Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、プログラミングなどを発信中

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

MENU

知識ゼロでもエンジニアへキャリアチェンジはできる?→条件付きで可能です【手順解説】


スポンサードリンク

エンジニアへキャリアチェンジはできる?→条件付きで可能です【手順解説】

 

  • エンジニアの仕事に興味があるんだけど、プログラミングの知識はゼロ。こんな自分でも、今からエンジニアにキャリアチェンジってできるかな・・・?

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

結論から言うと、エンジニアへのキャリアチェンジは条件付きで可能です。その条件については本記事で詳しく説明していきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、もともとプログラミングは未経験の初心者でしたが、プログラミングを学んだことで、今ではWebサービスを作ったりすることができるようになりました。現在はキャリア支援の仕事をしながら、当時身につけたスキルを使って個人で稼いでいます。

 

そんな経歴がありますので、エンジニアのキャリアについてはかなり詳しい部類かなと。僕自身がこれまで自身で経験してきたことも踏まえ、今回はエンジニアへのキャリアチェンジについて徹底的に解説していきます。

 

 

エンジニアへキャリアチェンジがしやすい時代です

エンジニアへキャリアチェンジがしやすい時代です

 

まずはじめに、今はエンジニアへのキャリアチェンジがしやすい絶好のタイミングなので、迷っているくらいならすぐに行動をすることをおすすめします。僕の周囲でも営業職からエンジニア、事務職からエンジニアといったキャリアチェンジをする人がとても増えています。

 

じゃあ何でエンジニアへのキャリアチェンジがしやすいかと言うと、理由は次の2つです。

 

エンジニアへのキャリアチェンジがしやすい理由

  1. エンジニアの需要が高まっているから
  2. 一方、エンジニアの供給は不足しているから

 

この2つが、エンジニアへキャリアチェンジがしやすい理由です。それぞれ解説していきますね。

 

1. エンジニアの需要が高まっているから

まず一つ目は、エンジニアの需要が高まっているからです。これはもう世の中のニュースをみていればわかることかなと思います。

 

あらゆる業界でIT化が進んでいますが、IT化をするためにはシステムを作る側の人間が必要です。そのシステムを作る人間がエンジニアですから、今優秀なエンジニアは世の中で引っ張りだこです。僕の知人の優秀なエンジニアも、あらゆるところから声がかかっており、多くの仕事を断っているような状況です。

 

優秀なエンジニアは特に顕著ですが、最近は圧倒的に優秀ではない普通のエンジニアでも、一定レベルのスキルがあれば企業ニーズは強いです。1年未満でも多少の実務経験があれば大歓迎という企業も僕が採用支援をしているIT企業では多いです。そういう実態から考えても、最近のエンジニア需要は本当に強いと日々感じています。

 

2. 一方、エンジニアの供給は不足しているから

需要が高まっている一方、エンジニアの供給は不足しています。需要があるけど供給が少ない、この状況こそが、未経験の人でもエンジニアにキャリアチェンジできるチャンスを生んでいます。

 

最近は特に、「経験者のエンジニア」がマーケットに不足しています。企業としては経験者エンジニアが欲しいけど世の中にいない、でも仕事はたくさんあるので人手は欲しい。そんな状況ですから、最近はまだ毛が生えただけのようなエンジニアの卵を採用する企業も増えています。

 

これらをまとめて一言でいうと、エンジニアの枠が空いているということですね。その枠に入るような経験者エンジニアがそもそもマーケットにいないので、未経験の人であっても、この枠を狙っていけるのが今の市況感です。

 

これが、エンジニアへのキャリアチェンジがしやすい理由です。

 

エンジニアにキャリアチェンジするなら今がチャンスです

エンジニアにキャリアチェンジするなら今がチャンスです

 

ということで、エンジニアへのキャリアチェンジは今とてもしやすくなっているのでチャンスですね。上記の通り、需要と供給のバランスがかなり崩れてしまっているのが現状ですので、その歪みを狙って転職するにはとても良いタイミングかなと思います。

 

実際前述通り、未経験の人がエンジニアになる事例も増えています。彼らは実際にエンジニアに転職することで手に職を身につけ、以前よりも人生を安定させたり、充実した待遇を実現しています。ですから、エンジニアになることを検討しているなら、早くそこを目指しましょう。

 

とはいえ、誰でも簡単にエンジニアに転職できるわけではない

f:id:travewriter:20180624174221j:plain

 

とはいえ、誰でも簡単に、エンジニアに転職できるわけではないことは注意が必要です。

 

具体例を出すと、例えば、リクナビNEXTマイナビ転職などの転職サイトの未経験求人に応募すれば、そこで「はい、採用」とはならないわけです。なぜかというと、転職サイトの未経験求人の多くは、実は経験者採用の求人のことも多いからです。

 

これは業界の裏側の話ですが、転職サイトの未経験求人は、経験者求人として出すと人がなかなか集まらないので、人材会社の担当者が間口を広げるために「未経験者求人」として出していることが多いです。そのため、「未経験者求人なら自分でも採用されるかも?」と未経験者がエントリーしても、実際はほとんど引っかからない、というケースが多いです。

 

ですので、エンジニアにキャリアチェンジをしたいからといって、真っ向からエンジニアの未経験者歓迎求人に応募をしても、簡単に転職できるわけではないということを認識しておく必要があります。もちろん、転職サイト経由で転職できる可能性もありますが、確率的には低いかなと思います。ですのでおすすめしていません。

 

未経験からエンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

未経験からエンジニアにキャリアチェンジする現実的な方法

 

じゃあどんな方法でエンジニアにキャリアチェンジできるかというと、一番現実的な方法は「就職支援付きのプログラミングスクール を使うこと」です。一番現実的で、そして確実に転職できる方法がこの方法です。

 

就職支援付きのスクールとは、言ってみればプログラミング未経験者向けの転職エージェントみたいなものです。プログラミングの基礎知識を身につけるための学習プログラムを提供し、そのプログラムを修了すれば、就職先を紹介してくれる、そういう仕組みです。

 

普通の転職エージェントと違うところはまさにこの学習部分ですね。普通は現時点で持っているスキルをベースに求人を紹介する形ですが、就職支援付きスクールの場合、いま持っているスキルに加え、プログラミングスキルをマークアップした上で企業に紹介してくれますから、普通に受けるより確率は高くなります。

 

特筆点としては、就職支援付きスクールで紹介してもらえる企業は、もともと正真正銘で「未経験者を採用したい」と思う企業に限定されているということです。なぜなら就職支援付きスクールの卒業生はほとんどの人がプログラミング未経験であり、その前提を理解した上でスクール運営会社とエージェント契約を交わしているからです。

 

つまり、普通の転職サイト・転職エージェント経由での転職と、就職支援付きプログラミングスクール経由での転職では、そもそも前提条件が完全に違うということですね。前者の場合、エンジニア経験者を含んだ人たちと選考を戦う必要がありますが、後者の場合、周囲のライバルは全員あなたと同じ未経験者です。

 

ですから、就職できる確率も高いですし、結果としてほとんどの人が就職までできています。就職支援付きスクールのほとんどは就職決定率が90%以上ですので、その数字からもこの事実がわかるかなと思います。

 

ということで、未経験からエンジニアにキャリアチェンジするためには、就職支援付きスクールを使うことが最も現実的で、かつ最短でできる方法です。他にはIT企業のアルバイト経由で正社員登用などの方法もありますが、時間がかかる上に不確実ですのでこれもおすすめしていません。

 

エンジニアへのキャリアチェンジに役立つ就職支援付きスクール

就職支援付きスクールにもいくつかありますが、個人的におすすめのスクールも紹介しておきます。

 

  • TechAcademyキャリア初心者向けの定番スクールです。無料。未経験は20代限定、オンライン受講可能です。
  • GEEK JOB無料スクールです。こちらも20代限定です。未経験でも最短1ヶ月でエンジニアに。オフライン型(校舎は東京の九段下)

 

この2つが個人的におすすめですね。2つとも僕自身が実際に受講したことがあるスクールでして、悩むならこのどちらかを選んでおけばOKです。

 

特筆点は、どちらも無料であることです。基本的に転職エージェントはどこも無料で使えますが、プログラミング学習も無料で受けられるのが、この2社の最大のメリットです。

 

ただ、このどちらも受講条件がありまして、それは20代限定ということです。30歳以上はそもそも受ける資格がないので、残念ですが諦めましょう。

 

とはいえ、30歳以上の方にも道はあるので安心してください。具体的な方法は30代未経験でもプログラミングスクールを使えば独立や転職できる?【結論と手順解説】 の記事で方法を解説しているので、参考にして行動してみてください。

 

一方30歳未満の方はTechAcademyキャリアGEEK JOBもどちらも受講できるので、タダでスキルを身につけて、タダでエンジニアへのキャリアチェンジをぜひ実現してくださいね。

 

 

まとめ

エンジニアへキャリアチェンジはできる?→条件付きで可能です【手順解説】

 

述べてきた通り、未経験からエンジニアへのキャリアチェンジはできますが、転職サイトや転職エージェントにただ登録して転職できるほど甘くはないです。

 

でも今回ご紹介した通り、就職支援付きスクールを使えば、未経験でもエンジニアへキャリアチェンジをすることができます。ですので、エンジニアになりたい方は、この方法を選ぶことが吉だと思います。プログラミングを学ぶことができ、最小の労力と期間でエンジニアになれ、しかもお金も一切かからない方法ですからね。

 

 

今回紹介したスクール経由でエンジニアとして就職し、そこで実務経験を1〜2年ほど積めば、フリーランスエンジニアとして独立することもできます。会社を利用してスキルアップするんだという意気込みで、エンジニアにキャリアチェンジすると良いと思います。

 

フリーランスエンジニアになれば20代で年収1,000万円以上稼いでいる人もザラにいます。週3勤務で家族との時間を大切に過ごしたり、リモートワークで海外移住する人も増えています。これは、手に職があるエンジニアだからこそ実現できる働き方です。

 

そんなエンジニアの世界に、早く足を踏み入れましょう。今ならエンジニア需要も高いので誰でも経歴関係なしに目指せますが、一度景気の風向きが変わってしまうとそう簡単には目指せなくなると思います。なぜなら企業が採用をストップするとき、真っ先に打ち切られるのは間違いなく「未経験の採用」だからです。

 

だからこそ、エンジニアへキャリアチェンジを少しでも検討しているなら、今すぐに行動を起こす必要があります。残念ながら、時間はあなたの都合の良いように待ってはくれないものです。まずは第一歩を踏み出しましょう。

 

  • TechAcademyキャリア初心者向けの定番スクールです。未経験は20代限定、オンライン受講可能です。
  • GEEK JOB無料スクールです。最短でエンジニアを目指すならココ。未経験でも最短1ヶ月でエンジニアに。オフライン型(校舎は東京の九段下)