Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、仮想通貨、プログラミングなどを発信中

MENU

coincheck(コインチェック)ってぶっちゃけどうなの?評判や特徴をユーザーの僕が明かしていく


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20171211093048j:plain

 

今回は仮想通貨の取引所の一つであるcoincheck(コインチェック)の口座開設方法からその特徴、口コミや評判まで、ユーザーの僕が全てこの1記事にまとめた。この記事通りに進めていくと、早速あなたもcoincheckを通じ、仮想通貨投資を始められるようになっている。

 

仮想通貨が世の中を賑わせている。普通のアルバイト女子大生が資金10万円から1,000万円到達、億り人も多数誕生していることで、多くの人が「仮想通貨で一発当てたい」と思い、参入し始めている。

 

実際僕の周囲でも、「ビットコイン買ってみようかな」とぼやく人が増えてきており、僕自身も「バブルの気配」を感じ始めてきたところだ。

 

とはいえ、仮想通貨投資に"実際に"参入している個人の割合はごく一部だ。まだまだ実際にスタートしている人は多くないので、今ならまだ甘い果実を手にすることもできる。短期的に見ると過熱感が行き過ぎており、大きな暴落もありそうな気配だが、それでも中長期的に見ればまだまだ市場規模は右肩上がりだろう。

 

さて前述通り、多くの人が仮想通貨、ビットコインに興味を持ち始めていて、僕自身も「仮想通貨をやってみたいけど、どうやって始めたらいいかわからないから教えて」という相談をよくされる。仮想通貨の取引は慣れてしまうと簡単だが、いろいろと注意しなければいけないことも多い。だからこそ、初心者のうちからちゃんと知識を蓄えておきたい。

 

そこで今回は、特に初心者におすすめの取引所であるcoincheck(コインチェック)について紹介していく。

 

  • 仮想通貨を始めてみたいけれど、何からスタートすればいいかわからない
  • どこの取引所を使えばいいかわからない
  • 実際coincheckってどうなのか、使っている人に教えてほしい

 

もしあなたがこんなことを思っているなら、今回の記事を読んでみみ、仮想通貨投資の第一歩を歩みだしてみて欲しい。

 

 

coincheck(コインチェック)とは?

まずはcoincheck(コインチェック)について簡単に概要を説明する。

 

coincheckは仮想通貨を扱う取引所の中でも日本最大手の1社だ。取引高No.1、アプリ登録ユーザー数No.1という、日本の仮想通貨取引所の中でも高い実績を持つ。扱うコインの種類も最多の部類の、日本で最もメジャーな仮想通貨取引所の一つだ。

 

coincheckは特に、初心者が仮想通貨を始めるときに選ばれている取引所だ。なぜcoincheckが選ばれているか、その詳細は後述する。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

coincheck(コインチェック)の口座開設方法

百聞は一見にしかず。次はcoincheck(コインチェック)の口座開設の方法から説明していく。実際に一緒に進めていこう。

 

ユーザー登録をする

まずは以下リンクからホームページにアクセスしよう。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

するとトップページに「新規登録」の項目があるのでそちらをクリックしよう。

 

f:id:travewriter:20171211080537p:plain

 

新規登録をクリックすると、メールアドレスとパスワードを入力する画面に移る。あなたが登録したいメールアドレスとパスワードをここで入力し、「アカウントを新規作成する」をクリックしよう。

 

f:id:travewriter:20171211081404p:plain

 

すると、入力したメールアドレス宛にリンクが送られてくる。それをクリックすると早速登録は完了。すでにcoincheckにログインした状態になっている。

 

ただ、このままではまだ入金やコインの購入ができない。実際に取引を行うためには、最後に本人確認まで済ませる必要があるので進めていこう。

 

本人確認書類を提出する

次は必要事項の記入や本人確認書類の提出だ。「本人確認書類を提出する」をクリックしよう。

 

f:id:travewriter:20171211081935p:plain

 

ここからは画面に沿って各種必要事項の確認、入力をしていく。必要な設定は次の通りだ。

 

  • 電話番号認証
  • 各種重要事項の承認
  • 必要事項の入力
  • 本人確認書類のアップロード
  • ハガキの受け取り

 

電話番号で認証を行い、必要事項を確認して承認した後、個人情報の記入・アップロードを行う。このうち、本人確認書類に関しては、以下の書類であれば大丈夫だ。

 

  • パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
  • 在留カード(裏面もご提出ください)
  • 特別永住者証明書(裏面もご提出ください)
  • 運転免許証(裏面もご提出ください)
  • 運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
  • 住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)
  • マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

 

これらの書類はPCでもスマホでも簡単にアップロードして提出することができる。郵送の必要はないので手間なくできる。

 

一通り入力、提出が終了したら、本人確認は完全に終了となる。ハガキを受け取り次第、すべての機能を使うことができるようになる。

  

二段階認証を設定する

本人確認はこれでOKだが、必ずやっておきたいことに二段階認証の設定がある。これは必ずしておこう。

 

仮想通貨はネット上の通貨をやりとりする、いわば形のないものだ。つまり、ハッキングや盗難の恐れが、通常のお金に比べると高い。

 

coincheckはセキュリティを強固にする二段階認証設定に対応しているので、このまま進めていこう。

 

スマホアプリで「Google Authenticator」というアプリをまずはダウンロードしよう。僕はiPhoneを使っているが、右上に「+」のボタンが出てくる。そこをクリックすると「バーコードをスキャンする」という項目が続けて出てくるのでクリックしよう。

 

そして、coincheckの二段階認証の画面で出てくるバーコードをかざすと設定が完了となる。次からログインする際は、このGoogle Authenticatorに出てくる6ケタのコードを入力してログインすることになる。

 

これで二段階認証の設定は完了だ。盗難は事例としては少ないとはいえ、最新の注意は払っておきたい。必ず設定をしておこう。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

coincheck(コインチェック)の特徴

ここまで読んできて、「ぶっちゃけ、使うとしたらcoincheckってどうなの?」と思うかもしれない。

 

そこで、coincheckを実際に使って仮想通貨投資をしているユーザーの僕が、実体験をもとに感じたcoincheckの特徴について、良い点と良くない点を含めて紹介していきたい。

 

良い点

アルトコインの扱いが豊富

まずは何と言っても扱いアルトコインの豊富さだ。coincheckでは以下のコインの売買をすることが可能だ。

 

 

ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルなど、主要通貨をすべてカバーしながらも、ライトコインやダッシュなどのアルトコインまでしっかりと網羅している。

 

このコインの種類数は、他の取引所と比べて圧倒的な数を誇っている。もしあなたが広くコインを買っていき、10倍100倍の銘柄を見つけたいなら、coincheckは現時点で登録必須の取引所だ。

 

不正出金による損失補償が100万円までついている

coincheckは不正ログインや盗難などによって損失が生じた場合、100万円までの補償がついている。

 

前述通り、仮想通貨は盗難などのリスクがある。特に初心者であれば、どうやって我が身を守るかわからない場合も多いだろう。

 

その点、coincheckはあらかじめ保証がついているため、どんなに初心者でリスク体制が緩くても、100万円までなら盗難にあっても補償されるので安心だ。

 

これから仮想通貨投資をスタートする人は、恐らく100万円以下の小額投資からスタートする人が多いと思う。 資金が少ない分、coincheckであれば全額補償という形でスタートできるケースが多いと思う。

 

ちなみに、他の取引所にはこの保証が一切ないところも多いが、同じく損失補償をしている取引所に「bitflyer」がある。こちらもおすすめだが、それでも初心者にはやはりcoincheckをおすすめしている。coincheckとbitflyerの違いを説明すると、

 

  • bitflyerは日本円の出金のみを補償してくれる⇆coincheckは日本円・仮想通貨ともに補償してくれる
  • bitflyerは損失補償額が最大500万円⇆coincheckは最大100万円

 

上記のような違いになっている。

 

これらから見えるbitflyerの問題点は、補償範囲が日本円の場合のみという点にある。bitflyerの場合、日本円は無くなっても保証されるが、実際に保有している仮想通貨が盗難された場合には補償が効かない。

 

一方、coincheckの場合は日本円・仮想通貨ともにカバーしている。日本円のみならず、仮想通貨がなくなっても100万円までなら補償される。これが違いだ。

 

だからこそ、慣れてない初心者のうちは補償範囲が広いcoincheckからスタートする方が良いだろう。慣れてきたら、補償額が大きいbitflyerを使っていくと良い。

 

アプリが使いやすい

f:id:travewriter:20171211102749j:plain

coincheckはスマホのアプリがとても見やすく、使いやすい。

 

僕自身、仮想通貨投資を始める前は、「取引とかわかりにくそうだな」と懸念していたが、良い意味で裏切られた。coincheckの場合、コインの売買、出金や入金もわかりやすくなっていて、初心者でも問題なく取引を行うことができる。

 

上記の写真は僕自身が使っているcoincheckのスマホアプリの画像だが、購入や売却のボタンもわかりやすい配置だし、デザイン的にも整っている。チャート画面の色合いなども優しめに作られているので、眺めていてもストレスにならない。

 

仮想通貨はちょっとした操作ミスでお金を失うこともトラブル事項で実際に生じているため、操作はできる限りわかりやすい方が良い。その点で、coincheckはアプリの中では最も使いやすいと僕自身感じた。

 

仮想通貨の貸し出しができる

僕自身はやっていないのだが、coincheckは保有している仮想通貨の貸し出しを行い、その利息を受け取ることができる。

 

年利は最大5%。大きくはないが、日本の金利を考えれば良い数字ではある。貸出先はcoincheck。coincheckに所持している仮想通貨を貸し出すことで、彼らから利息を受けることができる。

 

問題点は、貸し出し中は資金を動かせないこと。長期で放ったらかして置きたいというスタンスの方であれば、利用価値はあるだろう。この貸仮想通貨のサービスは業界でcoincheckのみやっている。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

良くない点

スプレッドが高い 

coincheckの良くない点はスプレッドが高い点だ。スプレッドとは取引手数料のことで、売買を行った際に一定額引かれる、運営会社coincheckに支払う費用のことだ。

 

初めてだとややこしい部分になるが、coincheckには「ビットコインの取引所」と「仮想通貨の販売所」がある。取引所とは僕たちのようなユーザー同士がコインの取引を行う場所で、販売所は運営会社であるcoincheckとユーザーが取引するところだ。

 

  • 取引所:ユーザー同士が売買。取引価格は指定できる
  • 販売所:運営会社とユーザーで売買。取引価格は指定できない(運営会社によって固定されている)

 

スプレッドが高いというのは、この販売所でコインを買った場合、運営会社であるcoincheckに支払う手数料が高いということだ。

 

「じゃあ全部取引所で買えばいいじゃん」となるかもしれないが、実はcoincheckにはビットコインしか取引所が存在せず、他の通貨はすべて販売所での売買となる。つまり、ビットコイン以外のコインを買うときは、スプレッドの高い販売所での購入となるのだ。

 

なので、もし1円でも安く購入をしたい場合、他の取引所を使った方が良い。おすすめとしてはzaifだ。zaifは取引所扱いのコインが多い為、coincheckよりも総じて安く購入することができる。ただし、zaifの場合は損失補償はついていない。

 

coincheck(コインチェック)はこんな人におすすめ

いろいろ特徴などを述べてきたが、それらを含めて以下の2パターンの人にcoincheckの利用をおすすめしている。

 

1. 仮想通貨投資デビューの人(初心者の人)

まずは「仮想通貨投資をこれから始める初心者の人」だ。

 

前述通り、仮想通貨投資は今まではなかった分野のため、始めることに不安を感じる人も多いと思う。あなたもそうかもしれない。「盗難とか大丈夫かな」とか思うことも普通にあるだろうし、実際僕もそういうリスクを懸念していた。

 

その点、coincheckは損失時の補償範囲が広いので安心してスタートすることができる。かつアプリの使いやすさも抜群なので、仮想通貨投資のデビューには一番ハードルが低い取引所だと僕は判断した。そして僕は実際にcoincheckから仮想通貨のデビューをしたわけだ。

 

2. 幅広い通貨に投資をしたい人

もう一つは「幅広い通貨に投資をしたい人」だ。

 

前述通り、coincheckはアルトコインの種類が他の取引所と比べて豊富だ。ビットコインビットコインキャッシュイーサリアムリップルネム。いずれも仮想通貨市場を代表する通貨たちだが、 すべてcoincheckで購入することができる。

 

アルトコインの中には、これから10倍以上の値上がりが期待される通貨もある。そういった通貨は、たとえ小額の投資でも大きな値上がりをすることがある。

 

coincheckは夢を見る通貨に投資できる、夢のある取引所だ。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

coincheck(コインチェック)を実際に使っている人の評判

ここまでは実際にcoincheckを使ってきた僕自身の主観で述べてきたが、より客観的にあなたが取引所の選定ができるよう、他の人の口コミや評判も合わせて紹介していきたい。

 

良い評判

まずはcoincheck(コインチェック)の良い評判からあげていく。

どの取引所より見やすい

★★★★★ サルバト〜レ アイガモさん

銘柄も多く、とにかくチャートが非常に見やすいです。初めて仮想通貨を扱う人でもわかりやすくて親切です。

 

使いやすい

★★★★★  我らのタイガースさん

初心者ですけど他の取引所より使いやすくていい感じです。

 

使いやすい

★★★★★ わんわんわーさん

見やすいデザインで動きも安定しているので重宝してます。

 

使いやすい

★★★★★ 目指せレジェンド

複数の取引所を利用していますが一番使いやすいと思います。

引用:APPストア

 

良い評判から見えること

やはりその使いやすさを推す声が多かった。coincheckあhデザインが良く動きも安定しているので、初心者でも使いやすいという意見だ。前述通り、coincheckはその操作性がとても優れている。その使いやすさから、特に仮想通貨初心者から「思っていたより簡単だった」とか「使いやすかった」という意見が多かった。

 

また、銘柄の多さを推す声も多かった。これも僕自身同意見で、coincheckは投資対象のコインが多い。ビットコインが上がる日もあれば、イーサリアムが上がる日もある。ダッシュが上がる日もあれば、リップルが上がる日もあるのだ。そのすべてをカバーできる取引所は重宝する。それがcoincheckだ。

 

良くない評判

続けて、coincheckの良くない評判もあげていきたい。

 

手数料高すぎ

★☆☆☆☆ りかまれさん

その一言。それ以外は良かった。

 

手数料

★★★★☆ deadly poison

高すぎ何とかしてくださいませーm(__)m

それ以外は最高。

 

うーん

★★☆☆☆ 並ノリさん

手数料高いですね〜

実際、僕自身もcoincheckやzaifbitflyerを始め、一部海外取引所も併用して使っている。

引用:APPストア

 

良くない評判から見えること

ほとんどの意見が、スプレッド(手数料)が高いとの意見だった。確かにcoincheckは手数料が高い。それは他の取引所と比べても高い。なのでcoincheckでデイトレードは勧められないし、それなら他の取引所でやったほうが良いだろう。

 

スプレッドが高いということは、取引をたくさんすればするほど損になるということ。これは裏を返せば、中長期目線で買って保有しておくスタイルなら、そこまで大きなデメリットにはならないということだ。

 

僕自身は中長期で保有するスタンスでやっているので、前述した補償の範囲やシステムの安定感、取り扱いのコイン数などを重視してcoincheckを最初に選んだ。

 

とはいえ、このスプレッドが高いという指摘はcoincheck側も認識しているはずなので、今後スプレッドの金額は改正されることも考えられる。そうするとcoincheckの利用メリットは更に増すだろう。

  

coincheck(コインチェック)でよくある質問

ここまでcoincheckのことを客観的な意見も含めて見てきたが、まだあなたはわからない点もあるかもしれない。そこで、coincheckに関してよくある質問もまとめた。こちらも参考にして欲しい。
 

口座開設ってすぐにできるの?

口座の開設はすぐにできる。登録自体は数分ででき、すべての機能を使うまでには郵送による本人確認書類の受領までやる必要はあるが、それでも数日以内で完了だ。

 

Web上の数分の登録だけでも、実際に管理画面にログインしたりチャートを見て雰囲気を掴むことができるため、まずは登録だけをしてみて雰囲気を掴んでほしい。

 

少額でも投資できる?

coincheckは少額でも投資ができる。

 

その時々によってスプレッドなどが異なるため一概には言えないのだが、だいたい500円〜1,000円ほどのが最低投資金額となる。

 

少額投資で投資信託をしても、実るのは何十年後の話だが、仮想通貨は1万円投資をしてそれが短期間で10倍にもなり得る世界だ。

 

もちろん、0円になる可能性もあるが、それでも少ない余剰資金で大きな値上がりを目指すなら仮想通貨はおすすめだし、coincheckはおすすめだ。

 

coincheck以外の取引所も登録したいんだけど、coincheckに絞ってやった方がいい?

取引所の開設は複数をおすすめしている。

 

取引所はそれぞれ扱う通貨も異なり、スプレッドもシステムも異なる。また、取引所ごとに売買価格も変動するため、買いたい・売りたいその時に一番お得なところを選んで売買するということも、複数の取引所を開設するからできることだ。

 

また、zaifなどはアクセスが集中するとサーバーエラーで操作ができなくなる時も多いので、そういった時に別の取引所を開設していると、サイトが動かないからといって投資機会を逃すこともなくなる。実際、僕自身もcoincheckやzaifbitflyerを始め、一部海外取引所も併用して使っている。

 

とはいえ前述通り、個人的には最初の第一歩はcoincheckをおすすめしている。やはり初心者はセキュリティ(補償精度)と使いやすさが高いところで、仮想通貨投資の基本的なやり方を勉強することから始めるのが良い。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

仮想通貨は参入タイミングが極めて重要

今回は仮想通貨初心者向けに、coincheckの口座開設方法から特徴、評判に至るまで一通りを書いてきた。 きっとあなたもcoincheckについてイメージすることができるようになったはずだ。

 

これからあなたも実際に仮想投資をしていくことになると思うが、最後に伝えたいことがある。それは、仮想通貨は参入のタイミングが極めて重要ということだ。

 

仮想通貨は他の投資対象(株、不動産、債権など)と異なり、値上がり・値下がりの変動が極めて大きい。1日10%の増減は普通の世界だ。

 

また、仮想通貨の世界には理論価格というものが存在しない。価値が不透明である分、みなが望めば望むほど、どこまでも価格は上がっていく。だから、ビットコインは大方の予想に反して、年内に200万円という大台をも突破したのだ。

 

このような変動幅の大きい、心を揺さぶる投資環境だからこそ、自分の投資基準を明確にし、できるだけ底値で買おうとすることをおすすめする。いきなり暴騰した仮想通貨に飛びつくのではなく、前もってタイミングをみて仕込んでおくスタイルをおすすめする。

 

暴騰したタイミングで飛びつくのは危険だ。仮想通貨の場合、一度や二度なら暴騰タイミングで購入しても得することは確率としては大きいが、それでも三度四度繰り返しているとどこかで大きな損失を被る可能性の方が大きい。

 

購入のタイミング(底値)はいつ訪れるかわからない。だからこそ、まずはcoincheckの取引所開設と、100万円までの範囲で入金は済ませておこう。そして小額だけでもいいのでまずは投資をスタートしてみてはどうだろうか?

 

そこまで立って、ようやくスタートラインだ。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck