Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

英会話初心者でもすぐにネイティブ発音に近づく「英語発音のコツ」を3つ紹介する


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170311170245j:plain

Panama Business 2 | Business with a smile? Visit our site to… | Flickr

今回は英語の発音を一瞬でネイティブのように変えてしまう「英語発音のコツ」を3つ紹介する。記事を読みながら誰でもすぐに実践できるものであり、たとえあなたが英会話初心者であろうと効果は高い。

日本人の英語発音は世界的に見ても低レベルだ。その根本的な原因は日本語と英語が180度異なる言語であることが起因だが、英語発音のコツをしっかり理解することで、日本人でも英語の発音は必ず上達する。

本記事では英語発音を上達させるおすすめの教材も最後に紹介する。それではコツを3つ挙げていく。 

英語ネイティブの発音に近づくための3つのコツ

1. 「L」と「R」の違いは舌ベロを前歯の裏に付けるか付けないか

あなたはLとRの発音の違いを知っているだろうか?日本語にすると同じような読み方の両者だが、英語では全く異なる発音だ。

直感的にわかるLとRの音の違いは、舌ベロを前歯の裏につけるかつけないかだ。Lの場合、発音と同時に舌ベロを前歯の後ろにつけよう。すると「エゥ」のような音になるが、これが正しいLの発音だ。「エル」ではない。「エゥ」だ。

一方でRは、舌を口の中のどこにもつけない状態で発する。舌をどこにもつけない状態で、口の中の奥に引っ込めて発音をするのだ。よくそれっぽくRを巻き舌にする人がいるが、厳密に言うとあれは正解ではない。日本語で「ラー」と発音をした状態で、舌の高さをキープしたまま口の奥に引っ込める。その時に出ている音こそ、本当のRの音だと覚えておこう。

この2つを覚えておくだけでも、下記の単語はネイティブっぽく聞こえるようになる。実際に発生して練習してみよう。慣れてくれば、逆にリスニングをしているときもLとRを混同することはなくなる。

 

練習 LとRの単語

Light

Right

Load

Road

Collect

Correct

Lead

Read

Lice

Rice

他サイトだが、LとRについてはRとLの発音がビックリするほど上達する簡単トレーニングの記事が図解入りでわかりやすくまとまっていたので読んでみて欲しい。

 

2. 英語の単語間のスペースを取り払う

すぐ実践できるもので最も効果のある方法といえば、英語の単語間のスペースを取り払ってしまうことだ。例えば以下の一文にあるスペースを取り払うと次にようになる。

  • This is an apple. (ディス・イズ・アン・アップル)
  • Thisisanapple.(ディ・スィズァナ・ップル)

これをすると何が起きるかわかるだろうか?スペースを取り除くと、語尾の子音と語頭の母音が繋がるのだ。この音が繋がるという現象こそ、英語文章を読む際の特徴なのである。

日本人が英文を読むと、単語ごとに「ディス・イズ・アン・アップル」と区切って発音をしてしまうケースが一般的だが、その理由は日本語自体が音をつなげるという概念がないからだ。一方で、英語は「ディ・スィズァナ・ップル」のように、単語同士が繋がって発声されるのが普通なのである。

日本人が英語特有の「音を繋げて読むこと」に慣れるためには、単語間にあるスペースをないものとして取っ払ってしまうことが手っ取り早く効果的だ。英文を見たら、それらがすべて繋がっている前提で発声してみよう。録音して聞いてみたら、英語の発音がネイティブっぽくなってることがわかるだろう。

 

3. オーバーにイントネーションをつけよう

日本人の英語の特徴、それはイントネーションが平坦過ぎることだ。英語慣れしていない日本人の英語を聞くと、全くと言っていいほど抑揚がないが、本来英語は波打つようにイントネーションをつけて発生するものだ。

これを治すには、まずオーバーにイントネーションをつけることを恥ずかしいと思う気持ちをなくそう。外国人が話している言葉を聞き、同じようにイントネーションをオーバーにつけて発声することから始めるのだ。

それと並行して、単語ごとの正しいイントネーションを理解しよう。イントネーションをつける部分は単語ごとに決まっているので、その部分がわかったらとにかくオーバーに発音しよう。

日本語はもともと口を大きく動かさず発音できるフラットな言語であるのに対し、英語は口を大きく動かしイントネーションをつけて話す言語という違いがある。その違いを乗り越えるために、とにかく口を大きく動かし、オーバーにイントネーションをつけてみよう。

 

英語の発音は海外に住んでいても決して良くならない

最後に海外在住経験者の経験から一つお話しする。留学などで海外生活を経験すると、それだけで英語の発音が良くなると思う海外在住未経験者が多数いるが、それは完全に間違っている。現に、僕の周囲で数年海外で暮らしていた日本人の多くは、英語の発音がひどかった(とはいえ、生活していれば会話のキャッチボールは当然できるようになる)。

つまり、英語の発音というのは、ただ無意識に英語を使っていては決して良くはならないということだ。英語の発音を良くするには、英語特有の発音を勉強して理解し、矯正する努力と時間が必ず必要となる

誰もが憧れるネイティブ発音だが、それを実現するために使える教材を紹介しておく。それは英語耳だ。英語の発音を一から効率的に学べる本として、このブログでもなんども取り上げている名著である。「発音できない音は決して聞き取ることができない」という主張のもと、理論的かつわかりやすく、英語の発音を一から学習できる良書だ。

僕自身、この本を使ってから英語の発音はもちろんのこと、リスニングの力も大きく伸びた。それはこの本が英語スキルに必要な根幹の部分を養ってくれるからである。英語初心者はもちろん、英語の伸び悩みを感じている英語中級者や上級者にもおすすめしたい一冊だ。

 

今回紹介した英語発音の3つのコツは、英語初心者でもすぐに実践しやすいものを直感的に理解できるよう取り上げたが、本来英語の発音はしっかりとした教材を用い、直感的ではなく体型的に学ぶことが必要ということは理解しておこう。

 

☆英語の関連記事はこちら