Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、プログラミングなどを発信中

MENU

初心者でも「ほったらかし投資」ができるおすすめの方法を紹介


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20180301193454j:plain

 

忙しい社会人であれば、「ほったらかしで投資をして、運用益が出たら良いなぁ」と思ったことが一度や二度はあるんじゃないでしょうか?

 

実は僕もそうでした。僕は会社員として働きながら、個人でブログメディア運営などの副業もしています。そのため、投資にかけられる時間がほとんどなかったんですね。ですから、できるだけほったらかしで投資ができたらと思っていました。

 

もともと投資は5年以上やっているため基本知識はあったのですが、完全ほったらかし投資は実践したことがありませんでした。ですので、自分でもできそうなほったらかし投資方法を徹底的に調べて研究しました。

 

そこで今回は、僕自身が様々な投資法を調べ、そして実践して行き着いた「ほったからし投資」について、具体的な方法も含めてご紹介していきたいと思います。

 

  • 仕事が忙しいから、ほったらかしでできる投資先を探している
  • 手間をかけずにそこそこの利益が欲しい
  • 知識は少ないから初心者でも始めやすい投資商品が知りたい

 

もしあなたが一つでも当てはまっているなら、今回の記事を読むことで、良い投資先と投資方法が見つかると思いますよ。 

 

 

ほったらかし投資って実際できるの?

まず、「ほったらかし投資って、実際できるの?」と感じる人が多いと思います。なぜなら、僕も初めはそう思っていたからです。

 

「ほったらかし投資なんてできないんじゃないか?」「たとえできたとしても、そんなのは一部の人だけしか手に入れられない情報が必要なんじゃないか?」と、そんな疑いを僕は持っていました。

 

そんな疑いを持っていた僕でしたので、ほったらかし投資について徹底的に調べました。その結果、一つの結論に行き着きました。

 

その結論は、100%ほったらかし投資はできるけど、100%ほったらかしで利益を上げ続けることは難しいということです。

 

ほったらかし投資はできます。インデックス投資などで投資し、長期で何もしないことを決めればできます。でも、ずっと利益を残せるかは別問題ということです。

 

インデックス投資をする場合も、まずは良い投資先を探すことからスタートします。実際投資をしたあとも、経済情勢などは追わないといけません。ほったらかしではありません。

 

世の中には自動でトレードをするシステムトレードという手法も存在します。でも、そういったシステムトレードでさえもミスすることはあります。ほったらかしかもしれませんが、利益の保証はありません。

 

ですから、ほったらかし投資はしようと思えばできるけど、100%ほったらかしで利益を生み続けることは難しいということです。

 

ですからもしあなたが、100%ほったらかしを望んでいるなら、それは諦めるしかありません。差はあれど、少なからずあなたがやるべきことはあります。完全ほったらかしでずっと利益を得続けることは難しいです。

 

限りなくほったらかしで利益を得ることは可能

このように、"完全"ほったらかしで利益を得ることは難しいです。ですが、"限りなく"ほったらかしで利益を得ることは可能です。

 

方法はいくつかあります。まず一つは米国経済に乗っかるという手法です。

 

以下の記事にも書いていますが、僕は長期の米国経済には非常に楽観的です。

 

【米国株は暴落する】アメリカの過去と現在、そして未来をシミュレーションした

 

米国は、長期で見れば安定の投資先です。ですから、米国経済をまるっと網羅したVTIなどのETFなどに投資をすれば、限りなくほったらかしで利益を得ることは可能だと思います。

 

ですが、海外投資は初心者には心理的ハードルが少し高いと思います。そんな人には、初心者でもできる投資方法が一つだけありますので、それをご紹介します。

 

初心者におすすめのほったらかし投資はソーシャルレンディング

それこそが、ソーシャルレンディングです。

 

ソーシャルレンディングは一言で言うと、お金を借りたい人と貸したい人をつなぐサービスです。そしてこのお金を借りたい人と貸したい人をつなぐのが、「ソーシャルレンディング事業者」と呼ばれる会社です。

 

f:id:travewriter:20171021201911p:plain

 

具体的な仕組みは、ソーシャルレンディング事業者がインターネットサービスを提供し、「借りたい人」と「貸したい人」を繋げます。借りたい人と貸したい人は、ソーシャルレンディング事業者を介してお金の貸し借りをします。

 

そして、期間が終わったら、分配金付きでお金を返済してもらう。これがソーシャルレンディングの仕組みです。

 

ソーシャルレンディングの3つのメリット

このソーシャルレンディングは以下の3つのメリットがあります。

 

  1. ほったらかし投資ができ
  2. かつ大きな利回りを得られる投資
  3. しかも投資は簡単です。

 

ソーシャルレンディングはほったらかし投資にうってつけです。なぜなら、ソーシャルレンディングは投資商品ごとに6ヶ月などの期間が決まっていて、一度投資をしたら、その期間内は資金の出し入れはできないからです。

 

つまり、最初に投資する商品さえ決めて、実際に投資をすれば、期間が経過するまでやることは一切ないということです。だからほったらかしで投資が自然とできるんです。

 

さらに、ソーシャルレンディングは利回りが非常に良いです。ソーシャルレンディングの場合、利回りは平均して5-8%、最大で10%近くのところもあります。しかも、貸し倒れは極めて少なく、ソーシャルレンディング事業者によっては過去の貸し倒れがゼロのところもあります。ですから、ほぼほったらかしで大きな利回りを得られるんです。

 

そして投資は簡単です。なぜならあらかじめ、投資商品ごとに、もらえる予定の分配金が「期待利回り」として表示されているからです。予測をするというよりは、きっちりと書かれている期待利回り(分配金)を回収していく、それがソーシャルレンディングなんです。

 

良いソーシャルレンディング事業者選びも重要

ソーシャルレンディングが手間なく良い利回りを初心者でも得られることはイメージできたでしょうか?

 

とはいえ、ソーシャルレンディングにもいろいろな事業者があります。このソーシャルレンディング事業者選びも大切です。

 

でもあなたはどこを使ったら良いかわからないと思います。ですので、僕のおすすめのソーシャルレンディング会社もあわせて紹介しておきます。

 

おすすめはクラウドクレジット

f:id:travewriter:20180301220908p:plain

僕のおすすめは【クラウドクレジット】 です。

 

ソーシャルレンディングにはいろんな運営会社があります。その中で僕がこのクラウドクレジットを勧めている理由はいくつかありますが、最も大きな理由は期待利回りが高い商品を扱っているから」です。

 

通常、ソーシャルレンディングの利回りは5-8%です。ですが、このクラウドクレジットの利回りは10%前後のものが多いです。投資をするなら、できる限り利回りが高い方が良いですよね。

 

その点クラウドクレジットなら、他のソーシャルレンディングと比べても高い利回りを得ることができます。それに10%であれば、他の投資商品(株式、債券など)と比較しても高いです。

 

他にも、伊藤忠商事などの大手企業が出資していたり、社長の透明性が高いなど、安心ポイントが多くあることも、僕がクラウドクレジットを愛用している大きな理由です。

  

もし少しでも気になるなら、詳しくは公式サイトや以下の記事を読んでみてください。以下の記事では、クラウドクレジットについてさらに詳しく書いていますので、理解が深まると思います。

 

▼ほったらかしで利回り10%!クラウドクレジットの公式サイトを見てみる▼

 

クラウドクレジットについてまとめた記事はこちらから>>>クラウドクレジットで投資をしているので徹底的に解説していく

 

豊かになるなら投資は必要不可欠

今回は初心者でもできるほったらかし投資について書いていきました。

 

給料が右肩下がりの時代は既に来ています。年金もあてになりません。サラリーマンが豊かになるなら、投資は不可欠です。むしろ、投資をしないと、普通の生活すらまともにできなくなる時代ももうすぐそこまで来ています。

 

述べてきたとおり、ほったらかし投資は難しいです。ですが、それでも初心者でもできる方法はあります。

 

そしてそれこそが、僕はソーシャルレンディングだと思っています。その中でも、期待利回りが高い【クラウドクレジット】 が最も良い選択肢だと思っています。

 

信頼しているとはいえ、全ての資金をソーシャルレンディングクラウドクレジットに入れることは僕も反対です。ですが、ポートフォリオの一つにクラウドクレジットを入れておくのは賢明だと僕は思いますよ。

 

クラウドクレジットの口座開設方法

最後に、クラウドクレジットの口座開設方法をご紹介しておきます。

 

クラウドクレジットで投資を開始するには、クラウドクレジット専用の口座を開設する必要があります。

 

方法は簡単です。【クラウドクレジット】 のHPから、会員登録と投資家申請を登録すれば作ることができます。

 

投資家登録というのは聞きなれないかもしれません。ですが、口座情報や年間収入を入力するだけです。この情報を元に、クラウドクレジット側で審査をしていきます。審査でどれくらいの人が落ちるかは個々の状況でも変わるので断定はできませんが、少なくとも僕の周囲で審査落ちした人はいません。ですので、まずは申請に進んでみましょう。

 

通常、この審査は数営業日程度で終わります。長引く可能性もあるので、早めに口座登録だけは進めておくと良いでしょう。口座開設をしている間に、ソーシャルレンディングのこと、クラウドクレジットのことを勉強してみると良いですよ。

 

もちろん、ソーシャルレンディングも投資の一種です。投資には少なからずリスクはあります。そういったリスクなども以下の記事でまとめているので、こちらも読んでみてくださいね。 

 

▼ほったらかしで利回り10%!クラウドクレジットの公式サイトを見てみる▼

  

▼この記事を気に入った人には、こちらの記事も読まれています▼