Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

MIIDAS(ミーダス)で自分の市場価値・適正年収を測ってみたので、特徴や使い方を解説する


スポンサードリンク

MIIDASという転職サービスを知っているだろうか?MIIDAS(ミーダス)はインテリジェンスが出している転職サイトであり、あなた自身の職務経歴やスキル情報をWeb上で入力するだけで、あなたの市場価値・適正年収を図れるサービスだ。

自分の適正年収がどれくらいか気になる方も多いと思う。僕自身実際に使ってみたので、使い方も含めて紹介していきたい。

MIIDAS(ミーダス)とは?

MIIDAS(ミーダス)はインテリジェンスが出している転職サイトだ。一般的な転職サイトと比較した特徴は次の通りである。

  1. 自分の市場価値・適正年収を知ることができる
  2. 自分と類似した人材(業界、スキル、経験等)の転職実績を検索・閲覧できる
  3. 自分の興味のある業界・職種には、どんな人材がどれくらいの年収で転職できたか検索・閲覧できる
  4. 企業からのオファーは「面接確約」

1. 自分の市場価値・適正年収を知ることができる

MIIDAS(ミーダス)では前述通り、自分の経歴、スキル、経験情報を登録すると、自分の市場価値・適正年収を知ることができる。一つの会社で働いていると、「自分の年収は果たして適正なのか?」「本当はもっともらえるんじゃないか?」と気になることも多いと思う。その点MIIDAS(ミーダス)を使えば、もし自分が転職する際に一体どれだけの年収がもらえるかを、手軽にWeb上で知ることができる。

 

2. 自分と類似した人材(業界、スキル、経験等)の転職実績を検索・閲覧できる

MIIDAS(ミーダス)では、自分と類似した人材(業界、スキル、経験)の人が、実際に転職をした際の実績を見ることができる。この機能により、自分の実績であればどの業界・職種に行くことができるかを簡単に知ることができる。

 

3. 自分の興味のある業界・職種には、どんな人材がどれくらいの年収で転職できたか検索・閲覧できる

上記に加えて、自分の行きたい業界、職種には、どのような人材がどれくらいの年収で転職できたかを検索、閲覧することができる。一般的に転職後の年収とは事前に想定しにくいケースが多いが、実際の年収事例を知ることができることは嬉しい点だ。

 

4. 企業からのオファーは「面接確約」

自分の経歴をMIIDAS(ミーダス)で登録すると、あなたのことが気になった企業からオファーがくるようになる。MIIDAS(ミーダス)の凄いところは、このオファーが「面接確約」という点だ。一般的な転職は面接前に書類選考や筆記試験、SPI等があるケースが多いが、MIIDAS(ミーダス)のオファーであれば面接まで自動的に進むことができる。SPIに自信はないが面接なら自信がある人にとっては非常に良い仕組みだ。

 

MIIDAS(ミーダス)の使い方

ここからは実際に、MIIDASで自分の市場価値を調べるところまでの方法を、実際の画面を用いながら説明していく。僕自身使ってみたので、その流れに沿って説明していく。まずはMIIDASのサイトにアクセスしよう。

f:id:travewriter:20170618102711p:plain

最初は性別、生年月日、住まいなどの基本的なプロフィールを入力していこう。

f:id:travewriter:20170618102813p:plain

次に学歴情報を入力しよう。

f:id:travewriter:20170618102853p:plain

f:id:travewriter:20170618102918p:plain

次は経験社数など、簡単な職務経歴を入力していく。

f:id:travewriter:20170618102940p:plain

 続いて現在の在職状況を入力していく。

f:id:travewriter:20170618103011p:plain

ここまでで数分だが、ここからは実務経験・実績の質問に入ってくる。例えば営業であれば新規or既存や担当顧客の業種、直近1年間での目標達成率や商材単価などを入力する。マネジメント経験や英語のスキルなどの質問もあるので、今までやってきた仕事を思い出しながら埋めていこう。5分〜10分もあれば終わるくらいのボリューム感だ。

f:id:travewriter:20170618103036p:plain

実務の質問項目全てに答えると、下記のように選考条件に合致した企業数と、想定オファー年収が提示される。僕の場合、選考条件に合致した企業数は574社で、想定オファー年収は742万円だった。僕の場合は海外マネジメント経験や英語スキル、また担当クライアントが多岐に渡ることから、同年代からすれば高めの年収が提示されたようだ。

f:id:travewriter:20170618103306p:plain

この画面を更に下にスクロールしていくと、年収別、業種別、職種別でそれぞれ想定オファー年収と企業数が表示される。実際にどの業種、どの職種であれば市場価値が高いか、一目でチェックすることができる。

f:id:travewriter:20170618103343p:plain

f:id:travewriter:20170618104141p:plain

f:id:travewriter:20170618104215p:plain

以上がMIIDAS(ミーダス)で自分の市場価値・適正年収を調べる方法だ。

実際に企業からのオファーを見る、受け取るなら、ここからメールアドレスもしくはFacebookアカウントで登録する必要がある。メールアドレス、パスワード、携帯電話番号を入力し、あとは市場価値チェックの際に入力した内容確認だけで終わる。たったの1.2分で登録完了までできるので、実際のオファーを見れたり、オファーを受け取れるメリットを考えたら最後まで登録までしておく方が断然良い。もちろん登録は無料であるので安心を。

f:id:travewriter:20170618105002p:plain

いろいろメールが来るのが嫌という方もいるかもしれないが、下記図の通り、不要なキャンペーン案内等のメールは受信拒否を設定できるので、不要なものはチェックを外しておこう。

f:id:travewriter:20170618105131p:plain

以上がMIIDASの使い方だ。ここまで全てで大体10分〜15分程度でできるので、まだやったことのない人は早速やってみよう。

適正年収チェックはこちらから⇨MIIDAS

 

MIIDAS(ミーダス)を使って自分の市場価値を調べてみよう

一つの企業に勤めていると、「自分の市場価値や適正年収がどれくらいなのか?」「どういう業種の企業にどれくらいの年収で入れるのか?」といったことは見えてこない。その点、このMIIDAS(ミーダス)を使えば、オンライン上だけで自分の適正年収や入れる企業をたった10分程度で知ることができる。使ったことのない人は、早速自分の市場価値をチェックしてみよう。

適正年収チェックはこちらから⇨MIIDAS

 

転職エージェントに聞けば、よりリアルな市場価値を知ることができる

MIIDAS(ミーダス)は非常に面白く、使い勝手の良いサービスだが、よりリアルな市場価値を知るなら転職エージェントに登録しよう。ビズリーチに無料登録をすると、多くの転職エージェントとコンタクトを持つことができる。彼らは多くの求職者の転職成功実績を持っており、あなたの市場価値や適正年収をよりリアルな言葉で教えてくれる。ビズリーチは有料会員プランもあるが、無料でも十分に使えるので、MIIDASを使ってよりリアルな市場価値を知りたくなったら、ビズリーチを活用しよう。

 

よりリアルな市場価値を知るなら⇨ビズリーチ

 関連:転職でビズリーチを使ったらかなり良かったので、評判や体験談をまとめた