読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

海外旅行に行きたいけどお金が貯まらない。劇的にお金が貯まる方法を4ステップで解説

旅行

スポンサードリンク

f:id:travewriter:20160904214854j:plain

santorini greece | In Explore Nov 17 2013 | mariusz kluzniak | Flickr

 

海外旅行が好きだ。でもお金の問題があってなかなか海外に行けない。こういう方を僕は数多く見てきた。そんな方に朗報だ。ちょっとした見直しのコツを知ることで、海外旅行のお金は貯まるようになる。今回は「海外旅行のお金を貯めるコツ」を、4ステップに分けて紹介する。

 

 

ステップ1「1ヶ月間家計簿アプリを使い、現状の出費を把握する」

最初のステップは出費を把握すること。貯金をするにしても、仕事をするにしても、何をするにしても、まず現状分析は必須。自分が毎月何にお金を使っているか把握することから始めよう。お金が貯まらない人は、この現状把握が極めてできていない。月末に今月は何にいくらお金を使ったか振り返ってみよう。「あれ?一体何にお金を使ったんだろう・・」という方は要注意だ。

 

出費把握をするなら家計簿アプリ

現状の出費を把握するのに一番楽な方法はスマートフォンの家計簿アプリを使うこと。1ヶ月でいいので1円も違わず記録をしてみよう。すると、自分が一体何にお金を使っているかその傾向が見えてくる。本来であれば3ヶ月間ほどやるとより正確な傾向が見えてくるが、お金が貯まらない人はそもそもそういう几帳面なことが苦手な側面があるので、まず1ヶ月続けよう。ちなみに僕は2年前、丸1年間全ての出費を1円も違わずスマートフォンのアプリに都度記録し、その後1年間分のデータをエクセルに落とし込んで徹底的に分析をし、月の貯金額が赤字の状態から海外旅行をするには十分なお金が貯まるようになった。

 

ステップ2「大きな出費から減らす」

1ヶ月間の家計簿記録で現状把握のためのデータが揃ったら、次は「どこの出費を重点的に減らすか」を考えます。なんと便利なことに、スマートフォンの家計簿アプリのほとんどは出費額が大きい順に自動で整理してくれる機能を持ってます。だから僕たちがやるべきことは、一番上の項目から重点的に減らしていくことだけ。

 

出費が多いベスト3は家賃、食費、交際費

一般的に出費が多いのは家賃、食費、交際費の3つ。この3つをまず重点的に減らしていこう。(もし1ヶ月間の分析結果が違った場合、あなた自身のベスト3を減らそう)ちなみに僕自身は家賃、交際費、食費の順に多い数値だった。

 

一番見直すべきは家賃

まず減らすべきは家賃。最も削減効果が高く、もっとも減らすのが楽な項目だ。いま月70000円の場所に住んでいるなら、月65000円の場所に変えるだけで年間60000円作れる。月60000円の場所にすれば年間120000円だ。120000円あれば少し遠い国の航空券も買える。 

ネットでよく特集されてる貯金術では大体「固定費を減らそう」ということが書かれている。固定費は毎月決まった額が必ずかかってくるので、見直すべきポイント。家賃は出費が多く、かつ固定費なので、真っ先に減らすべきポイントというのは明白だ。

 

食費を見直すことはあらゆるプラス作用が働く

次は食費。特に外食が多い社会人などは、食費はかなり見直し甲斐がある項目。 ここで一点注意がある。食費を切りつめようとすると、何を思ったかインスタント食品生活を送る人が一定数いる。でもそれはいけないというのが僕の持論。カップラーメンを含むインスタント食品は費用が安い上に満足感もあり、確かに食費を減らすにはピッタリなもの。でもそこには健康を損なうという大きな弊害がある。 

一度考えてみよう。海外旅行が好きな方は、きっと歳を重ねても海外に行きたいと願うもの。でもインスタントの食事を続けていては、歳をとった時に必ず身体のどこかが悪くなる。身体が悪くなれば海外旅行なんていけない。海外の病院は保険も効かないし、何より怖いところだ(僕自身一度体調を崩してアフリカで病院に駆け込んだが、医師の質の低さで危うく死ぬところだった) 

食費を見直すときのポイントは、自炊の割合を増やすこと。特に外食が多い社会人の方ほど、自炊を増やすことでお金も貯まり、健康にもなる。食費を正しいアプローチで見直すことは、お金の面でも健康の面でもプラス作用が大きいのだ。

 

交際費は人によっては最も大きな出費

交際費は人によっては出費額の点で家賃を凌駕してトップにくるもの。何を隠そう僕自身、交際費が一番割合で多かった人だ。多いときは交際費だけで月100000円。もちろんトータルで毎月赤字だった。交際費は使おうと思えばいくらでも使えてしまうもの。だからこそ自分を自制できていない人(昔の僕みたいな)は見直し甲斐がある項目なのだ。

 

ステップ3「無駄な出費を減らす」

上位3つの項目の出費を見直せば、行ける国の差はありますが海外旅行一回分くらいのお金にはなる。ここから更に、自分にとって不要な無駄な出費を減らしていこう。無駄な出費とは下記のようなもの。

  • コンビニでのついで買い
  • 衝動買いしたけど使っていない物や服
  • 買っても大して自分の幸福感をあげないもの

人間とは怖いことに、誰もがこういうものに知らず知らずのうちにお金を使ってしまう生き物。振り返ってみればこういう出費、1つや2つではないではだろう。

僕自身のやり方だが、「欲しいと思ったものは1週間待つ。それでも欲しいと思うものはもう1週間待つ。それでも欲しかったら買う」という自分ルールを作っている。これをやり始めてから、無駄な出費は完全にゼロになった。なぜなら、これだけ待って買うものは、必ず自分の心を豊かにするものだから。ほとんどの無駄なものは、1週間も経てば不要に感じ、2週間も経てば存在すら忘れているものだ。

  

ステップ4「旅行予算を毎月天引きし、旅行用口座へ移す」

ここまでのステップで自分がどれくらいの出費を月間・年間ベースで減らせるか判明している。その金額がそのままあなたの海外旅行の予算になるということだ。予算に基づき海外旅行の計画を事前に決め、その予算を貯めるための旅行用口座を別で作り、給料が入ったらすぐに旅行用口座へ移すことを徹底しよう。これで晴れて、海外旅行のためのお金が貯まる。 

 

まとめ

f:id:travewriter:20160904214340j:plain

Kristian on a Ledge Overlooking Dubrovnik Croatia by Micha… | Flickr

 

今回は海外旅行にいきたいけどお金が貯まらない人に向けて、お金が貯まる方法を紹介した。難しいことは何もない、小学生でもできるシンプルな方法だ。でも多くの人がこの単純なことができていない。この方法を使って、一人でも多くの人が望み通り海外旅行に行けることを願い、今回の話は終了する。