Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

いま評判の「ニクリーチ」の魅力を紹介する【企業に焼肉をご馳走してもらい、キャリアの相談ができる就活サービス】


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170527090022j:plain

Yakiniku | 5th Luna | Flickr

就活を控えた大学生が、企業の担当者と肉を囲いながらキャリアのことや会社のことを聞くことができるとしたら、どうだろう、最高じゃないだろうか?実は学生にとって夢のようなそんなサービスが存在する。今回は、大学生が企業の担当者と肉を囲いながら仕事やキャリアの話ができるサービス、ニクリーチ を紹介する。

ニクリーチとは?

f:id:travewriter:20170527090438p:plain

ニクリーチ は、株式会社ビズリーチが提供している「お腹を空かせた学生と企業を結ぶ就活サービス」だ。株式会社ビズリーチは転職サイトビズリーチを運営している企業だが、そんな彼らがローンチした就活サービスだ。

ニクリーチを使うと、学生は企業から焼肉をご馳走してもらうことができる。肉を囲いながら、学生は企業担当者とキャリアや仕事のことをざっくばらんにいろいろと聞くことができる。お金がなくお腹を空かせた学生で、かつ就活の準備を進めたい学生にとってはこの上ないサービスだ。

さて、ここからはニクリーチの特徴をいくつか紹介していく。

企業からスカウトが届く

ニクリーチに登録すると、学生は企業からのスカウトを受けることができる。社会のことをまだ知らない学生にとっては社会・企業のことを知るきっかけとなるのだ。さらに言えば、ニクリーチには日本でも有名な優良企業が多数登録している。つまり、ニクリーチをきっかけに優良企業の担当者とコネクションを作っておくことで、実際の就活に有利に働くことは言うまでもない。

 

多様なキャリアを持った方々と会える

ニクリーチには多様な企業が在籍している。その業界はバラバラで、そこで働く人の仕事もまた多様である。つまり、ニクリーチを使うと、これまで多様なキャリアを築いてきた方々と会うことができるのだ。

多くの学生はバイト以外で社会に出て働いたことはなく、どんな仕事が自分に合っているか、自分でもわからないものだ。そういう人が自分に合う・やりたい仕事を見つけるためには、実際にその仕事をしている人に話を聞くのが一番良い。その観点で、ニクリーチを使えば、多様なバックグラウンドを持つ方と会うことができるので、自身のキャリアプランを設計しやすくなる。

 

上位学位の大学生と優良企業が多く登録している

ニクリーチの特徴の一つに、上位学位の大学生が多く登録している現実がある。東大、京大などの国立はもちろん、早慶などの上位私立大学の学生が多く登録している。ニクリーチは現在、登録学生51519人、導入企業128社、総マッチング10908社となっている。

*ニクリーチ実績より

f:id:travewriter:20170527090652p:plain

この点を企業側の視点から見ると、大学生側のメリットも浮き彫りになってくる。それは、上位学位の学生が多く在籍している=地頭の良い人材が多く登録していると企業側は見るので、そういう人材を自社に引っ張りたい優良企業もこぞってニクリーチを利用しているのだ。

ご存知の通り、現在の就職・転職市場は完全な売り手市場である。就活生が複数の内定を持つ時代だ。企業側が苦しい時代なので、優良企業でさえもこういったプラットフォームを利用しているのが現実なのだ。サイバーエージェントやフリークアウトなど、今勢いのある企業が数多く利用しているので、こういった企業に入りたい学生ならまず登録しておくべきだ。

 

ニクリーチのシステム

ニクリーチの特徴を説明したところで、今度はニクリーチのシステムを紹介していく。ニクリーチには2種類のシステムがある。

  1. 企業からスカウトを受け取る
  2. 企業へアプローチする

まず一つ目は、ビズリーチへ登録した学生は、企業からスカウトを受け取ることができる。学生が登録したプロフィール情報を企業側は閲覧することができ、自社に興味を持って欲しい人材に企業自らアタックすることができるのだ。学生にとっては自分の経験に興味を持ってもらえている企業からのスカウトなので、必然的に過去の経験に近しい仕事である可能性が高い。企業側にとっては守りの採用活動ではなく「攻めの採用活動」をすることができるので、スカウトが成功し関係を築くことができれば、自社の採用施策を効率的に進めることができるのは言うまでもない。

二つ目は、学生自ら企業へアプローチができることだ。ニクリーチを使えば、自分が気になった企業に対して会いたい旨を伝えることができる。その承諾が受託されれば、実際に企業担当者に会いにいくことができるというシンプルなシステムだ。

 

ニクリーチの使い方

これまで述べてきたように、ニクリーチの使い方はシンプルだ。まとめると、ニクリーチの使い方は次の3ステップである。

  1. プロフィールを記入する
  2. 企業からスカウトを受け取る or 企業へアプローチする
  3. 企業と日程調整し会いに行く

まずはニクリーチにプロフィールを登録しよう。プロフィールを登録したら、自分が気になる企業を探してコンタクトをとってみよう。その依頼が承諾されれば、あとは日程調整をして会いにいくだけだ。

その時に気になる企業がなかったとしても、前述通りニクリーチには企業からスカウトメールを受けることができる。スカウトメールは自身に興味を持ってくれている企業からの招待状なので、極力受けて会いにいくことをおすすめする。

 

ニクリーチを使い、後悔のない就活をしよう

ニクリーチは新しい就活サービスだ。学生にとっては気軽に企業担当者に会いにいくきっかけであり、その上美味しい肉まで頂くことができる最高のサービスだ。

一方企業側にとっても大きな利用メリットがある。昨今の売り手市場の中では、いち早く優秀な人材に自社へ興味・関心を持ってもらうかが鍵になるので、ニクリーチのようなダイレクトに学生にアプローチできる手法は今後もより一層一般的になってくるだろう。つまり、今後も優良企業がニクリーチに登録する可能性は高いということだ。

就活はその後の人生を決める非常に重要なイベントだ。自身のキャリアを深く考えず、中途半端に取り組んだ結果として、実際に入社した会社をすぐにやめてしまう人は近年物凄く多い。後悔しない就活をするためにも、ニクリーチのような企業担当者に会いにいけるサービスはどんどん使った方が良い。さらにいえば、ニクリーチは肉をご馳走してもらえるメリット自体があるので、使って損することはまずないのだ。

ニクリーチを使い、後悔のない就活をしよう。

就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス