Travewriter

元海外在住の複業サラリーマンが、働き方、英語、プログラミングなどを発信中

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

MENU

【20代転職】転職で使って本当に良かった転職エージェント・転職サイト7社【おすすめ厳選】


スポンサードリンク

【20代転職】20代の転職で使って本当に良かった転職エージェント・転職サイト7社

 

20代後半で転職をし、その際に転職エージェントと転職サイトを使いました。もともと転職する前から転職エージェント・転職サイトを利用しており、これまで20社を超える転職エージェント・転職サイトを使ってきました。

 

20代転職の時は、時価総額で世界トップ10に入るIT企業をはじめ、日系大手やベンチャーから複数内定をもらうことができました。

 

そこで今回は、僕が20代で使って本当に良かった転職サイト・転職エージェントを7社、紹介していきます。

 

初心者の転職サイト、転職エージェント選びは、各社のサービスの違いがよくわからず悩むことが多いと思いますが、転職は「若さ」が最大の武器になり、時間が経過すればするほど、選べる選択肢が減っていく世界です。

 

だからこそ、本記事を読んで、転職サイト・転職エージェント選びで悩むことはもう今日で終わりにしましょう。

 

 

20代の転職サイト・転職エージェントの活用方法【実体験より】

20代の転職サイト・転職エージェントの活用方法【実体験より】

 

結論、「転職エージェント」をメインで使うことがおすすめです。なぜなら、転職エージェント経由の方が、選考や転職を有利に進めることが多いからです。

 

転職エージェント経由で転職活動をする場合、転職エージェントの推薦状付きで企業に応募することができます。推薦状付きで応募すると、本来転職サイト経由では通らない企業でも、選考に通ることがあります。

 

例えば僕の話をすると、冒頭であげた世界時価総額トップ10に入る大手外資企業に応募しましたが、ここは転職エージェントの推薦もあり、書類選考を通過することができました。また、別の日系大手企業では、書類選考を免除して面接に進むこともできました。

  

また、転職エージェント経由であれば、「年収交渉」を転職エージェントに代わりにしてもらうことができます。

 

転職の場合、どれだけ優秀な方であっても、転職した先で活躍していけるかはわかりません。「入社するときは年収が下がりますが、活躍すれば1年で年収は上がるので心配ないですよ」というアドバイスをする転職エージェントもたまにいますが、この考え方は基本的にNGと考えて良いです。

 

転職先で活躍できる保証なんてどこにもないですし、そもそも環境が変わると活躍できなくなる人は実際かなり多いのが実情です。だからこそ、年収を確実に上げていきたい方は、転職時に年収アップを果たした状態で転職しておくことが必要です。

 

その際、転職サイトの場合は、自分で年収交渉をしなければいけません。一方、転職エージェントであれば転職エージェントがかわりに交渉してくれるので、年収交渉に苦手意識がある方は、無理せずに転職エージェントに任せた方が無難です。

 

転職サイトは求人の情報収集として利用し、転職エージェント経由で応募する、これがおすすめの方法ですね。

 

【20代転職】転職で使って良かったおすすめの20代向け転職エージェント・転職サイト7社

【20代転職】転職で使って良かったおすすめの20代向け転職エージェント・転職サイト7社

 

ここから、僕が20代の時に使って本当に良かった転職エージェント・転職サイトをご紹介します。 今回は7社の転職エージェント・転職サイトを紹介します。

 

1. リクルートエージェント

20代 転職エージェント 転職サイト

 

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大手の会社です。僕も一番最初に登録をしました。僕が使った時は、リクルートエージェント経由で20社ほど紹介をしてもらいました。内訳としては大手日系IT企業、大手外資IT企業、国際貿易企業等でした。

 

リクルートエージェントを運営しているリクルートは、これまで何十年と人材業界を築いてきた会社です。そのため、他の転職エージェントと比較しても、求人数の多さ、情報量の多さは日本でもNo.1です。

  

リクルートエージェントは、企業側を担当するコンサルタントと、僕たち求職者側を担当するコンサルタントが分かれております。このうち後者の求職者側を担当するコンサルタントが、実際にキャリア相談や求人の紹介をしてくれます。

 

最大手ということもあり、コンサルタントにもいろんな方がいます。質にはバラツキがあることは否定できません。ですが、総じて頭の回転が早く、かつ対応が早いコンサルタントが多いので、信頼して相談することができました。リクルートエージェントは20代の初めての転職であれば外せない、定番の転職エージェントです。

 

 

2. DODAエージェントサービス

20代 転職エージェント 転職サイト

 

DODAエージェントサービスもぼく自身使って本当によかった転職エージェントです。20代転職であれば、リクルートエージェントと並んで登録しておくべき転職エージェントです。僕はここで、大手日系企業を中心に紹介してもらえました。

 

DODAエージェントサービスは利用企業から評判がとても高いため、大手日系企業をはじめ、たくさんの優良企業がDODAエージェントサービスを利用しています。そのため、登録すれば優良求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

 

また、DODAは転職エージェント機能のエージェントサービスとは別に、転職サイトとしての機能もあります。

 

企業から評判が良いのは「転職エージェント機能」の方なので、利用するならDODAエージェントサービスが一番ベストですが、転職サイトとしても求人数がたくさんあり、スカウトも届くようになるので、登録しておくだけでも選べる選択肢が広がります。 

 

 

3. マイナビジョブ20's

20代 転職エージェント 転職サイト

  • おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 対応地域:東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀のみ
  • 対象年齢:29歳まで
  • 公式サイト:マイナビジョブ20's

 

20代に特化した転職エージェントでおすすめはマイナビジョブ20's です。僕はここで、日系大手企業やベンチャー企業を紹介してもらいました。

 

マイナビジョブ20"sは第二新卒や20代転職に特化しています。これはリクルートエージェントDODAエージェントサービスと違うところです。

 

経歴に自信がない方でも、気兼ねなく受けられることが、マイナビジョブ20'sのおすすめポイントです。自分の経歴に自信がない、転職で内定が出るか不安。そういう方はマイナビジョブ20's を利用してみましょう。

 

 

4. ビズリーチ

20代 転職エージェント 転職サイト

  • おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 対応地域:全国
  • 公式サイト:ビズリーチ

 

ビズリーチは本当に使ってよかった転職サービスの代表的な一社です。僕はビズリーチ経由で大手日系企業ベンチャー企業などを紹介してもらいました。

 

ビズリーチはハイクラス転職というコンセプトでサービス展開していることもあり、20代だと使うことに抵抗があるかもしれません。ですが、大手出身の20代であれば、いろんなところから声がかかるかと思います。

 

ビズリーチは、レジュメを登録しておくだけで「面談確約のスカウト」が届きます。僕は年収500万円を超えた頃からスカウトが来るようになりました。500万円前後の方は登録してみると、良いオファーが届くと思います。700万円台を超えてからは、さらに良いオファーが来るようになりました。

 

企業のトップである社長から直接スカウトメールが来ることもあります。ですので、レジュメをまずは登録しておくことがおすすめです。 

 

 

5. JACリクルートメント

20代 転職エージェント 転職サイト

 

JACリクルートメント外資系の転職エージェントです。ビズリーチ同様、ハイクラスの転職に強い転職エージェントです。僕はここで、先述した時価総額世界トップ10に入る某外資大手IT企業をはじめ、ITベンチャーなどを紹介してもらいました。

 

特徴としては、JACリクルートメントは企業側のコンサルタント、求職者側のコンサルタントが分かれておらず、一人のコンサルタントが企業・求職者の両方を担当する点です。これはリクルートエージェントと異なる点です。

 

JACリクルートメントは企業とやり取りしているコンサルタントが直接相談に乗ってくれるので、ちょっとした要望も通りやすいです。僕が外資大手企業に内定したときも、担当コンサルタントから推薦をしてもらったことが大きかったです。

 

JACリクルートメントは20代だと、経歴によっては紹介が出ないこともありますが、大手出身の方などであれば、優良企業の求人を紹介してもらえる可能性は十分あります。無料ですし、チャレンジしてみる価値は大きいと思います。

 

  

6. キャリトレ

【20代転職】転職で使って良かったおすすめの20代向け転職エージェント・転職サイト7社 

  • おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 対応地域:全国
  • 対象年齢:29歳まで
  • 公式サイト:キャリトレ

 

キャリトレは20代の転職に特化している転職サイトです。まずは求人情報をいろいろ仕入れたい方におすすめの転職サイトです。

 

求人は外資系企業や日系大手、ベンチャーまで幅広くあります。求人情報を受け取りたい方は登録をしておくと良いですよ。

 

 

7. リクナビNEXT

【IT転職】本当におすすめのIT転職エージェント・転職サイト7社

  • おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 対応地域:全国
  • 公式サイト:リクナビNEXT

 

リクナビNEXTは日本最大の総合転職サイトです。総合転職サイトにはマイナビ転職、en転職などもありますが、20代の初めての転職であれば、まずは最も規模が大きいリクナビNEXTを使って情報収集をすればOKです。

 

リクナビNEXTは総合型の転職サイトですが、時々20代向けの特集なども組まれています。特集を見れば、20代を積極的に採用している企業が一目瞭然でわかるので、チェックしておくことがおすすめです。

 

ここだけの話ですが、リクナビNEXTで求人を出しながら、前述したリクルートエージェントで求人を出しているところも結構存在するので、両方併用することがおすすめです。記事前半でお話ししたテクニックも活用できます。

 

  

転職エージェントには複数登録するべき

20代 転職エージェント 転職サイト
 

転職エージェントには必ず複数登録しておくことをおすすめします。

 

転職エージェントごとに保有している求人は異なります。良い転職の入り口は、いかに良い求人を紹介してもらえるかに尽きます。ですので、ここを妥協してしまうと、良い転職は実現しにくいです。

 

また、たとえ複数の転職エージェントがそれぞれ同じ求人を保有していたとしても、その企業と強いコネクションを持ってる転職エージェントと、そうでないエージェントは分かれてきます。

 

僕の実体験でも書きましたが、転職はコンサルタントからの一押しで、選考を有利に進めることもできます。

 
加えて、例えばリクルートエージェント経由でとある志望企業(仮でA社とします)に応募した場合、別の転職エージェントのDODAマイナビジョブ20"sからは、A社に応募することはできなくなることが、一般的な転職エージェントのルールとなっています。だからこそ、複数の転職エージェントを併用し、最も確率が高そうなエージェントから応募する必要があります。

 

転職エージェントにレジュメ登録することは5〜10分もあればできますが、複数登録することは少しめんどうに感じるかもしれません。登録するとエージェントから連絡も来るようになるので、人によってはたくさん登録すること自体に気が引けることもあるかもしれません。

 

ですが、それ以上のメリットが転職エージェントにはあることを、忘れてはいけません。

 

20代転職を成功させるためには、複数の転職エージェントを併用し、幅広くアンテナを立てておくことが必要不可欠です。この一手間をかけられるだけでこの先何十年の未来が大きく変わってくるので、妥協しないことが必要です。

 

まだ転職する意思がぜんぜん決まっていなくても、無料で登録・相談・スカウト受信はすることができます。はじめに登録するレジュメは後からいくらでも修正・更新ができるので、まずはいま書ける情報だけで埋めておき、いち早く求人の情報が入ってくる環境を作っておくことが何より重要です。

 

20代は可能性に満ち溢れている

20代 転職エージェント 転職サイト

 

朗報です。20代は可能性に満ち溢れています。

 

転職の世界って本当にシンプルでして、「若さ」というのは最大の武器になります。

 

若いだけで、選べる仕事の数は増えます。違う業界や仕事に就くことも、20代のあなたなら選べます。

 

学歴や経歴を理由に、「自分にはきっと無理だ」と、諦めることは簡単です。でも、諦めずに行動さえ起こせば、20代ならどんな仕事にだってチャレンジできますし、良い未来を作っていくことが今ならまだできる年代です。

 

だからこそ、あなたのいまの若さを無駄にしないで欲しいなと、そう思います。30代ではこうはいきません。

 

20代転職を成功させる秘訣は、前述通り、転職エージェントを軸に活用することです。複数の転職エージェントを活用して情報収集し、納得いく転職を実現していきましょう。