Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

3ヶ月で英語をスラスラ話せるようになる最強の勉強法

2017.8.6更新

f:id:travewriter:20170418192555j:plain

英語が話せるようになると世界が変わる

「英語が話せるようになると世界が変わる」これは、英語を話すことができなかった僕が、英語を話せるようになってから強く実感したことだ。

 

英語を話せないときは、僕にとっての世界は"アジアの小さな島国"だけだった。それでも当時の僕は満足していた。住んでいた島国は便利で、豊かで、何一つ不自由のない場所だったからだ。英語など話せなくても人生困らないと思っていた。

 

そんな僕の価値観を打ち砕いたのは「海外旅行」だった。小さな島国から外の世界に出たとき、目に入るもの全てが真新しく見えた。広大な大地、多様な文化、そしてそこに暮らす人々。当時の僕には、そのすべてが輝いて見えた。

続きを読む

【徹底比較】リクルートエージェントとビズリーチはどっちを使うべきか?

f:id:travewriter:20170805130437j:plain

僕は20代後半で初めての転職を経験した。最初に入った会社に定年まで勤め上げる日本文化を幼い頃から知っていたため、最初は転職など自分にとっては遠いことだと思っていた。

しかし、時代は変化した。かつては転職する人自体が少なく、転職をする人は珍しかったが、今では20代全体の約30-40%の人が、初めての転職を20代で経験するそうだ。「転職なんてしても大丈夫なのかな・・?」「転職はリスクがあるんじゃないのかな・・」そう悩んでいてこの記事にたどり着いた方は、まず事実を知って安心してほしい。転職をすることはもはや当たり前のこととなりつつある。

続きを読む

20代転職ならココ!最強のエージェント4社を、実際に利用した僕が実体験を元に紹介する

f:id:travewriter:20170804153636j:plain

僕は20代後半に初めての転職を経験した。最初に入った会社に定年まで勤め上げる日本文化を幼い頃から知っていたため、最初は転職など自分にとっては遠いことだと思っていた。

 

しかし、時代は変化していることに気付いた。そもそも最初に入った会社に入社して定年まで勤め上げることは、会社が定年まで存続する前提があってこそ成り立つ話。にもかかわらず、現代は自分の社会人人生よりも、会社の寿命の方が短くなっているのだ。

 

実際、かつては20代で転職する人は珍しかったが、今では20代全体の約30-40%もの人が、初めての転職を20代で経験するそうだ。「20代だけど転職して良いのかな・・?」そう悩んでいてこの記事にたどり着いた方は、まずその事実を知って安心してほしい。20代で転職をすることはもはや当たり前のこととなりつつある

 

今回は20代転職を考えている男性女性問わず、絶対に登録しておくべき20代転職のための最強の転職エージェントを、20代で転職を経験した僕の実体験をもとに4社紹介していく

  • 社会人になったばかりだが、今の会社が合わず転職を考えている20代前半の人
  • 働いて3年経ったし、「そろそろ転職かな」という20代中盤の人
  • 社内でも中堅になり、これから新しいキャリアアップやキャリアチェンジをしたい20代後半の人

上記いずれかに当てはまる人は、今回の記事を読み進めてほしい。

続きを読む

おすすめのプログラミングスクール4社を徹底比較する【受講者が特徴や使用メリットを全てまとめた】

f:id:travewriter:20170730114007j:plain

今、プログラミングを学ぶ必要性が、今強く叫ばれている。

 

「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを約束しよう」

 

この言葉はFacebookの元役員、Chamath Palihapitiya氏が語った言葉だ。プログラミングを学ぶ必要性が、日本・海外問わず強く叫ばれている。あらゆる企業でテクノロジー化が進んでいる背景もあり、プログラミングスキルを持つ人材の需要が増えていることが主な要因だ。プログラミングスキルという高い専門性があれば、給料が右肩下がりのこの時代でも高給を実現できるし、会社や場所に縛られることのない自由な人生を実現することもできる。

続きを読む

正しい目標設定の方法を、いつも達成できない人と、いつも達成する人の事例を交えながら解説する

f:id:travewriter:20170728205442j:plain

仕事にしろスポーツにしろ、何かをするときに「目標設定」をする人は多いはずだ。しかし、一見同じように目標を設定していても、いつも目標を達成する人がいる一方、いつも目標を達成できない人も存在する。この違いは一体どこから生まれるものなのだろうか?

目標達成をする目標設定には、正しい原理原則があるというのが今回の記事の主題だ。多くの企業、多くの組織、多くの人がこの認識を誤ったまま目標を掲げて設定しているので、目標達成できないケースが多く生まれてしまっているるのだ。

かくいう僕自身も、かつては誤った目標設定をしていたばかりに、多くの挫折を経験してきた。僕がかつていた組織も同様だった。それでも、今回紹介する目標設定術を知り、自分自身や組織に活用するようになったことで、今では大抵の目標はクリアできるようになった。

  • いつも目標達成できない
  • 目標達成できる気がしない
  • 目標という言葉を聞くことすらも嫌になってしまった

これらの中の一つにでも当てはまる人は、今回の記事を読み、目標達成のための原理原則を掴んでほしい。

続きを読む

「人と話したくない人」が、「人と話さなくて良い仕事」を紹介していく

f:id:travewriter:20170728161246j:plain

「人と話したくない」と悩んでいる人は想像多い。僕自身は違うが、僕の周囲にも「人と関わらない仕事がしたい」と漏らしている友人は一定の割合で存在する。毎日営業活動に疲れている人、社内の人間関係に疲れている人、要因は様々だ。人と一緒にいるだけでストレスを感じる人も存在する。そういう人にとって、「人と関わらない仕事」というのは、それだけでも大きな価値を感じる仕事だろう。

そこで今回は、「人と話したくない人が、人と話さなくて良い仕事」を紹介していく。

  • 仕事の人間関係に疲れた人
  • 人と極力関わらず生きていきたい人
  • 一人でできる仕事がしたい人

これらに当てはまる方は、今回の記事を参考にして欲しい。

続きを読む

TOEIC800点を確実に取りにいく究極の勉強法

f:id:travewriter:20170402152547j:plain

誰でもTOEIC800点を確実に取る究極の勉強法を紹介する。先日最短でTOEIC730点を取るシンプルな勉強法【実践的英語力とTOEIC高得点の二兎を追う学習法】の記事を書いたが、これの発展版だ。

 

trave-writer.hatenablog.com

 

今でこそ僕は英語を使って商談やプレゼンができるようになったが、そもそもこんな記事を書いている僕はもともと英語ができるわけではなかった。英語の英才教育を受けていたわけでもなく、高校までで海外に住んでいたわけでもなかった。

 

それでも、漠然とした"海外への憧れ"と、逆に"英語が使えないことの焦り"を持っていたので、英語ができないながらも独学で様々な勉強法を試してきた。紆余曲折しながらも、その過程で身につけてきたTOEICの勉強法が、今回紹介するものだ。

続きを読む