Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

《秀逸な英語学習の無料サイト》TOEIC400点だった僕が海外で仕事をするまでに使ったもの


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20160914034042j:plain

Cafe Centro | Benedicto de Jesus | Flickr

 

英語を勉強しよう。これからの時代を楽しんでいくために、英語は最強のツールになる。今回は英語を学ぶときに使える無料サイトをまとめた。TOEIC400点だった僕が使ってきて、その学習効果を感じたものに限定して紹介する。ちなみに現在の僕の英語力を話しておくと、海外に住んで英語を使って問題なく仕事ができるようになった。外国人部下を数十人持ち、プロジェクトを遂行できるようになった。日本に戻った現在も北米、南米、アジア、オセアニア、アフリカ全てにクライアントがいて日常的に英語を使って仕事をしている。

TOEICはその後受けていない

 

trave-writer.hatenablog.com

 

  

Verbling

f:id:travewriter:20160914015038p:plain

オンラインのグループ英会話に無料で参加できるVerbling。日本ではあまり大衆的に知られてないが、かなり使える英語のオンライン学習サイト。特徴は下記の通り。

「特徴」

グループ英会話に無料で参加することができる

教材あり

有料登録不要

カメラやマイクの必要なし

GoogleアカウントかFacebookアカウントだけで利用可能

名前やクレジットカードの登録不要

先生はネイティブで生徒も外国人ばかり

歴代の動画全てを振り返って観れる 

オンラインで英会話を学ぼうとすると、いろいろと面倒な登録や設定が必要だったりお金がかかったり先生がネイティブじゃないことがあるが、このVerblingはそういった煩雑さを全て無くしたサービス。先生はネイティブで生徒もほとんど外国人なので、完全にバーチャル留学をしている状況を自宅でも作ることができる。しかも、過去のレッスン動画を観れるというところが大きな利点。学習の教材は大量に存在する。

唯一、無料だと発言できない点がデメリットとして挙げられるが、それを補って余るほどの魅力に溢れたVerbling。こちらの方が下記記事でVerblingの使い方を丁寧にまとめている。

 

giraffyk1.hatenablog.com

 

 

Weblio

f:id:travewriter:20160914021045p:plain

 

語彙を調べるならWeblio一択。Weblioさえあれば他サイトも英会話辞書も不要だ。

「特徴」

語彙数、例文数が尋常でない量

英語学習上級者からプロまで利用する

Weblioの特徴としては、語彙数や例文の豊富が半端じゃなく存在する点。だいたいインターネットで英文検索をかけたらこのサイトがひっかかる。それはつまり、それだけの語彙数や例文数を備えているということ。

このWeblioは英語学習上級者や英語をプロとして使う翻訳者であっても重宝して利用しているサイトだ。スマホアプリが存在するので、いつでもどこでも検索できて振り返れるアプリでWeblioを使うのが一番便利である。

  

Lang-8

f:id:travewriter:20160914030109p:plain

 

Lang-8は世界中のネイティブと文章の相互添削ができるSNSサイト。

「特徴」

自分が書いた自信のない英文をネイティブが添削してくれる

1つの文章でも多くの人に添削してもらうことで複数の言い回しがわかる

外国人の友達が作れる=うまくやればネイティブとの無料Skypeチャットに持っていける

 海外で働く前に長い間お世話になったサイトだ。このサイトでは自分が自由に書いた英文をオンライン上に投稿することで、それを他者が添削してくれる。ときには何十人もの人が添削をしてくれることもあり、1つの文章でもいろんな表現の仕方を学ぶことができる。

基本的には相互添削が良い。日本語を学んでいる英語ネイティブの方が多くいるので、添削をしてあげよう。そのお礼に添削をしてくれたりと、こうして交友の幅も広がっていくのだ。

ただでさえ利用価値のあるLang-8だが、さらに深い使い方がある。Lang-8を最大限活用する方法は、Lang-8を通じて友達を作り、そのままSkypeチャットができる仲へ持っていくことだ。そのためには前述の通り、日本語を学習している英語ネイティブの人とLang-8を通じて親しい仲になるのが一番ベスト。

英語学習において大切なのは「毎日少しでも英語に触れること」。例えば1日15分間ずつ英語と日本語をお互い話す時間をSkype上で作れば、完全無料で英会話の実践の場を作ることができる。15分間は相手の日本語に時間を使うことになるが、それも友達であれば楽しい時間になる。

 

TED

f:id:travewriter:20160914012744p:plain

 

言わずとしれた英語カンファレンス動画のTED。世界中の著名人があらゆる分野のプレゼンを行うこのTEDでは、英語の勉強をしながら世界一流のプレゼンテクニックやその知識を学ぶことができる最強のプログラムだ。

「特徴」

各界の著名人のプレゼンであり、あらゆる質が高いプログラム

英語のプレゼンにおける世界クラスのお手本

内容自体が勉強になり面白い

スクリプトが用意されている

 TEDを使った詳しい英語勉強法は下記記事を参照。英語のリスニング力や語彙力を最短かつ効率的に身につけるのにTEDは大いに役立つ。 

trave-writer.hatenablog.com

  

NPR (National Public Radio)

f:id:travewriter:20160914022537p:plain

 

米国の公共ラジオ放送局のNPR。英語のニュースラジオだ。

「特徴」

英語音声が大量にストックされていて学習材料に欠かない

スクリプトが用意されている

1つのニュースが1〜5分で、隙間時間を有効に使える 

NPRのサイトには教材となり得る大量の英語音声やスクリプトが存在しており、英語学習者にとって重宝するサイト。スクリプトがついているので、TEDと同じ形式でリスニングの強化をすることができる。1つのニュースがだいたい1分から5分であり、TEDより短い時間で取り組むことができるのが利点。毎日仕事や学業で忙しいながらも、英語のスキルを身につけたい方にピッタリなサイトだ。

 

VOA Special English

f:id:travewriter:20160914023903p:plain

VOA Special Englishはアメリカ合衆国政府が運営する放送局で、日本でも最もメジャーな英語サイトの一つ。既に多くの英語学習者が紹介しているVOAだが、例のごとく僕も紹介したい。

「特徴」

非ネイティブ(英語学習者)用に作られたプログラム

英語の難易度が比較的優しめ

世界中の英語学習者から大人気の安定さ

 そもそもVOAのニュースには通常の「VOA」とこちらの「VOA Special English」が存在し、前者がネイティブ用のニュース、後者が非ネイティブ用のニュースとなっている。つまり、VOA Special Englishは英語学習者用に作られたニュースであり、英語の語彙の難易度や文法が比較的優しめに作られており、英語を学びたい学習者にとって取り掛かりやすいニュースサイトなのだ。特に海外の英語学習者からの人気が熱く、世界的に愛されて使われている信頼できる有力サイトである。

 

東京外国語大学言語モジュール

f:id:travewriter:20160915033649p:plain

 

東京外国語大学言語モジュールは英語の文法、語彙、会話、発音を学ぶことができる、東京外国語大学が発信しているインターネット上の言語教材。

「特徴」

文法、語彙、会話、発音を一通りこのサイトだけで学ぶことができる総合インターネット教材

アメリカ英語、イギリス英語といった地域、国別の英語学習プログラムがある

英語の能力を総合的に向上させたいのであれば、このサイトの教材を一通りやることで英語レベルは満遍なく底上げされる。

またこの教材の特徴として、地域・国ごとに英語の学習プログラムが存在し、アメリカ英語を勉強したい人はアメリカ英語を、イギリス英語を理解したい人はイギリス英語を選ぶことが可能。各国の英語の違いを理解するのに役立つ教材である。

英語以外にも30近い他言語を学ぶことができるサイトであり、言語学習者にとって重宝するサイトである。 

 

 

 以上、あまり多く出し過ぎても迷っていろいろ使ってしまいがちなので、僕自身がTOEIC400点から海外で仕事ができるようになるまでに使い、効果を感じたサイトのみ厳選して紹介した。英語の学習のポイントは「決まったサイトやコンテンツを繰り返し使いこなす」こと。あれこれと多くのサイトに手を出すことははっきり言ってよくない。「同じコンテンツを繰り返し使う」ことが大切で、今回紹介した中から目的に応じて繰り返し使いたいお気に入りの英語学習サイトが見つかると嬉しい。