Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

ビズリーチ・キャンパスの利用価値がとにかく高い。就活生必見のOB訪問サービスを紹介する


スポンサードリンク

f:id:travewriter:20170527091714j:plain

ビズリーチ・キャンパス を知っているだろうか?ビズリーチ・キャンパスは、就活を控えた大学生を対象にしたOB訪問サービスだ。このビズリーチ・キャンパスがとにかく利用価値が高いので、今回はビズリーチキャンパスの特徴や良さをお伝えしたい。

  • 来年就活を控えた2019年卒の大学生
  • 現在就活をしている2018年卒の大学生
  • かつ、面接では知り得ない"企業の内情"を知りたい方
  • それでも、企業の内情を聞くための知り合いやOBがいない方

上記に当てはまる方は、後悔しない就活をしないためにも絶対に知っておいた方が良いサービスだ。

ビズリーチ・キャンパスとは?

f:id:travewriter:20170527091839p:plain

ビズリーチ・キャンパス とは、株式会社ビズリーチが出している就活用のOB訪問サービスだ。大学生、その大学生が在籍している学校のOB/OG、企業の3つを繋げる新しいオンラインプラットフォームである。ビズリーチ・キャンパスの概要・特徴は次の通りだ。

気になるOB/OGに対し、オンライン上からコンタクトすることができる

ビズリーチ・キャンパスは、気になるOB/OGに対し、オンライン上からコンタクトをすることができる。大学生はビズリーチ・キャンパス上に登録後、自分に似たバックグラウンドや経歴を持つOB/OGをサイト上から検索し、話を聞きたいボタンを押してOB/OGから承諾されれば、話を聞きにいくことができるという仕組みだ。

 

 

自分と共通点のあるOB/OGが見つけやすい

ビズリーチ・キャンパスを使えば、簡単に自分と共通点のあるOB/OGを探すことができる。OB/OGのプロフィール情報には学部、学科などの情報の他、出身のサークルやゼミなどの詳細情報も登録されているため、共通点がある人を見つけやすいのだ。また、ビズリーチ・キャンパスには2017年2月時点で大学生16,000名、OB/OG13,000名が登録している。母体数もどんどん増加中であることからも、共通点のある先輩は刻一刻と増えているのだ。

 

企業から採用情報を受診することができる

ビズリーチ・キャンパスは大学生とOB/OGを繋ぐだけではない。ビズリーチ・キャンパスには企業も登録をしており、大学生は企業から送られてくる採用情報を受診することができるのだ。採用情報の中にはOB/OG訪問会や交流会などの情報もある。大学生側からすれば、いち早く企業と接点を持つことができることは大きなメリットとなる。

以上がビズリーチ・キャンパスの特徴だ。

 

OB訪問をするメリット

さて、ビズリーチ・キャンパスは新しいOB/OG訪問のプラットフォームだが、これから就活をする就活生はOB訪問をするメリットをどれくらい感じているだろうか?OB訪問をするメリットは、恐らくあなたが考えているより遥かに大きい。OB訪問をするメリットは次の通りだ。

入社前と後のギャップが少なくなる

OB訪問をすると、入社前と入社後のギャップが少なくなる。

多くの人がぶつかる問題に、入社前と入社後のギャップがある。「思っていたのと何か違う」「全然自分の求めていたところじゃなかった」という、マイナス面でのギャップが発生する事例が数多く発生しているのだ。

その理由だが、企業のHPなどインターネットの情報は不確かな面が強く、必ずしも企業の実態を映し出しているわけではない点がある。当然、企業側は外部からの見られ方を意識するわけで、ともすれば企業は自身の良い面ばかりをWEB上で見せることはごく当然のことと言える。

また、この表面上を良く見せる問題は、何もWEB上に限った話ではない。実際に就活をして企業の人事担当者に会えば、企業側は良い就活生を確保するために会社の良い面ばかりを取り上げることが普通である。ただし、実はその裏側には、人事担当者が隠しているマイナス面が多数あるかもしれないことを、就活生は中立な立場で認識しておかなければならない。さもなければ、採用時の企業の姿に惹かれて入社した新社会人は、イメージと実態のギャップを強く感じてしまいかねない。こうした入社前と入社後のギャップの結果が、昨今増えている新卒で入った会社をすぐに辞めてしまう第二新卒者の増加という末路だ。

入社前と入社後のギャップをなくすには、OB訪問が最適

採用につきものの入社前後のギャップだが、このギャップを防ぐ方法こそがOB訪問だ。OB訪問で会う企業担当者は人事の採用担当ではなく、一般の社員だ。彼らはあなたを採用する担当者ではなく、採用に対するノルマも持っていない。言い方を変えれば、あなたの大学の一先輩という立場だ。企業の採用担当者が就活生に話をすることと、大学の先輩が後輩に話をすることは全く異なる。

一般的な傾向として、人は似たバックグラウンドを持つ人に好意を持つ。同じ出身地、同じ大学、同じサークルなどだ。OB/OG訪問は同じ大学という似た境遇を持つ就活生、OB/OGを繋ぐので、「HPではわからない企業の本当の姿」や「企業の内情」を限りなく正確に知ることができる。

 

ビズリーチ・キャンパスを使うメリット

その上で、ビズリーチ・キャンパスを使うメリットは次の通りだ。

手軽にOB/OGとコンタクトできる

従来は、OB/OG訪問をするとなると、大学の就活センターのような場所にわざわざ足を運び、担当者と話をしたり書類を書いたりしてからOB/OG訪問の手配をする形だった。しかし、ビズリーチ・キャンパスを使えば、インターネットさえあればいつでもどこでも気になる先輩にコンタクトをする"手軽さ"がある。気になる企業や業界が浮かんできたら、ビズリーチ・キャンパスで調べればすぐにコンタクトをすることができる。この手軽さはビズリーチ・キャンパスの大きなメリットだ。

 

早期に自分のキャリアを考えるきっかけが作れる

前述通り、ビズリーチ・キャンパスは大学生とOB/OG・企業をつなぐオンラインプラットフォームだ。本来なら、大学生が企業担当者と会うのは説明会や面接が初めてとなるが、ビズリーチ・キャンパスを使って事前に業界や企業情報、仕事内容等を知れることで、自分の進むべきキャリアを早期に考えるきっかけを作ることができる。

多くの就活生はいきなり説明会や面接に足を運び、そこで初めて業界や仕事の内容を知る。そこで内定が出ればそのまま入社を決め、その中の一定数の人はイメージと現実のギャップに苦しむ。これを防ぐためには、企業の選考に進む前に、表面上でない企業や仕事の実態を知り、自分の価値観と照らし合わせてじっくり検討することだ。

ビズリーチキャンパスを使えば、自分の気になる業界や企業、そしてそこで働く先輩との接点をいち早く持つことができるので、早い段階でキャリア設計をすることが可能になるのだ。キャリア設計を事前にした上で面接に進むので、入社後のギャップも少なくなり、良い社会人生活が送れるようになる。

 

ビズリーチ・キャンパスの使い方

ビズリーチ・キャンパスの使い方は次の通りだ。

  1. サイトから登録する
  2. 同じ大学のOB、OGを検索する
  3. 気になる方がいたら訪問依頼のメッセージを送付
  4. OG、OGが承認後、会う日時・場所を決める
  5. 会う

通常のOB訪問と異なり、実際に会うまでは全てオンライン上で調整することができる。至ってシンプルな操作だけなので、使い勝手も非常に良い。 

 

ビズリーチ・キャンパスの口コミ、体験談

ビズリーチ・キャンパスを実際に使った人の口コミは次の通りだ。

名前:みくりさん

地域:兵庫県

性別:女

自分と同じ大学を母校とするOBやOGから直接職場の話等を聞くことが出来るというシステムがあるのですが、当初自分にはあまりそのシステムは合わないのではないかと思っていました(自分の大学は女子の数が少なかったので、行きたい企業にOGはいないだろうと予想していました)。しかし、実際にOG訪問をしてみると、もともと自分が目指していた業種や職種以外の仕事に目を向けるきっかけとなり、就活を勧めるうちに、徐々にやりたい仕事が変化してきたり、会社への志望動機が固まってきたりしたので、このサイトのOB、OG訪問が結果的に役に立ちました。

引用:転職口コミJOBより、http://kutikomi-job.com/job-hunting/br-campus 

 

ビズリーチ・キャンパスを活用しよう

OB/OG訪問は就活において、入社前と入社後のギャップを防ぐために必ずやっておきたい行動だ。そして、OB/OG訪問を効率的にするなら、今回紹介したビズリーチ・キャンパスが最善の方法だ。

  • 来年就活を控えた2019年卒の大学生
  • 現在就活をしている2018年卒の大学生
  • かつ、面接では知り得ない"企業の内情"を知りたい方
  • それでも、企業の内情を聞くための知り合いやOBがいない方

就活はその後の人生を決める大事なイベントだ。上記に当てはまる方は、新しいOB・OG訪問であるビズリーチ・キャンパス を利用し、後悔しない就活、そして就活の準備をしよう。