Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、プログラミングなどを発信中

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

MENU

30代未経験でもプログラミングスクールを使えば独立や転職できる?【結論と手順解説】


スポンサードリンク

30代未経験でもプログラミングスクールを使えば独立や転職できる?
 

  • 気づけばもう30代。今の仕事をこれからも続けていけるか不安だなぁ。エンジニアの仕事に興味があるんだけど、30代の未経験でも、プログラミングスクールを受けるとエンジニアとして独立や就職できるのかな...?

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

簡単に僕のことをご紹介すると、プログラミングスクールを使ってスキルを習得。現在は転職やキャリア支援の仕事をしながら、当時身につけたスキルを使って個人でも稼いで生きています。

 

さて、ネットを見ていると、就職や転職事情について詳しくない方がエンジニア就職に関して書いている記事も多く、見ていると的外れなことも結構あるんですよね。僕はどっぷり就職やプログラミングの世界に浸かっているので、そこで得たエンジニア就職や独立事情について、当ブログでは書いています。

 

そこで今回は、30代未経験からプログラミングを学んで就職や独立することに関して、僕がこの目で見てきた実態を語っていきます。30代未経験からプログラミングを取得してキャリアを拡げる方法も併せて解説しますね。

 

 

30代未経験でもプログラミングスクールを使えば独立や就職はできます

結論ですが、30代未経験でもプログラミングスクールを使えば独立や就職はできます。なぜなら、実際に30代でプログラミングスクールを使って就職や独立を実現している人がたくさんいるからです。

 

IT企業は経験者エンジニアが採用できていない

30代未経験でも就職できる理由としては、IT企業が経験者エンジニアを採用できておらず、多くの企業が未経験者採用に力を入れているからです。

 

今、エンジニアは深刻な人手不足の状態でして、多くの企業が経験者エンジニアの採用に困っています。ただ、経験者が取れないとはいえ企業としては人手が必要なのは変わらないので、取れない経験者ではなく、比較的取りやすい未経験者を採用するようになっています。

 

そんな状況なので、最近は20代未経験者のみならず、30代未経験でも、エンジニア就職や独立を実現する人は増えています。一言で言えば、30代未経験でも需要があるということです。

 

簡単ではない

ただし、30代未経験からエンジニア転職や独立をすることは、簡単ではないことも事実です。

 

当然ですが、30代未経験の方は、20代未経験の方より難易度は高めです。同じ未経験を取るなら、30代より20代を取るのは企業の普通の感覚です。実際、僕が採用を手伝っているIT企業も、未経験なら30代より20代を採用したいという企業が多いですし、それは傾向としては仕方ないかなと。いくら売り手市場とはいえ、30代未経験が適当に転職活動して、適当に転職サイトの未経験OKエンジニア求人に応募しても、受かる可能性はかなり少ないということです。要は、無闇やたらに行動しても難しいということです。

 

簡単ではないからこそ、プロに学んだり聞くことが必要

「やっぱり30代未経験からエンジニアやプログラマーになるのは難しいんじゃ・・・」と思うかもしれませんが、正しいやり方で行えば大丈夫です。

 

正しいやり方とは、プロの助けを借りながらやることですね。30代未経験のエンジニア転職・独立は簡単ではないからこそ、実際に現場を知っているプロのエンジニアからいろいろと教わることが必要となります。それはプログラミング学習の面でもそうですし、独立するならどうやって仕事を獲得しているかなど、そういったことをプロから教わることです。

 

「でもエンジニアの知り合いなんていないし・・」という方が、そういう環境を簡単に作れる場所がプログラミングスクールです。ですから、30代からプログラミングを学ぶならスクール利用は必須です。

 

プログラミングを学べばキャリアは広がる

ここまでエンジニア転職・独立メインで話を進めてきましたが、プログラミングを学べば他にもキャリアは広がります。「プログラミングを学ぶ=エンジニアになる」と考えている人は多いですが、実はプログラミングを学べば、例えば以下のような道もあります。

 

  • プログラミングを学ぶ→ITを理解した市場価値の高い営業になる
  • プログラミングを学ぶ→技術を理解したWebマーケッターになる
  • プログラミングを学ぶ→自分でサービスを作って起業する

 

このように、プログラミングを学べば、エンジニアとして就職したりフリーランスになる以外にも色々なキャリアがあります。僕も身につけたスキルを使って個人で稼いでいますし、ITを理解しているのでエンジニアのキャリア支援でも活かせています。

 

ですから、もしエンジニアとして働くことをまだ決めかねている場合でも、まずは勇気を出して一歩を踏み出し、チャレンジしてみることが何より大事かなと。結局スタートしないと現状は何も変わりませんし、スタートするからこそ、自分にあった道も見えてくるかなと思います。パソコンの前であれこれ考えていても現実は何も変わらないものです。

 

30代未経験向けのプログラミングスクール

じゃあ30代未経験の方はどこのプログラミングスクールを選べばいいかと言うと、一番良いのはTechAcademyを受けることです。TechAcademyはプログラミングスクールの中でも最大手の一つで、初心者向けの定番のスクールです。僕も実際に受けたスクールでして、1ヶ月でプログラミングスキルの基本をがっつり学べました。

 

基本的には就職までしたい場合、一番良いのは「学習と就職支援」があらかじめセットになったプログラミングスクールを選ぶことなんですが、問題なのは就職支援がセットになったコースのほとんどは「30歳未満限定」ということなんですよね。前述のTechAcademyは就職支援はセットになっておらず、まずは学習だけのコースとなります。(TechAcademyが別で提供している学習と就職支援セットのコースTechAcademyキャリアは30歳未満限定です)

 

一応、30歳以上でも受けられる就職支援つきスクールにTECH::EXPERTというスクールがありますが、TECH::EXPERTは受講に際して選考もあり、30歳以上だと落とされる可能性も高いそうで、ハードルは高めです。

 

となると、一番の選択肢はTechAcademyでまずは1〜2ヶ月学んでみることですね。こちらは30歳以上どころか、40歳以上でも受けている人がたくさんいます。選考もありません。

 

加えて、TechAcademyの場合、有料コースを受講すればその後に希望者には就職サポートもしてくれるので、道も拓けると思います。実際にやってみればその先には複数キャリアも見えてきますし、まずはやってみましょう。

>>TechAcademyを受講する

 

キャリアは波乗り。自由にやってみよう

思うに、キャリアというのは波乗りに近いんじゃないかなと思っています。特に現代のように働き方が多様化していて、転職も一般的になっている時代においては、頑なに一つのことに執着せず、波乗りするように、良いと思える波には柔軟に乗ってみることも大事なんじゃないかなと思います。

 

その点、プログラミングはいろんな場面で役立つスキルです。エンジニアになって独立すれば20代や30代で年収1,000万円を実現している人もザラにいますし、リモートワークや週3勤務といった働き方も選べます。その上、手に職が身につきますから、職に困りません。学んで得することは100あっても、損することは一つもないと思います。

 

  • プログラミングを学ぶ→エンジニア就職する
  • プログラミングを学ぶ→フリーランスエンジニアになる

 

この道は王道ですね。

 

  • プログラミングを学ぶ→ITを理解した市場価値の高い営業になる
  • プログラミングを学ぶ→技術を理解したWebマーケッターになる
  • プログラミングを学ぶ→自分でサービスを作って起業する

 

こんな道もあります。プログラミングを学べばエンジニアに限らずいろんな道が拓けますから、今の現状に不満があるなら、まずは今すぐにでもトライしましょう。結局行動を起こさなければ、現実は何も変わらないものですから。

>>TechAcademyを受講する