Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

休日やカフェで聴きたいおすすめの洋楽の曲ベスト24【シーン別厳選楽曲集】


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170121000858j:plain

いつも洋楽を聴いている。ブログを書いているとき。カフェで作業をしているとき。散散歩やランニングをしているとき。ドライブをしているとき。洋楽は僕の人生にとって切っても切り離せないものだ。

日本で生活をしていると、自分から情報を取りにいかないと洋楽のいろんな曲は知ることはできないもの。そこで今回は、僕が普段から聴いているおすすめな洋楽の曲をシーン別に24曲、紹介していく。ポップな歌やロックな歌まで、どれも素晴らしいアーティストやバンドが作った作品ばかりだ。気になったものは一度聴いてみてほしい。

休日にぴったりな洋楽

休日。特に土曜日の朝というのは、多くの社会人にとって幸せの時だろう。このスペシャルな時間帯には、日常を忘れるほどに思いっきりリフレッシュできる、優しく清々しい音楽が最適だ。そういう洋楽たちを紹介する。

SAINT PEPSI - Fiona Coyne

オススメ度 ☆☆☆☆☆

突き抜けるような爽快感。メロディから透明さを感じる楽曲である。清々しい朝の時間に聴くのにぴったりである。一度聴いてみてほしい。 

Best Day of My Life - American Authors 

オススメ度 ☆☆☆☆☆

とてもポップ。希望の一日の始まりを告げる楽曲といっても過言ではない。これを聴いてからスタートする一日は、いつもとてもポジティブな気持ちになれる。そんな一曲。

Summer Vibe - Walk off the Earth

オススメ度 ☆☆☆☆☆

一見激しそうな歌い手だが、曲調とのギャップが凄い。ゆったりしていて心地よいメロディラインと歌声。夏の穏やかな時間にぴったりな一曲だ。PVもとても良い。

 

Sunday MorningMaroon 5 

オススメ度 ☆☆☆☆☆

まさにタイトル通り、日曜の朝と言ったらこの一曲。優しく特徴のあるMaroon 5の歌声は、他の人には真似できない。休日の朝に散歩しながら聴くのがおすすめ。

Sugar - Maroon 5 

オススメ度 ☆☆☆☆☆

気分がとても明るくなる一曲。僕自身、朝の定番リストに入れていつも聴いている。

Hey Soul Sister - Train

オススメ度 ☆☆☆☆☆

暗がりの中に差してくる一本の希望の光。そしてその光がどんどん広がっていく。そんな感じの歌だ。元気が出ないときにもおすすめな一曲。そういう意味では月曜朝の通勤のときにもおすすめ。

The Bird and the Worm- Owl City

オススメ度 ☆☆☆☆☆

優しい歌声を持つOwl Cityの一曲。曲の仕上がりもとても柔らかくなっていて、優しい休日に聴くのにぴったりだ。曲調的に子供も好きになる歌だと思う。

 

気分を上げたい時に聴くアップテンポな曲

夏。太陽。ドライブ。仲間。そんな言葉が似合う、聞いているだけでとにかく気分が明るくなるようなアップテンポな曲をここではチョイスしたい。

Summer Paradise - Simple Plan ft. Sean Paul

オススメ度 ☆☆☆☆☆

夏の歌。だけど少し哀愁もある。そんな不思議な魅力に包まれた一曲。仲間と一緒に聴いたり、歌いたい歌。 

Everybody Talks - Neon Trees

オススメ度 ☆☆☆

明るい曲。ハイテンションだがしつこくなく、程よい感じでテンションあげたいときにおすすめ。

 

Drive By - Train 

オススメ度 ☆☆☆☆☆

ウェスタンを彷彿させる疾走感溢れる一曲で、僕自身大好きな歌だ。ドライブにぴったりな一曲。アメリカで荒野のドライブ旅をしていたときに聴いたらまさにマッチした。

Don't You Worry Child ft. John Martin - Swedish House Mafia 

オススメ度 ☆☆☆☆☆

こんなにカッコイイ歌があるだろうか?初めて聴いた時に衝撃を受けた。以来、この曲は僕の中でもベストヒットの一曲となっている。「心配ない」と勇気付けられ、後押しされる一曲。ちなみに僕はやっているスポーツの試合や大会前に聴いてテンションをあげている。

Wake Me Up - Avicii 

オススメ度 ☆☆☆☆☆

天才Aviciiが生み出した至極の一曲、Wake Me Up。とにかくすべてが最高だ。メロディライン、歌声、そして曲の終わりになるにつれて盛り上がり、最後に最高潮に達するあの感覚。聴いた後の余韻がハンパない一曲。 

Whistle - Flo Rida

オススメ度 ☆☆☆☆

名曲中の名曲。メロディラインの"口笛"がとても良い味を出している。思わず口ずさんでしまう一曲。

 

 カフェで作業しているときに聴きたい曲

カフェで作業しているときに聴きたい曲。それは"心地よいメロディラインと集中力を阻害されない絶妙なバランスの曲調"である。優しさがありながらもポジティブさを兼ね備えた曲が最適で、そういう観点で曲を厳選した。

Oasis - Wonderwall

オススメ度 ☆☆☆☆☆

数あるOasisの名曲の中で個人的に一番好きな一曲だ。メロディライン、優しい歌声、世界観全てが美しく、聴いていると不思議と希望に満ちてくる、そんな歌だ。カフェ作業をしていても強く主張してこない程よいメロディなので、BGMに最適だ。

Songbird - Oasis

オススメ度 ☆☆☆☆

こちらもOasisを代表する名曲で外せない。Wonderwallと同様、カフェBGMとしてぴったりだ。

The Conversation - Mat Kearney Feat Young Summer 

オススメ度 ☆☆☆☆

絶妙なメロディラインと美しい歌声がマッチした一曲。BGMに最適な一曲だ。

 

You're Beautiful - James Blunt

オススメ度 ☆☆☆☆☆

James Bluntの言わずとしれた名曲。曲の雰囲気的にもブルックリン系カフェで流していたい一曲。

Sister Winter - Tracey Thorn

オススメ度 ☆☆☆

冬の季節にぴったりの楽曲である。雪の日や曇りの日など、カフェで作業をしながら聴くととても良い。

夜のドライブをしているときに聴きたい曲

夜のドライブは幻想的な時間だ。特に東京の夜の高速ドライブは、街ゆく灯がイルミネーションのようにキラキラと輝き、観る人の心を魅了する。ここでは心にすっと入っていくような美しいメロディラインの楽曲を選曲したい。

Breakbot - Baby, I'm Yours

オススメ度 ☆☆☆☆☆

クール。最高にクール。この曲を知らない人は勿体ない。本気でそう思う一曲。一度聴いてほしい。

Kygo - Firestone ft. Conrad Sewell

オススメ度 ☆☆☆☆☆

 今一番好きなアーティスト、Kygo。彼の楽曲はトロピカルサウンドとして確固たる地位を築いている。彼の一番のヒット作であるFirestoneは僕の中で昨年聴いた中で一番のベストヒットだ。こちらも一度聴いてみてほしい。Kygoというアーティストが持つスター性を感じることができるはずだ。

Daft Punk ft. Pharrell Williams - Get Lucky

オススメ度 ☆☆☆☆☆

こんなイカしてるカッコイイ大人達がいるとは。最初にPVを観たときそう感じた。この曲はPVを観ながら聴いてほしい。僕は初めて観たときハマり過ぎて10回以上は連続再生し、夜更かししすぎて翌日辛かったことをはっきり覚えている。

Daft Punk - One More Time

オススメ度 ☆☆☆☆

同じくDaft Punkの大ヒット作。夜に気分を上げたいとき、この曲を聴けば一発でテンションは上がる。

  

夜寝る前にしっとり聴きたい曲

夜眠る前には灯を暗くしよう。そしてオレンジ色の間接照明のもと、ヒーリング要素がたっぷり詰まった曲を聴こう。そうすることで睡眠の質も上がる。

I See Fire - Ed Sheeran (Kygo Remix)

オススメ度 ☆☆☆☆☆

天才KygoがRemixしたEd SheeranのI See Fire。トロピカルサウンドの魔術師Kygoの手にかかれば、こんな世界観の一曲もできてしまうのだ。一度聴いてその世界観を体感してみてほしい。

Fireflies - Owl City

オススメ度 ☆☆☆☆☆

Owl Cityの代表曲。とにかくすべてが美しい一曲だ。PVも特徴的なので、PVを観ながらまず聴いてみてほしい。

 

以上が僕のおすすめ洋楽ベスト24曲だ。オススメ度で優劣もつけてみたが、いかんせん自分の好きな曲を挙げていったせいでどれもオススメ度が高く、あまり優劣の差が出ない結果となってしまった。 音楽は僕たちの人生に色を与えてくれるものだ。音楽には今回紹介していない素晴らしい曲が、数え切れないほど無数に存在する。今回取り上げた楽曲の中から、あなたにとって特別な一曲となるものが出てくれば幸いだ。また別の機会で第二弾を取り上げるとする。