Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

《ブログ運営》ブログ収入を得るために本当に使える便利ツールやテクニック


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20161203095445j:plain

Lynx - WordPress Theme - productshot | Lynx is a clean, supe… | Flickr

今回は"収益化"を目的としたブログ運営に使える便利ツールやおすすめの本、Webサイト、そして集客に関するいくつかのテクニックをまとめた。ブログで収入を得ることを目指す運営者であれば知っておくべきことを厳選して取り上げている。

記事の始めの方はブログ初心者がまず押さえておくべきツールを紹介する。そして後半にいくに連れて本格的に収入を得るために使えるツールやテクニックを紹介していく。 

 

ブログ収益化のツール

Wordpress

長期間にわたり資産を築いていきたいなら、ブログ運営はWordpressを選ぶべきだ。Wordpress独自ドメインを使ってブログを運営するメリットは「他の誰にも侵害されない自分の資産を築ける」点にある。アメーバなどの無料ブログの場合、運営会社が潰れたり、何かしらの事情でブログ事業を撤退することになった場合、今まで自分が築いてきた資産は一瞬にして価値はなくなる。Wordpressであればそういう事態にはならないし、長期にわたってブログ運営をし、最終的に不労所得のような形でブログ収益化を目指すならWordpressを使うべきである。

このブログははてなブログで書いているが、僕自身もWordpressでブログやサイトを運営している。はてなブログも使っている理由やメリットは次項でお話する。

Wordpressを使うメリット
  • 運営者の事情に左右されず、長期的な資産をWeb上に築いていける
  • 多様なカスタマイズができ、本格的なサイトが作れる
  • 良い記事を積み重ねることによりSEOが強くなりやすい
Wordpressを使うデメリット
  • 最初は全くアクセスが見込めず、アクセスや収益が出る前段階で諦めてしまいやすい
  • カスタマイズができない人にとっては使いにくさがある

 

はてなブログ

はてなブログは稼ぐブログの代表例である。アクセスを爆発的に増やし、収入を得たいのであれば、選択肢ははてなブログ一択である。

はてなブログの一番の特徴は「爆発的な集客力」がある点にある。Wordpressではどれだけ良い記事を書いても、決してすぐに結果が出ることは少ない。一方、はてなブログで良い記事を書くと、「はてなブックマーク」などのWebサービスに記事が取り上げられることが多々あり、そこで爆発的な集客が見込めるのだ。ブログ初心者であれば、いきなりWordpressで始めるよりも、まずははてなブログでブログを始めると良い。ちなみに僕はWordpressから始めて今ではアクセスや収益が出るサイトになったが、かなり苦労した。今思えばはてなブログから始めた方が挫折はしにくいと思う。

はてなブログを使うメリット
  • ブログの初速が他ブログとは異なり、爆発的アクセスが初期から見込める
  • 良い記事を書けば誰かに読んでもらえるプラットフォームがすでに整っており、ブログ運営にありがちな「孤独感」を感じにくい
はてなブログを使うデメリット
  • はてなが運営しているサービスなので、ブログ運営ははてなの事業に左右される可能性がある

 

アフィリエイトサービス

ここではブログ初心者向けに複数のアフィリエイトサービスを紹介する。アフィリエイトのサービスを提供している会社はいくつもあるが、基本的なスタンスとしては「登録できるものは登録しておく」と良い。なぜか?それは自分が紹介したい商品の広告が、あるアフィリエイトプログラムではあるのに、一方のアフィリエイトプログラムではないようなことが頻繁にあるからだ。自分が紹介したい商品を確実に紹介するためには、複数のアフィリエイトサービスに登録は済ませておこう。今回紹介するアフィリエイトプログラムはその中でも必須のものである。

 

Google Adsense

ブログを収益化するのであればGoogle Adsenseは必須である。Google Adsenseとはクリック報酬型のアフィリエイトサービスである。Google Adsenseが提供している広告コードを自身のブログに貼り付けることで、ブログ上で広告が表示される仕組みだ。

Google Adsenseの良いところは「クリックされるだけで広告収入が入る点」と「読者の興味がある広告を自動で表示してくれる点」だ。つまり、僕たちは良い記事を書いて、多くの読者をブログに呼び込むことのみに注力すれば良いのだ。この観点で、Google Adsenseの広告収入とブログのPV数は比例関係にある。アクセスを集めれば集めるほど、収入は多くなるということだ。

Google AdSense

 

Amazonアソシエイト

AmazonアソシエイトAmazonの商品を自分のブログ内で紹介することにより、売り上げの一部が広告収入として得られるアフィリエイトサービスである。ブログ収益化には必須のサービスであり、まず登録を済ませておこう。Amazonアソシエイトアフィリエイト審査がなかなか通らない側面があるが、その場合は後述するもしもアフィリエイトを使えば良い。

Amazonアソシエイト

 

A8.net

アフィリエイトの代表と言えるのがである。広告の量、規模とも国内最大級であり、ブログで収入を得るなら必ず登録しておくアフィリエイトサービスの代表例だ。

A8.net

 

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトA8.netと同様、国内有数のアフィリエイトサービスだ。もしもアフィリエイトの特徴は、楽天の商品やAmazonの商品を同時に紹介できる点にある。ネットユーザーというのは、買い物においていつも使っているサービスを持っているケースが多い。毎回Amazonで買い物をしている人がいる一方、毎回楽天で買い物をしている人もいるのである。そういった両者の需要を取りこぼすことなく商品を紹介できるのがこのもしもアフィリエイトのメリットだ。
 

バリューコマース

アフィリエイトサービスにもそれぞれ得意分野というものがある。その中でもバリューコマースはITやガジェット、旅行関係の広告種類が豊富であり、このジャンルを取り上げた記事を書くブログなら登録は必須だ。

ヨメレバ・カエレバ

アフィリエイトプログラムではないが、アフィリエイトをより効率的かつ効果的に用いるツールを紹介する。ブログでアフィリエイト収益を得る上で便利なツールにヨメレバとカエレバがある。ヨメレバとカエレバは「アフィリエイトリンクを自動で生成してくれるオンラインツール」だ。

少しわかりづらいので説明する。通常アフィリエイトリンクというのは、AmazonであればAmazonの商品購入ページへの、楽天であれば楽天の商品購入ページへのリンクを生成するのが一般的だ。つまり、両者のページをブログに掲載するためには、リンクを2つ生成しなければならない。

この手間をなくすツールがヨメレバやカエレバである。ヨメレバ、カエレバを使うことで、一つのアフィリエイトリンクでAmazon楽天など複数の商品購入ページへつなげるリンクを生成することができる。これを使うことでブログの広告はスッキリし、Amazonで買いたい人はAmazonを、楽天で買いたい人は楽天を選ぶことができる。つまり、ユーザビリティを向上させることができるのだ。

ヨメレバは本を対象にしたツールであり、カエレバは物などの商品を対象にしたアフィリエイトリンク作成ツールである。使い方はいたって簡単。ヨメレバ・カエレバ上で紹介したい商品を検索し、その出てきた結果に記載されているコードを自分のブログ記事に貼り付けるだけだ。

ヨメレバ

カエレバ

 

キーワード選定

Googleキーワードプランナー

集客や収益化を目的としたブログ運営をするのであればGoogleキーワードプランナーは必須のツールである。Googleキーワードプランナーを使うと、世の中のネットユーザーが「どのようなキーワード」を「どれだけの頻度使っているか」が数値からわかる。ブログで集客し収入を得るためには、需要のあるキーワードから読者の知りたい情報を推測し、読者が求めているもの以上のコンテンツを提供することだ。期待を良い意味で裏切ることが、ブログを収益化する上では必要である。
 

Google Search Console

Googleキーワードプランナーと並んで重要なのがGoogle Search Consoleである。Google Search Consoleには検索クエリというデータがあり、その検索クエリこそ読者が実際に自分のサイトを訪れた際に使ったキーワードである。検索クエリから自分のサイトを訪れた人の心情を推測し、それを満たして余りある情報を記事に織り込もう。そうすることで読者の滞在時間や直帰率が減っていき、記事がGoogle検索で上位され、ブログのSEOは高まっていくのだ。
 

関連キーワード取得ツール

キーワードを選定する上で重要なのが"複数のキーワードを組み合わせる"ことである。特にブログを始めたばかりの初心者ではキーワード一語("英語"など)で上位表示を目指すことは至難の技。そこで、いくつかの単語を組み合わせたキーワード("英語, 勉強法, おすすめ"など)を狙うことで上位表示を目指そう。その組み合わせを一覧にして表示してくれるのがこの関連キーワード取得ツールだ。

関連キーワード取得ツールの有効な使い方は、Googleキーワードプランナーとあわせて使う方法だ。例えば"ブログ"の関連キーワードを知りたいとする。関連キーワード取得ツールで"ブログ"と入力し検索をすると、以下のような画面が出てくる。

f:id:travewriter:20161203101946p:plain

このうち、全キーワードリストの項目を見てみよう。ここに、ブログと一緒に検索されているキーワード一覧が出てくるのでこれを全てコピーする。次にGoogleキーワードプランナーを開き、運用ツールの「検索ボリュームと傾向を取得」を選ぼう。そこに関連キーワードで取得したキーワードリストを全てペーストして検索をすると、候補全ての月間検索ボリュームや競合性が一覧表示される。これを見て、検索ボリュームは多いが競合が少ないキーワードを精査しブログ記事に織り込んでいくことが、ブログアクセスアップにおける効果的な方法である。

f:id:travewriter:20161203102014p:plain

これよりもっと手軽に関連キーワードを調べる方法としては「Googleサジェスト」がある。Googleサジェストとは、Googleで何かを検索するときに候補をいくつか出してくれる機能であり、誰もが一度は使ったことがあるはずだ。

f:id:travewriter:20161203165114p:plain

このGoogleサジェストはPCよりもスマホユーザーが使用する割合が高いデータが出ている。最近の統計では、ネットユーザーがインターネットを利用する際に使う機器の割合はスマホがPCを上回っている状況だ。つまり、ブログで集客をするためにはスマホユーザーにより焦点を合わせたキーワード選択が不可欠ということだ。スマホユーザーのアクセスを取り込むためにもGoogleサジェストは有効活用するべきツールである。

関連キーワード取得ツール

 

SEO対策

バズ部(Webメディア)

f:id:travewriter:20161203100137p:plain

正しいSEO対策を学ぶ上で最も参考になるものが実はWeb上に存在する。それがバズ部だ。バズ部は効率的かつ効果的に人を集客する"SEO"の基本原則やノウハウをまとめたWebメディアである。バズ部には良質な記事やコンテンツが溢れており、右も左もわからないブログ初心者、ブログ運営で悩みにぶつかったブログ中級者や上級者にとっても役に立つ情報が掲載されている。ブログ運営において指針となる、最も信頼できるサイトの一つと言える。

SEO関連で困ったり壁にぶつかったらバズ部のコンテンツを読み返そう。SEOの観点で自分のブログが目指すべきことを、バズ部で紹介している原理原則やノウハウと比較・修正・すり合わせをしていくことで、着実かつ確実にSEOに強いブログに成長していける。

バズ部

 

ブログ記事構成、ライティング技術の向上

考える技術・書く技術

人を自然と納得させてしまう良記事を書くコツは、"論理的かつ具体的に主張や根拠を伝えること"である。本でもブログ記事でもそうだが、人は何かを読んだり聞いたりするとき、論理的な矛盾や違和感を自然と感じ取ってしまう生き物である。何かを読んでなんだか腑に落ちないと感じたことはないだろうか?その理由は「論理的な矛盾が生じている」か「主張や根拠が抽象的過ぎる」ことが多い。逆に言えば、「論理的矛盾を解消し、主張や根拠を具体的にする」ことで文章はグッと読みやすくなり、読者の心にスッと入っていくのである。

このような論理的思考や文章力を身につけることのできる本が考える技術・書く技術だ。今までいろいろな本を読んできたが、論理的に物事を考え、それを論理的に伝える力を養う本ではこの本が一番である。ブログで収益を上げる上ではもちろんのこと、論理的な思考というのは一生の財産になる。あらゆる仕事に応用ができ、それは日本であろうと海外であろうと大きな武器になるものだ。特に海外においては日本よりもより論理的思考に重きを置くことが多いため、海外で活躍したい人にもおすすめしたい良書である。

trave-writer.hatenablog.com

 

SEOに効くWebライティング

考える技術、書く技術がより普遍的なものである一方、よりSEOに特化するライティング技術を学ぶにはSEOに効くWebライティングの本がおすすめだ。検索上位に入るキーワード選定、記事の構成、伝え方など、ブログで集客し収益を挙げるための原理原則、ノウハウを学ぶことのできる良書である。

現代においてブログで収入を得るためには、Google検索で上位表示されることが必要不可欠の最低条件である。そして特に初心者が見落としがちなのが、「検索上位に表示されるためには、ただ良い文章を書くだけでは足りない」ということだ。いくら人を感動させ、納得させる文章を書いたとしても、それがユーザーの目に届くところになければ全く意味がないのだ。そして最もユーザーの目の届く場所ことが、Google検索結果の上位である。

ブログを収益化するためには、適切なキーワード選定を行い、適切なブログ構成・記事構成を行い、Googleに良サイトであることを伝えなければならないのだ。Googleに良サイトであることを認められて初めて、僕たちの記事は多くのユーザーの元に届く。そして多くのユーザーの元に届くことで、そこで収益が発生するようになる。SEOを意識したライティング技術を身につけよう。

 

ブログの検索順位チェック

SERPOSCOPE

f:id:travewriter:20161203100502p:plain

自分の書いた記事が検索順位で一体何位なのか、これを正確に知ることはブログで収入を得るためには欠かせない調査である。そこで使えるのがSERPOSCOPEだ。SERPOSCOPEはキーワードごとに自分のブログ記事が検索何位に表示されているかをまとめて検索できるサイトである。使い方としては、まず自分が狙ったキーワードをSERPOSCOPE上で登録する。すると、そのキーワードで自分のサイトが何位にいるか、SERPOSCOPEがデータを集計してくれる。僕たちはその統計データを定期的にチェックし、狙い通り上位に表示されていればそこを維持・向上していくためにコンテンツの整備や拡充を、上位表示されていなかったら記事をリライトし、上位表示を目指していくアクションが必要となる。

serposcope

 

GRC

 こちらもSERPOSCOPE同様検索順位チェックツールである。無料版では3URL、20キーワードまでなので、フル活用するなら有料版に登録しよう。注意点として、MACはGRCは対応していないので注意。

GRC

 

画像素材サイト

O-DAN

f:id:travewriter:20161203173343p:plain

O=DANは海外のウェブサイトの無料写真を日本語で横断的に検索できるサービスだ。通常、海外の素材を探す際は英語で検索をかけなければいけない。だがこのサービスを使えば日本語で、しかも大量の良質な画像素材を一度に検索し手にいれることができる。このサイト一つだけでもほとんどの欲しい写真は手に入る。

O-DAN

 

Flickr

f:id:travewriter:20161203100805p:plain

良質な画像は人を魅了するコンテンツ作りに欠かすことのできないものだ。ブログは記事こそ最も重要な要素であるが、使用している画像は読者の視覚から直接的に訴えかける重要な要素である。

画像素材サイトで最もおすすめなのはFlickrである。まず画像の種類が豊富である。自分の求めている大抵の画像はここで見つかる。それに加えて一つ一つの写真に美的センスがあるものが多い。他サイトに比べて良質な写真が多く、洗練されたセンスあるブログを構築していきたい人にとっては重宝するサイトだ。

Flickr

 

画像編集

Pixlr

f:id:travewriter:20161203103546p:plain

画像編集というとPhotpshopやIllustratorが一般的に用いられているものがメジャーであるが、これらは有料であるため使うことに踏み切れない人も多い。そこで、無料で使えるものでおすすめなのはPixlrである。

Pixlrは簡単な画像加工が無料でできるオンラインツールだ。手軽に使えて画像を編集できるので、初心者にもおすすめできる画像編集ツールである。まずはPixrlやPhotpshopの無料体験版等を使ってみて、それ以上の機能が欲しければ有料版を購入するという流れが良いだろう。

 

ヒートマップ解析

Ptengine

f:id:travewriter:20161203100952p:plain

Google Analyticsは解析ツールとして優秀だが、ユーザーの動きを可視化することはできない。ユーザーの動きを可視化することでより高度な解析を行いたい場合は、Ptengineを用いたヒートマップ解析が一つの手段となる。

ヒートマップ解析はブログを訪れたユーザーが自分のブログ内のどこをクリックしたかを可視化できるツールである。これを活用すると、自分のブログの広告の配置やコンテンツ配置をより効果的に練ることができる。いくら広告を配置していても全くユーザーにクリックされない場所であれば意味はない。よりユーザーがクリックしやすい位置に広告を持っていくことでクリック率は上がり、それに応じて収益性も高まっていく。

Ptengine

 

 表示速度チェックツール

Mobile Website Speed Testing Tool

f:id:travewriter:20161203101125p:plain

ブログの表示速度を確認できるツールがMobile Website Speed Testing Toolである。使い方は至って簡単。自分のブログサイトのURLを入力するだけだ。

ブログの表示速度というのは、思っているよりもユーザーの心理に影響するものである。各企業が調査している表示速度とそれに伴うユーザーの行動は次の通りだ。

  • Google社調査 :表示速度0.5秒遅くなる ⇨ 検索数20%減少
  • Amazon社調査1:表示速度0.1秒遅くなる ⇨ 売り上げ1%減少
  • Amazon社調査2:表示速度1.0秒速くなる ⇨ 売り上げ10%増加

 この調査結果から判断すると、表示速度はユーザーの行動に極めて大きく影響することがわかる。ブログの表示速度が2秒遅くなると、直帰率が50%上がるというデータも出ている。直帰率SEOや収入に大きく影響してくるので、Mobile Website Speed Testing Toolを用いて自分のブログの表示速度は定期的にチェックするようにしよう。

Mobile Website Speed Testing Tool

 

画像圧縮ツール

JPEGmini ・TinyPNG

f:id:travewriter:20161203101327p:plain

表示速度が遅いならJPEGminiやTinyPNGを使って画像を圧縮することを考えよう。画像を圧縮し軽量化することで、表示速度は向上し、よりユーザビリティの良いブログとなる。自サイトを訪れる読者のストレス要因を徹底的に無くそう。ネットユーザーはそれほどまでに敏感なのである。僕個人はTinyPNGをよく使っている。

JPEGファイルの圧縮      :JPEGmini

PNGファイルの圧縮(JPEGも可):TinyPNG

 

 ブログで収入を得るために重要な2つのコト

 最後に、現代において"ブログで収入を得るためには重要な2つのコト"を話して終わりにする。それは次の2つだ。

  1. Googleに良サイトと認めてもらい、検索上位表示してもらうこと
  2. 訪れた読者に"何かポジティブなモノ"を得てもらえるコンテンツを作ること

1. Googleに良サイトと認めてもらい、検索上位表示してもらうこと

現代のWebの世界において"Google"の影響力は果てしなく大きい。現在、日本国内で利用されている検索エンジンの占有率はGoogleが携帯・PCともに約70%である。これを世界に広げると、Googleは何と約90%ものシェアを築いている。

つまり、一人でも多くのネットユーザーに自分のコンテンツを読んでもらうためには、Googleに良サイトと認めてもらうことが必要不可欠なのである。ブログで収益をあげるために僕たちがやるべきことは、Googleの検索結果で上位表示してもらい、多くのユーザーの目に触れるコンテンツを作ることが第一ということだ。

2. 訪れた読者に"何かポジティブなモノ"を得てもらえるコンテンツを作ること

そして、せっかく訪れてくれた読者の時間を無駄にしないためにも、また自分のサイトを訪れてもらうためにも、訪れた読者に"何かポジティブなモノ"を得て帰ってもらうコンテンツを作ることが必要だ。そのためには持てる知識や経験を総動員し、それが足りなければ学び、使えるツールを存分に駆使してユーザビリティを上げることで、どのサイトにも負けない"良質なブログ"を構築していくことだ。それを愚直に続けていくことが、ブログで収入を得ることに繋がっていくのである。