitmentならではのコネクションや立ち回り、情報戦で内定を取ることができたのだと思う。ちなみに僕はリクルートエージェントにも登録をしていたが、そちらにはない求人もこちらにはあった。

 

ハイクラス転職を実現したい人にとって、JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は登録すべき転職エージェントと言えるだろう。

 

エージェントの対応に関して

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)のエージェントの対応で、その他の転職エージェントとはっきり異なる点があったのでお話しすると、JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)は「あなたが受かる可能性のない求人は一切紹介しない」という点だ。ここは、他の転職エージェントとスタンスが完全に違っていたので、JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)の特徴だと思う。

 

まず、一般的な転職エージェントは、比較的選考が厳しそうな案件も紹介求人に入れてくることが多い。「とりあえず紹介しておこう」というスタンスだ。一方、JAC Recruitmentは「とりあえず紹介しておこう」というスタンスが一切なく、「この人の経歴、スキルであれば、この求人ならいける可能性が高いだろう」と見越して求人を紹介いただくことが多かった。

 

その結果だからかもしれないが、JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)では書類選考段階で落ちるということがなかった。これは僕の周囲でJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を使った転職者にも似た傾向が見られたので、事前応募段階からかなり絞り込んで求人を紹介してもらえてるのだと思う。

 

なので、使い勝手に関しては、賛否両論が分かれそうな印象を持った。それは、経歴やスキルはしっかりとしていれば最高の求人を紹介してくれるのに対し、それらが弱い人には対応がドライになる点が否めないからだ。あの感じだと、「こういう求人を受けたい」と願望を伝えても、実績が伴っていなければ相手にされないだろう。

 

こんな人はJACリクルートメントに登録すべき

前述通り、JAC Recruitmentは賛否両論が分かれる転職エージェントだと思う。ある人には全然合わないだろうし、その一方で別の人にはめちゃめちゃ合うエージェントだ。僕の場合は後者だったが、体感値として、JAC Recruitmentを使うべき人は次のような方だろう。

  • どんな企業であれ、今まで仕事で実績を残してきた人
  • 英語能力や海外経験がある人
  • 有名企業や大手出身の人

 

今まで仕事を通じて優秀な実績を残してきた方、英語や海外に精通している方、もしくは新卒で有名企業に入り転職市場で使える会社ブランドがある方、これらのいずれか一つでも当てはまる方は、JAC Recruitmentを使えば満足のいく転職活動ができるだろう。

 

一方、今まであまり実績を残してこなかった方や、英語・海外経験がない人、全く名の知れていない中小企業の全てに当てはまる方は、少し難しいかもしれない。登録し紹介を依頼することはできるが、実際に案件紹介があまり進まない可能性も否めない。

 

とはいえ、転職エージェントの利用自体は無料なので、とりあえず登録してみて、どんな求人が紹介してもらえそうか確認するだけでも良いと思う。JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は良質な求人を揃えているので、1%でもチャンスがあるなら、そのチャンスを掴みに行動は起こしておいた方が良い。

 

JACリクルートメントの口コミ、評判

ここまで僕自身の実体験を元に、JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)の特徴を述べてきた。より客観的な判断をするため、JAC Recruitmentの口コミや評判も合わせて紹介する。

 

迅速な対応、案件数は多くないけれども質は悪くないと思います。

クチコミ投稿者 :30代、社内ITさん

Q:JACリクルートメントに登録したきっかけは何でしたか?
A:非公開求人の発掘のため

Q:キャリアコンサルタントの対応やアドバイスはいかがでしたか?
A:特に参考になるアドバイスは無かった。

Q:求人の紹介は納得のいくものでしたか?
A:業界ごとに担当が分かれており、各担当から直接案件の紹介がある。
  長期的に案件紹介が継続される点が非常に心強い。
  案件の質は悪くないが、量的にはさほど多くない。

Q:面接対策、職務経歴書添削などのサポートはいかがでしたか?
A:特にサポートは無かった。

Q:スピーディな対応で迅速に動いてくれましたか?
A:迅速な対応だったと思う

JAC Recruitmentの特徴として、業界ごとに担当者が分かれるという面がある。業界ごとに担当がいるということは、その業界に長けた方が担当するということなので、その点はJAC Recruitmentの利用メリットの一つになっていると思う。(総合エージェントの中には、自分の希望する業界に全く精通していないエージェントもいるので)

さて、次の口コミへ進もう。

 

営業も兼務しているコンサルの方で、求人の深くを知り、人事ともコネクションがあり面談の後押しをしてくれました

投稿者:RG 営業さん

転職エージェントを複数社使って転職をしました。その中の1つがJACリクルートメントで、先輩からオススメの転職エージェントって聞いて登録をしました。

担当してくれた転職エージェントの方は、クライアントへの営業窓口も行っているとの事で求人に関する知識の深さを感じました。大手どころは分業制で、求人票にある情報+ちょろちょろって感じの情報だけしかくれませんが、JACリクルートメントの場合には担当の人事と直接やりとりしているので、本当に深い情報を提供してくれます。

さらに、人事へのネゴもしっかりと取ってくれておりましたし、面談後にアピール不足だった部分をカバーする電話を人事に入れてくれて、面談OKへと導いてくれました。

私の場合はたまたま求人を担当する方が転職エージェントとして付いてくれたので良かったのかと思っていましたが、後々聞いたら最初の経歴書を送った段階でJACのコンサルチームで合うエージェントをチョイスしていたとの事でした。

それを内定後に聞いて、とても用意周到な素晴らしい会社だなと感じました。

リクルートエージェントなどの一般的な大手の転職エージェントは、求職者をサポートするキャリアアドバイザーと、企業側に営業を行うリクルーティングアドバイザーをそれぞれ分業でやることが一般的だ。

 

一方、JAC Recruitmentは、このキャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの双方の役目を一人で担っているため、企業からの生の声や深い情報が得られたりする。上記の方もそのメリットを感じているが、人が介するビジネスが故に、エージェントの担当者次第で優先的に面接に進めたり、そういうことは頻繁に起こるのが転職市場だ。

 

その点、企業側、求職者側の双方を一人が担当するJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は、融通が利く場面も必然的に多くなるのだろう。

 

JACリクルートメントの登録方法

情報がいろいろとわかった時点で、JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)のHPにアクセスしよう。右上の「転職サポートへ申し込む」をクリックしよう。

 

f:id:travewriter:20170806144956p:plain

 

すると、以下のように基本情報や職務経歴を書く画面に移る。数分で入力を終わらせると登録完了だ。

 

f:id:travewriter:20170806145132p:plain

 

登録を完了すると、JAC Recruitmentのエージェントから連絡が来るので、希望の仕事条件、待遇などを伝えることで、求人の紹介をしてもらえる。全体的な内定までの流れは以下の図の通りだ。

 

f:id:travewriter:20170806145545p:plain

 

以上が登録や全体の流れだ。

 

JACリクルートメントを使って転職しよう

今は転職をするのに非常にチャンスな時期だ。求人数がひたすら右肩上がりに増えている一方で、人口減などの要因でライバルとなる求職者の数は減っている。新卒採用や中途採用に失敗する大手企業も増えており、そういう企業は第二新卒やベテラン社員の採用にも血眼になって取り組んでいる。

 

今の会社に不満を感じていたり、転職に少しでも興味がある場合は、まず転職エージェントに登録して、自分の入れそうな企業をエージェントに聞いてみよう。極端な売り手市場の時代なので、「こんな有名企業に私が入れる可能性があるの??」と僕と同じように驚く方も多く出てくるだろう。

 

その中でも「海外」「英語」「外資系」「ハイクラス転職」といったことに興味があるなら、早速、JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)のHPから無料登録を済ませ、自分に入社の可能性がある優良企業を知ろう。

 

「年収がもっと高ければ・・」と悩んでいる人は、実は年収100万円UPが期待できる企業に今なら入れるかもしれない。それを知らずに時間を消費し、タイミングを逃してしまうことほど勿体無いことはないと個人的には思うので。


少なくとも、「実はこんな企業に入って、今とは違うこんな生活を自分でも実現できるんだ!」というその可能性は、実際に転職をせずとも数分で登録さえすれば、今すぐにでも無料で覗くことができますよ。