Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

英語をペラペラ話す「7つのコツ」。外国人とコミュニケーションをとりたいあなたへ


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20171019111642j:plain

今回は海外在住経験のある僕が、英語をペラペラ話すための「7つのコツ」を紹介する。

 

  • 英語を話したいけど流暢に話せない・・・
  • 英語を話したいけど自信がない・・・
  • 発音が下手で英語を話すのが恥ずかしい・・・

 

あなたはこんなことを思っていないだろうか?実は全部、かつての僕が抱えていた悩みだ。

 

英語は日本語と違い、全く異なる言語を使い、発音も異なるので、流暢に話せなかったり、自信が出ないのは当たり前のことだ。

 

でも、英語を話すことは実はそんなに難しいことじゃない。あなたが今上記のように思っていたとしても大丈夫。英語をぺらぺら話すコツを知り、意識することで、確実かつ着実にあなたは英語を話せるようになる。そのためのコツを、今回は7つにまとめた。

 

それでは、英語を話す7つのコツを挙げていく。

 

 

英語をぺらぺら話す7つのコツ

1. 下手でもとにかく話す

英語を話す第1のコツ。英語を話せるようになる最短の道は、とにかく英語を話すことだ。

 

当たり前なことなので考えて欲しい。あなたが「私は英語を話せるようになりたい・・・!!」と強く願ったら、英語を話せるようになるだろうか?教科書を読み、英語が話せる人のストーリーを読んでいてモチベーションを挙げて、英語を話せるようになるだろうか?無論、ならない。

 

英語を話せるようになる究極のコツは、英語をとにかく話すことだ。それ以上でもそれ以下でもない。とにかく話すこと。下手でも話すこと。これが大前提で、最も大切なことだ。

 

2. 生活を英語漬けにする

英語を話す第2のコツ。生活を英語漬けにすることだ。

 

英語をぺらぺら話せるようになるには、あなたの脳を「日本語脳」から「英語脳」に切り替えなければいけない。

 

英語脳とは、英語を英語のまま理解する脳だ。一方の日本語脳は、英語を聞いたら一度日本語に変換して考えてしまう脳だ。

 

この切り替え癖を治すためには、とにかく日常を英語漬けにし、英語で考える癖を頭につけなければならない。

 

そのために、スマホの画面を全部英語にし、ニュースを調べるときも、全部英語で調べてみよう。わからなくても良い。とにかく強制的に英語漬けの毎日にしよう。

 

海外に住んでいる人が、短期で英語を身につけるのは、この「強制力」があるからだ。海外は自然と英語漬けになる。あなたが望まなくてもだ。それと同じ環境を、ここ日本でも作ってしまえば良い。そうすると、短期間でもあなたの脳は切り替え癖がなくなり、英語脳が出来上がる。

 

3. 教科書の文法通り話さない

英語を話す第3のコツ。教科書や参考書に載っている文法通りに話そうとしないことだ。

 

かつての僕もそうだったが、英語を話せない人は、とにかく「きれいな英語」を話そうとしがちだ。文法が正しい、きれいな英語だ。

 

でも、「きれいな英語」や「文法通り」な英語なんて、そもそも話す必要がないのだ。

 

少し考えてみて欲しい。僕たちが教科書や参考書で習う英語は、会話ではあまりに不自然すぎる。例えば、以下のようなフレーズが参考書に載っている。

 

  • Would it be possible for you to teach me how to get to the airport?
  • ここから空港に行くにはどうすれば良いか、教えていただくことは可能でしょうか?

 

素晴らしく丁寧だ。完璧だ。でも、あなたは「誰と英会話」をしたいのだろうか?多くの場合は友人や、外国に行った旅先の人じゃないだろうか?それなら、こんな丁寧な言葉は話せなくても、次の言葉で良いんじゃないだろうか?

 

  • I want to go to the airport.
  • 空港に行きたいです。

 

めちゃめちゃ簡単だ。I want to eat Pasta, I want to drink some coffee, I want to take some rest. 全部この表現だけで言える。

 

こういう簡単な言い回しができるフレーズを覚えておくだけで、会話なんて十分成り立つ。あなたが普段友達と日本語でしている会話も、めちゃめちゃ簡単なフレーズしか使ってないだろう。

 

英語だからって、無理に丁寧に話す必要はないのだ。

 

4. 簡単なフレーズを覚える

英語を話す第4のコツ。簡単なフレーズを覚えて使えるようにしよう。

 

上記と通ずるが、簡単なフレーズをいくつか覚えておくだけで、会話はできるようになる。

 

  • I want to 〜
  • I don't like to 〜
  • I will go to 〜
  • Yes, no, yeah (相づち)

 

こういう簡単なフレーズだけでも、ゆうに100は超えるフレーズを作ることができる。特にあなたが旅行などで英語を使いたい場合、基本的には「あなたがどうしたいか」を相手に伝えることができれば、大抵は何とかなる。あなたがどうしたいかを伝えるだけなら、I wantやI want to go toやI don't likeなどの表現を覚えておけば、あとは単語をいえばいいだけだ。

 

こういう基本的なフレーズをまずは覚えよう。それだけで英語の会話は成り立つようになる。

 

5. 覚えたことは即日使ってみる

英語を話す第5のコツ。英語を話せるようになるには、覚えたことをとにかくすぐに使っていることだ。即日中、可能なら1時間以内。自分の言葉で実際に意味をイメージしながら発してみること。可能なら外国人相手に使ってみることだ。

 

今はオンライン英会話などで、いつでもどこでも外国人と話す環境は作れる。こういうのを利用して、覚えたことは即日会話で使ってみること。これを繰り返していると、自然と英語を話すことはできるようになる。

 

6. 会話中に辞書は使わない

英語を話す第6のコツ。会話中に辞書を使うことはやめよう。たとえ言葉に詰まっても、思い出せる限りの単語や、ジェスチャーを交えて伝えよう。

 

何でこれが必要かというと、辞書がなくてもコミュニケーションが取れたという小さな成功体験を積み重ねることこそ、あなたの英語に対する苦手意識を取り除く唯一の方法だからだ。

 

辞書を取り出して会話をしていては、いつまで経っても自信などつかない。身一つで外国人と対話し、時には思い出せる限りの単語やジェスチャーを交えてコミュニケーションをとることで、本当の意味での会話は言葉じゃなく「心」だとわかるはずだ。

 

そうなれば、もう怖くない。あなたは英語に対する恐怖感はなくなっている。「何とかなる」という感覚こそ大事で、小さな成功体験を通じて養うべきものだ。

 

7. ミスを恐れない

英語を話す第7のコツ。最後のコツ。それはミスを恐れないことだ。

 

文法を間違ったっていい

言葉に詰まったっていい

出てこなければ単語でもジェスチャーでもいい

 

大事なことは、あなたが積極的に英語を話す機会を作っているかどうかだ。その機会を作り、英語を話そうとあなたがしているかどうか。やっぱり最終的にはここに集約するのだ。

 

英語を話せるようになりたいあなたへのおすすめ記事

述べてきた通り、英語を話せるようになりたければ、とにかく英語を話す機会を作ろう。いまは質の高いオンライン英会話や、スマホアプリで手軽に大事なフレーズを学ぶものもある。

 

当ブログでは英語学習の記事を多数挙げているが、英語を話せるようになりたいあなたへのおすすめ記事は以下だ。

 

電車など隙間時間で英会話で使えるフレーズを学ぶならスタディサプリenglishだ。以下の記事ではスタディサプリEnglishを受講した体験談をまとめている。スマホアプリでできるので、あなたが通勤時間を持て余しているなら是非利用をおすすめしたい。英語を話せるようになりたいなら利用必須のサービスだ。

trave-writer.hatenablog.com

 

実際に外国人と英会話の機会を作るならDMM英会話だ。外国人とオンラインで英会話の実践を積むことができる。英語を話す機会をとにかく作ることが大事。先ほど述べたことだ。大事なことなので忘れないでほしい。

trave-writer.hatenablog.com

 

英語を3ヶ月で話せるようになる勉強法は以下の記事でまとめている。ボリュームがあるので時間があるときによく読んでほしい。

trave-writer.hatenablog.com

 

今回は以上だ。