Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

あなたが英語を聞き取れない5つの原因とその対策について


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20171020224323j:plain

今回はあなたが英語を聞き取れない5つの原因とその対策について述べていく。

 

  • 毎日英語の勉強をしているけど、一向に聞き取れるようにならない・・
  • Podcastやラジオを毎日聴いてるのに何も進歩がない・・
  • もはや英語を聞き取れない原因も正しい勉強法もわからない・・

 

あなたはこういうことを考えては、ただただ英語のラジオやPodcastを聞き流し、全然成長の実感がないまま毎日を過ごしていないだろうか?
 

これらは多くの英語学習者がもれなくぶち当たる壁で、例外なく僕もこの壁にぶつかった。「毎日英語のラジオを聴いてるし、Podcastも時間があるときはいつも聴いてる。でも、全然英語を聞き取れるようにならない・・・」これはかつての僕がいつも思っていたことだ。

 

きっとあなたもかつての僕のようにこれらの悩みを感じ、この記事に到達していることだろう。なかなか成長しない自分に対して、不甲斐なさや、「もう自分には英語は無理かもしれない。。」と若干のあきらめも感じているかもしれない。

 

でも大丈夫。今回の記事を読み、その通りに実践していけば、あなたは英語を聞きとれるようになる。

 

今回の記事は、「あなたが英語を聞き取れない原因」と、「聞き取るための正しい対策」を記載した。いずれも、英語を聞き取れなかったかつての僕が実践し、実際に聞き取れるようになった方法だ。

 

あなたが英語を聞き取れないのは、明確な原因と対策がある。それをまとめたのが本記事だ。

 

 

あなたが英語を聞きとれない5つの原因とその対策

あなたが英語を聞き取れない原因はこれから挙げる5つの項目の中のどれか、もしくはすべてだと僕は思っている。それぞれ原因と対策について述べていく。
 

原因その1: 日本語と英語が完全に異色の言語だから

原因その1。あなたが英語を聞きとれない原因の一つ目は、「日本語と英語は完全に異色の言語だから」だ。

 

以前別の記事でも挙げたが、英語と日本語には次のような違いがある。

 

  1. 発音の違い
  2. 周波数の違い
  3. 音の数の違い
  4. 表記の違い
  5. 文章構造の違い

 

発音も違えば周波数も違い、音の数も違えば表記も違い、文章構造までも違う。もはや共通する部分がないほど、英語と日本語は100%違う言語なのだ。ここまで全く違う言語というのは世界を見れば珍しいくらいだ。

 

であれば、"日本語しか使えない"あなたが英語を聞き取れるわけがないと思わないだろうか?これこそ、あなたが英語ラジオやPodcastをちょっと毎日聴いているだけでは英語を聞き取れるようにならない大きな理由だ。完全に違うんだから、そんな簡単に聞き取れるようになると思わないことだ。かつての僕は簡単に聞き取れるようになると思っていた。今思えば浅はかだ。

 

だとすると、まずあなたがやるべきことは「日本語と英語の違いを知ること」だ。

 

具体的な対策は以降でそれぞれ書いてあることをやっていけば良い。これから述べることを愚直にやっていけば、英語特有の構造や音に慣れていくのでまずは読み進めて欲しい。

 

原因その2: 英語の発音を知らないから

原因その2。僕やあなた、そしてほぼ全ての日本人が英語を聞きとれない最大の理由は紛れもなく「発音」だ。

 

「え??発音なんかが??」と思うかもしれないが、「発音」こそ、日本人にとって一番の鬼門であり課題なのだ。

 

発音の大切さを述べるにあたり、少し僕の話をさせてほしい。

 

このブログでは何回か述べたが、僕は英語を長い時間勉強していたが、「英語のリスニング」はなかなか上達しなかった。ある一定のところまでは聞き取れるようになったのだが、そこから先は全く伸びる兆しがなかったのだ。

 

「何とかもっと聞き取れるようになりたい・・!」そう思っては、英語に触れる時間を多くし、いろんな参考書を試した。仕事後も休暇もとにかく英語に触れた。でもダメだった。伸びなかった。

 

そうやって八方塞がりだった僕が最後にやったことが、「英語の発音を勉強しなおすこと」だった。

 

すると、すごいことが起こった。英語の発音を一から勉強した僕は、今まで聞きとれなかった音をだんだん聞き取れるようになっていったのだ。今までであれば全くわからなかった英文が、スッと理解できるようになったのだ。あんなにいろいろ試したのにダメだった僕の英語リスニング力は、発音を学んだことで一気にブレイクスルーした。

 

この体験をもとに、僕は確信した。日本人が英語のリスニング力を伸ばすには、英語の「発音」こそが最も重要だということを。

 

客観的視点を得るために、実際に著名な英会話教師が英語リスニングのポイントで挙げていることを調べてみたが、やはり大半は「発音」の大切さを一番に挙げていた。

 

だから、もしあなたが英語を長く勉強しているけど、それでも英語が聞きとれない場合、英語の「発音」こそが課題だ。英語の発音を学ぶことこそ、リスニング力アップの対策だ。

 

原因その3: 英語を英語のまま理解する力が弱い

原因その3は、「英語を英語のまま理解する力が弱いこと」だ。

 

英語を英語のまま理解する力とは、英語をパッと見て、または聴いたとき、いちいち日本語に変換することなく、すぐにその意味がイメージできる力だ。

 

この力は言い換えれば「英語脳」というもので、このブログで頻繁に僕が挙げている用語の一つだが、英語を聞きとれないということは、要はあなたが英語脳ができていないのだ。

 

例えば、文章を目で見て理解できないことは、決して聞き取ることもできないことはあなたにもわかるだろう。難易度で言えば、目で見る方が、聞き取るよりも易しい。聞き取るときは一回で聞きとらなければいけないが、目で見るときは戻って何度も見ることができるから当然だろう。 

 

つまり、もしあなたが英語を聞きとれない場合、そもそもその文章を見たときでさえ意味がわからない可能性が高いのだ。もしそうなら、あなたがやるべきことはただ一つ、英文の「多読」だ。

 

英文の多読は一見リスニングとかけ離れているように見えるが、実はものすごく相関性がある。英文の多読に慣れれば慣れるほど、面白いほどにリスニングはできるようになってくる。これは、英語を英語のまま一瞬で理解する「英語脳」が、多読によって養われるからだ。

 

だから、「リスニングには関係ないよねー」と多読を避けるのではなく、積極的に多読しよう。多読を徹底することで、どんどんリスニングで聞き取れる範囲は広くなっていくのだ。

 

コツとしては、多読する場合、基本的には易しめの英文を選ぼう。その方がすらすら読み進めていけるので、一瞬で意味をイメージする訓練をたくさん積みやすい。逆に毎回止まって辞書を手に取らなければいけないような英文は逆効果だ。易しめの文章で多読を実践しよう。

 

原因その4: 使われている単語を知らないから

原因その4は、使われている単語を知らない場合だ。使われている単語を知らない場合、その言葉をリスニングで聞き取ることはできない。

 

文章の前後を聴いて、知らない単語をイメージできるレベルにあなたがなっていれば別だが、そもそも英語を全然聞きとれないレベルの人がそんな能力あるはずがない。

 

だから、リスニング力を上げるためには、同時に単語力も蓄えていく必要がある。あなたがどの分野のリスニング力を身に付けたいかによって身につけるべき単語は変わってくるが、日常英会話の単語を覚える手段については、本記事の最後におすすめサービスを紹介するので最後まで読んでほしい。

 

原因その5: 聴いている英語のスピードがあなたにとって単純に速すぎるから

最後の理由は、聴いている英文のスピードがあなたにとって単純に速すぎるからだ。 

 

日本語と英語の違い、英語の発音を理解し、英語脳が形成されていて単語も完璧。でも聞きとれない場合、「単純にスピードについていけてない」だけだ。

 

だから、外国人と話す場合は少しゆっくり話してもらうように依頼し、徐々に速い会話スピードにも慣れていこう。

 

速いスピードの英語に慣れるならディクテーションがおすすめだ。ディクテーションは聴いた英文の一文字一文字を書き取っていく作業なので、英語の精聴力が身につく。速いスピードの英文をディクテーションすることで、音の繋がりなども理解することができる。

 

以上が、あなたが英語を聞きとれない原因とその対処法だ。

  

英語リスニング力向上のためのおすすめサービス

「英語を聞きとれない原因と対策はわかった。じゃあ何を使って勉強すれば良いの??」とあなたは思っているだろう。

 

なので、英語のリスニング力を向上させるためのおすすめサービスを紹介したい。どちらもこれまで数十種類以上の英語参考書やサービスを使ってきた僕が、選りすぐったサービス・教材だ。今回は2つ紹介したい。

 

英語の発音を理解する教材:「英語耳」 

僕の英語リスニング力を飛躍的に向上させた本、それが英語耳だ。このブログで何度も紹介しているが、また紹介させてほしい。

 

英語耳は英語の発音を学べる書籍だ。あなたはこれまで「英語の発音記号」をちゃんと学んだことはあるだろうか?おそらくないだろう。この英語耳は、英語の発音を発音記号から体系的に学ぶことができる一冊だ。

 

「発音できない音は、決して聞き取ることはできない」という主張のもと、徹底的に英語の正しい発音を僕たちに叩き込んでくれる本書は、あなたの英語リスニング力をブレイクスルーさせる力を持つ。まだ手に取ったことがないなら、ぜひとも手にとってほしい。

 

英語耳を使った英語勉強法は以下の記事にて詳しく取り上げている。

trave-writer.hatenablog.com

 

日常英会話の向上「スタディサプリEnglish」

もう一つはスタディサプリEnglishだ。日常英会話の能力を最速かつ効率的に伸ばしていくために非常に使えるサービスだ。

 

あなたも一度は聞いたことがあるだろう。スタディサプリEnglishはリクルートが出している英語学習サービスで、Appストアの教育カテゴリーで人気No.1になったほどの大ヒットサービスだ。

 

このスタディサプリEnglishの利点は、スマホアプリで使用することができるにもかかわらず、質が極めて高いことだ。

 

英語学習で重要なことは、とにかく継続することだ。それでも、もしあなたが忙しい社会人なら、継続することはかなり大変だと思う。ましてや毎日机に向かって「さぁ勉強しよう!」などとやっていたら、続けることはかり難しい。

 

そのため、英語学習を継続するなら、日々生まれる隙間時間を活用して勉強するのが一番良い。そして隙間時間の典型的な場面といえば、「通勤時間」だ。

 

そして、このスタディサプリEnglishは忙しい人が通勤時間を活用することを一番に想定していて、とにかく通勤時間を活用して英語を学ぶことができるように設計されている。

 

例えば、スタディサプリEnglishは一回のレッスンがだいたい数分で受講することができる。これは電車で一駅〜二駅分くらいのボリュームで、ちょっとした移動で空く隙間時間で受講できるボリュームだ。

 

そして、スタディサプリEnglishの素晴らしいところは、それだけコンパクトにレッスンをまとめているにも関わらず、重要な点を凝縮させている点だ。とにかく学習に無駄がない。実際に受講していて僕はそう感じる。

 

電車の隙間時間に勉強するだけならPodcastや他のアプリでもできるが、「質の観点」を含めると、スタディサプリEnglishの効率性に叶うものは現時点でないと僕は思う。

 

英語の音も、フレーズも、英単語も、全部スタディサプリEnglish一つで学ぶことができる。ディクテーションの機能もあるので、本当にコレ一つでほとんど学べる。唯一、英語の発音は「英語耳」を使うべきだと僕は思うが、それ以外はこれ一つで十分だ。

 

無駄な参考書をいくつも買わずに済むのも嬉しい。電車で重い参考書をいくつも取り出すより、スマホ一つで全部完結した方があなたにとっても楽なんじゃないだろうか?それなら、スタディサプリEnglishできた決まりだ。

 

このように、質の高い内容が隙間時間にできるボリュームでまとまっているスタディサプリEnglish。「電車の移動中は必ずスタディサプリEnglishをやる」と決めるだけでも、英語力はかなり身につく。

 

実際にスタディサプリEnglishを使っている体験談をまとめているので、こちらを読んで受講してみてほしい。

trave-writer.hatenablog.com

 

いま英語が聞きとれなくても、必ず聞き取れるようになる

 述べてきたとおり、あなたが英語を聞きとれないことには明確な原因がある。その原因を理解し、対策を講じることで、遅かれ早かれあなたは英語を聞き取れるようになる。

 

もし最短で英語を聞き取れるようになりたいなら、今回紹介した方法を試してみてほしい。スタディサプリEnglishスマホアプリでできるので、今すぐにでも始められる。英語耳はCD付きなので、早く買って取り寄せよう。 

trave-writer.hatenablog.com

  

 

今回は以上だ。