Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

世界の観光地ランキング1位に輝いた街ケープタウンが1度訪れた観光客を虜にして止まない理由


スポンサードリンク

ケープタウン。僕は今まで世界中で多くの街を訪ねてきたが、この地ほどの衝撃と感動を受けた街は他にない。ケープタウン南アフリカの都市の1つ。日本人からはあまり知られていないが、世界観光地ランキングで堂々の1位に輝いた実績もあるほど、観光客の人気が熱い都市だ。ケープタウンの魅力は、はっきり言って日本の書籍やネットの情報のみでは理解することはできない。なぜなら、かの有名な地球の歩き方を持ってしても載っている情報は現地事情を知っているものからしたら「えっそこ勧める?」というレベルのものだから。 

そこで今回は、南アフリカに在住していた経験を持ち、かつケープタウンに幾度となく足を運んで現地を知り尽くしている僕が、ケープタウンの持つ魅力をいくつかピックアップして紹介していく。

 

 

壮大な地形が織りなす、世界でも類を見ないほどの絶景の数々

f:id:travewriter:20160823231622j:plain

Table Mountain panorama | Cape Town, South Africa View LARGE… | Flickr

 

f:id:travewriter:20160823231446j:plain

Cape Town Winter Sunrise | Early morning hike up Lion's Head… | Flickr

 

ケープタウンには、自らの目を疑うような絶景が数多く存在している。その絶景の数々を可能にするのは、この地特有の地形。偉大なるテーブルマウンテンと、テーブルマウンテンに抱かれた街、そして目の前に広がる広大なオーシャンのコントラスト。山と海が隣り合わせで存在し、その双方がこれだけ上手くシンクロしている地域を僕は他に知らない。 

ケープタウンでは少し道を進むと、その地形、存在する植物や街並み全てが物凄いスピードで移ろいでいく。「あれ?これ本当に同じ街なのか?」と何度思ったことか。どこを切り取っても絵になる街、それがケープタウンの魅力の1つだ。 

 

f:id:travewriter:20160823231808j:plain

Table Mountain Sunset - HDR | Sunset scenery from the top of… | Flickr

 

ケープタウンのシンボルとも言えるテーブルマウンテンは、その形自体がテーブルのような形をしているため、テーブルマウンテンという名前が付いています。テーブルマウンテンの頂上へはロープウェイを使って登ることができ、頂上へ着いたらあまりのテーブルの広さに間違いなくビックリすることでしょう。

 

頂上からは360度全ての方向を見渡せ、周囲の景色は圧巻の一言。この感動は写真では決して伝わらない。是非実際に現地で登ってからその感動を味わって下さい。

 

 

f:id:travewriter:20160823233616j:plain

the bench at the end of africa. another take. | One of the l… | Flickr

 

f:id:travewriter:20160823234222j:plain

hard-edged | On the Cape peninsula, in many places the land … | Flickr

 

テーブルマウンテンの麓にはケープタウンの中心地であるシティがあるが、そこから南に向かってケープ半島と言われる半島が伸びており、その半島の先にはかの有名な喜望峰が待っている。 

喜望峰までの道のりは絶好のドライブコースと言われており、ケープタウンのシティからは車で所要約1時間半。その途中でも数多くの絶景と出会うことができ、感動が止まることはない。まさにロマンの旅だ。 

途中で有名なところといえば、ドライブコースであるチャップマンズ・ピーク・ドライブ、ケープペンギンが生活するボルダーズビーチ、大量のアザラシを観察できるホウトベイなんかが有名、立ち寄ると良い。 

 

美しい水辺の街並み

f:id:travewriter:20160823235024j:plain

Cape Town Waterfront | The Victoria and Alfred Waterfront in… | Flickr

 

f:id:travewriter:20160823235143j:plain

V&A Waterfront | A view of the V&A Waterfront in Cape Town a… | South African Tourism | Flickr

 

ケープタウンは美しい海に面している水辺の街。ケープタウンのシティにあるウォーターフロントは、この街で最も栄えている地域として有名な場所だ。多くのショップやレストラン、豪華ホテルがハーバーに沿って立ち並び、多くの観光客が訪れる観光スポット。ここに立ち尽くしていると「本当にここはアフリカなのか?」と感じるだろう。そう、ここはアフリカだ。 

アフリカは日本人からしたら遠い国。でも実際に来てみると、物凄く発展しているところがあることに気づくだろう。特にこの南アフリカという国は、もともと白人が作った国。だからケープタウンはヨーロッパの欧米諸国に似ている街並みが多く存在しているのだ。

 

f:id:travewriter:20160823235921j:plain

Cafe. Camps Bay, Cape Town, Western Cape Province | Cafe. Ca… | Flickr

 

ケープタウンのシティから少し南に下った街「キャンプス・ベイ」はロサンゼルスを彷彿させるリゾート地。ここにはハリウッドスターや世界的著名人も別荘を構えるほどで、連日多くの観光客がビーチ散策や休暇を楽しんでいる。この街は僕も大好きな場所の1つ。海に沈んでいく夕暮れのサンセットを見ながら、テラス席でディナーとワインを楽しむのが最高の過ごし方だ。 

 

 世界で最も美しいワイン産地の街として有名な「ワインランド」の存在

f:id:travewriter:20160824002317j:plain

Stellenbosch cottage | A Cape Dutch style cottage on a wine … | Flickr

 

f:id:travewriter:20160824013307j:plain

Vineyard in a glass | Rudera Wines in Jonkershoek, Stellenbo… | Flickr

 

 僕がなぜここまでケープタウンのことを推すか?その大きな理由の1つにこのワインランドの存在が挙げられる。日本ではまだ有名ではないが、南アフリカのワインは世界的にもトップクラスの品質を持つワインとして評価されているほど。その多くのワインがこのワインランドで製造されている。 

ワインランドはケープタウンのシティから東に50kmほど行った地域に存在しており、世界で最も美しいワイン産地の街として有名。美しいブドウ畑が広がる街並みと、ケープ・ダッチ様式の白色基調で作られたワイナリーのコントラストが美しく、見ているものを虜にさせる雰囲気がこの街にはある。 

歴史を遡ること約350年前、ケープタウンが東方貿易で栄えていた時代にヨーロッパから持ち込まれたブドウの苗木から、ワインランドの歴史は始まった。今日まで高品質のワインを作り続けることができた1つの要因は、この土地特有の地形にある。ケープの地は周囲を1000mから1500m級の山に囲まれており、その山々が大西洋からの風を遮ることで、ヨーロッパのワイン生産地である地中海に似た気候、つまりワイン栽培に適した気候をこの地に作り出したのだ。その結果、極上のワインが多数製造され、現在ワインランドには600以上のワイナリーが存在するまでに大きくなったというわけだ。 

 

この街の楽しみ方はワイナリー巡り。ワインテイスティングをしながらワイナリーを転々とし、自分の好きなワインを探すというものだ。それぞれのワイナリーは広大な敷地を有しており、まるで1つのお城のようなサイズ。観光客がワイナリーを訪れる際には豪邸の門のようなところを入っていき、ワイナリーまでの長い道のりの脇には美しく整備された庭園やブドウ畑を堪能することもできる。 

ワイナリーにはレストランが併設されているところも多く、それぞれのワインに合った極上の料理を提供してくれるため、南ア国内全体のレストランランキングでもこのワインランドのレストランが多数上位に食い込んでいるほど。南アの料理はヨーロッパのようにとても美味しく、世界のレストランランキングでも上位に食い込むレストランもこの街から複数出ている。しかも値段が安い。日本で10000円以上払って食べるフレンチが、こっちでは日本より美味い、かつ4000円前後で利用できる極上のワイナリーも多数あるのが驚きだ。景色も食も満足度100%の場所、それがワインランドである。 

 

1度訪れた観光客を虜にして止まない街、ケープタウン

いかがだっただろうか。今回はケープタウンの持つ魅力を現地に住んでいた人の目線からお伝えした。ケープタウンはまだ日本人にとっては親しみのある観光地ではないが、隣の韓国や中国の観光客からは既に絶大な人気が出ており、多数の韓国人や中国人を街で見かけるほど。日本でも人気になる日はそう遠くない頃に訪れるだろう。治安の面はケープタウン観光であればそこまで心配もしなくて良いので、興味があったら足を運んでみよう。これからもケープタウンに関しては時折このブログで触れていく。