Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、プログラミングなどを発信中

MENU

プログラミング独学のおすすめ本を知りたい←これが非効率である理由【断言します】


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20180401085429j:plain

 

  • プログラミングをこれから独学で勉強したいんだけど、プログラミング独学に使える本はどれなんだろう?独学のおすすめ本を知りたい

 

今回はプログラミングをこれから学ぼうとしている初心者の方のこんな疑問に対して答えていきます。

 

 

プログラミング独学のために本を買うのは非効率です

f:id:travewriter:20180401085147j:plain

 

まずはじめに結論から言いますと、プログラミング独学のために本を買うのは非効率です。

 

実は僕自身もプログラミング独学のために本を買って失敗した人です。実際に独学のために本を買って自分で勉強をした経験から、本を活用した独学が非効率である理由を今回は書いていきます。

 

本を使ったプログラミング独学が非効率な3つの理由

f:id:travewriter:20180401085403j:plain

 

僕自身の経験を通じて感じた、本を使ったプログラミング独学が非効率である理由は3つあります。

 

1. 時間が無駄にかかりすぎるから

まず一つ目の理由は、本を使ってプログラミングを独学で勉強すると、無駄に時間がかかりすぎるからです。

 

プログラミング学習は、とにかくエラーの連続です。そして問題なのは、エラーが起こった原因を見つけるのに時間がかかり、かつその時間が無駄であることです。

 

初心者が起こすエラーの原因は、プロから見れば簡単なことばかりです。僕も当初、本を買って独学をしましたが、プロにかかればたった数秒でわかってしまうエラーも、初心者の当時の僕は、そのエラーの原因を見つけるだけで1時間も2時間もかかってしまうこともザラにありました。

 

その時間があれば正直、もっと大切なことを学ぶために時間を使えたと思います。そうすればもっと短期間でプログラミングスキルを習得できたはずなので、効率が何倍も変わったかなと。

 

このように、本を使ってプログラミングの独学をするのは、無駄に時間がかかります。そしてその時間は本来もっと有効なことに使える時間ですのでもったいないです。これが一つ目の理由です。

 

2. その上独学は挫折しやすいから

二つ目の理由は、時間を無駄に消費するだけでなく、途中で挫折してしまいやすいからです。

 

前述通り、プログラミング学習はエラーやわからないことが日々大量に出てきます。特にプログラミング学習を始めた初心者は、外国語を学ぶかのように、見慣れない言語に触れることになります。

 

どうやってわからないことに日々触れていると、「もうきつい・・」となって挫折してしまう人が多いんです。実際、プログラミングを独学で勉強している人の90%近くが挫折しているとまで言われています。

 

実はこれを書いている僕自身も、【無理】プログラミングを独学で学び挫折。でもそこから大逆転した方法 の記事で書いてある通り、独学をした後は結局挫折してしまいました。サポートが何もない状態で一人で勉強するのはやっぱり難しかったというのが率直な感想ですね。

 

このように、自分自身の挫折経験からも、プログラミング独学はあまりおすすめできないのが正直なところです。

 

3. 何より、本よりも短期間でスキル習得できる方法が別にあるから

そして三つ目は、何より、もっと短期間でプログラミングスキルを習得できる方法が別にあるからです。

 

最短でスキルを身につけるために、そもそも本はベストな選択肢ではありません。ですから、プログラミング独学のおすすめ本を知りたいと思うこと自体が、実は非効率なんです。それよりは、プログラミングを勉強するおすすめの方法をまずは調べるべきなんです。

 

僕は独学で挫折したと話しましたが、その後により短期間でスキル習得できる方法を見つけてそれを実践したことで、いまではスキルを習得しお金を稼ぐこともできるようになりました。ですからこの点は確信を持ってそう言えます。

 

プログラミングを勉強する一番おすすめの方法

f:id:travewriter:20180401085502j:plain

 

では、プログラミングを勉強する一番おすすめの方法はどんなものでしょうか?それこそが、実践型のプログラミングスクールで短期集中で勉強することです。

 

実践型のプログラミングスクールとは、実際にコードを書きながらプログラミングを覚えていくスクールです。スクールというと講義のようなイメージがあるかもしれませんが、プログラミングスクールは講義ではなく、基本的に実践です。カリキュラム自体が実践形式になっているので、実際に手を動かしながらを学んでいけるのが特徴です。ですから、スキル習得までの期間が早いです。

 

そして何より、プログラミングスクールを使えば、メンターと呼ばれる講師がサポートしてくれます。このサポートがあると、前述したエラーの原因なども的確にすぐ指摘してくれるので、無駄に時間を消費せずに済みます。その浮いた時間を、本当に大切なことにたくさん時間をかけることができ、結果として早くプログラミングスキルを習得することができます。

 

おすすめのプログラミングスクール

実践型のプログラミングスクールには、良いスクールもあればよくないスクールもあります。いろんなスクールがあるので選ぶのは迷うかもしれませんが、以下の4つの中から選んでおけば間違いありません。

 

 

これでOKです。TECH::CAMP、TechAcademy、GEEK JOBの3つは僕はスクールを受講したことがありますが、いずれも素晴らしいスクールでした。TechAcademyキャリアはTechAcademyの就職付きのサービスです。就職支援も抜群なのでおすすめです。

 

TcehAcademyキャリアとGEEK JOBだけはこの中で異色でして、就職支援がセットになったスクールで、無料で受けることができます。ただし受講には条件があり、それは「30歳未満で、かつ就職意思がある方のみ」です

 

就職支援まで受けたい方はTechAcademyキャリアかGEEK JOBを、当てはまらない方はTech AcademyかTECH::CAMPを受ければOKです。

 

 

いずれも無料のプログラミング体験があるので、一度受けてみると良いですよ。コストがかからないので本を買うよりもお得ですし、それでいて学習効果は本よりも高いです。本と違って実践できますしね。

 

実際に本受講をすればお金はかかりますが、スキルを身につければ、かけた受講費用は一瞬で元が取れるので安心してください。費用などは公式サイトからチェックしてみてくださいね。

 

お金がないけど時間はあり、かつ勉強する強い意志がある人は独学もあり

f:id:travewriter:20180401085541j:plain

 

唯一例外として、お金がないけど時間はあり、かつ勉強する強い意志がある人なら、独学で学んでもいいかなと個人的には思います。

 

プログラミングスクールに通うとなると、だいたい10万円〜20万円くらいの出費は発生します。プログラミングを学んだ先の見返りを考えれば、お金がある社会人にとっては安い価格だと思いますが、お金がない人にとっては、少し躊躇してしまう価格だと思います。

 

ですから、お金がない人は、お金のの代わりに自分の時間を差し出すことで、独学を選択するのはありだと思います。

 

ですが前述通り、プログラミングを独学で学ぶのは大変です。無駄に時間がかかりますし、何より挫折しやすいです。ですから、学習に大量に時間をかけられることに加え、挫折をしないという「強い意志」が必要不可欠だと思います。

 

この条件に当てはまるのは大学生など少数の人になると思いますが、当てはまる人は独学にチャレンジしてみると良いと思いますよ。

 

当てはまらない方はスクール一択だと僕は思います。中途半端に独学に手を出して、時間だけ消費するのはもったいないですからね。それならスクールで短期集中でやったほうが見返りはずっと大きくなりますし、あなたも楽なはずです。

 

結論:プログラミングは独学や本で学ばず、スクールを使った方が良い

f:id:travewriter:20180401085608j:plain

 

結論です。プログラミング独学のおすすめ本を探すのは非効率です。プログラミングを身につけるなら、スクールを使ってプロのサポートを受けながら勉強した方が圧倒的に早いですよ。

 

プログラミングを身につければ、時間や場所にしばられない生活も実現できます。その上、いまエンジニアは人手不足なので、年収1,000万円、リモートワークで月50万円などの高収入・好待遇も実現することができます。

 

TECH::CAMPTechAcademyTechAcademyキャリアGEEK JOBともに無料体験があるので、気軽に受けてみてはいかがでしょうか?全部僕自身受けてよかったスクールですし、大人気で信頼できるスクールです。 本を使うよりずっと深い学びが得られますよ。公式サイトは以下からどうぞ。