Travewriter

〜 Enjoy world, Enjoy everything 〜

留学前の追い込み英語勉強方法《わずかな期間で"英語脳"を作るためにやるべき3つのこと》

f:id:travewriter:20170426003706j:plain

今回は留学まであと数ヶ月足らずというわずかな期間でやるべき「留学前の追い込み英語勉強方法」を話していく。留学だけに限らず、これから海外赴任を控える会社員、長期の海外渡航を控える旅人にも参考にして欲しい。

僕は海外留学も海外勤務も両方経験があるのだが、海外に行く前の時期はとにかく準備でバタバタするものだ。それは海外で暮らすためのVISA申請や身辺整理、友人や家族への挨拶などが原因だが、とにかく時間に追われる日々が続く。しかし、実際にこれから始まる海外生活のため、英語を少しでも勉強してから行きたいと願うのは通常のことだ。そういう「とにかく時間がない人」のために、今回はシンプルだが即効性のある英語勉強方法を紹介する。

続きを読む

脳科学を最大限利用した「英語学習」の6つのTIPS

f:id:travewriter:20170424124948j:plain

このブログでは英語学習方法を頻繁に取り上げているが、今回は「脳科学に基づいた英語学習のTIPS」を6つ紹介する。

何事も、脳科学に基づいた勉強法を実践することで、通常の勉強よりも遥かに効率良く物事を習得することができる。僕たちが普段使用している脳の割合は、全体のうちわずか10%ほどだ。残りの90%近くは使っておらず、本来持っている脳の能力を活かしきれていないのが実情だ。

裏を返せば、僕たちは脳の仕組みや使い方を覚えることで、本来持っている「脳の潜在力」をもっと活用することができる。特に英語といった未知のものを習得するためには、脳が持つ機能を最大限活用することを意識しよう。

続きを読む

感動の"海外一人旅"を実現するおすすめの国10つと、最高の旅を送る12のコツ

f:id:travewriter:20170415151244j:plain

海外一人旅は自由だ。心の赴くままに行動でき、感動、出会い、哀愁を存分に味わうことができる。誰かと行けば行動を合わせる必要があるが、一人であればお気に入りの場所に、何時間もただただ、ずっと佇むことも自由にできる。旅で気に入るポイントは人によって異なる。地球の神秘や人との出会いといった"旅の醍醐味"を存分に味わうなら、一人旅をすることをおすすめしたい。

そして、旅の醍醐味にあふれた「感動の海外一人旅」を送るためには「訪れる場所選び」はとにかく重要だ。今回は"とびきりの感動"を味わうことのできる「海外一人旅のおすすめの国」を10つピックアップして紹介する。僕個人の経験から出した旅の難易度を基に、旅行が簡単な国から難しい国まで紹介していく。記事のはじめに紹介する国ほど初心者でも行きやすい国としている。記事後半では「最高の海外一人旅を送る12のコツ」も挙げていく。

今回は文量が多くなってしまったので、目次から気になるところを掻い摘んで読んで欲しい。

続きを読む

アフリカに在住していた僕が選び抜いた、死ぬまでに行くべきアフリカサファリ3選

2017.4.16更新

人類発祥の地、アフリカ。日本人からすると馴染みのない地だが、この地には日本人の想像を遥かに超える美しい景色や街並みが多数存在する。

 

僕はもともとアフリカに住んでいた。20代半ばのときだ。初めてアフリカの地を訪れる前は、「一体どんな世界なんだろうか?」「広大な大地に、動物や民族が暮らしているのだろうか?」と想いを膨らませていた。

 

そして、実際に降り立ったアフリカの地は、僕の想像を遥かに超えた、壮大な大地、息づく動物、そして多様な文化や人々が暮らしていた。僕は、アフリカの虜になった。

 

さて、アフリカの本当の情報はネット上には正直まだ少ないのが事実だ。僕もアフリカに行く前は書店やネットでアフリカのことを調べたが、それでも本当の姿を記しているものは少なかった。だからこそ、僕のように現地で実際に住み、生活をした人の情報は貴重だと思っている。

 

アフリカに在住していた経験があり現地のことを知り尽くしている僕が、本当におすすめできるアフリカのスポットを紹介していく。 今回は、アフリカ観光では外すことのできないサファリで、僕が本気で厳選した3つのスポットを紹介する。

 

続きを読む

【アフリカ経済】現地で働いていた僕が肌で感じた"アフリカだけ"が発展しない明確な理由

2017.4.16更新

f:id:travewriter:20160917180314j:plain

jambiani, zanzibar | Andrea Moroni | Flickr

アフリカが大好きだ。地球の最後のフロンティアと呼ばれる広大な大自然、独特な文化、そしてそこに暮らす人々、全てが大好きだ。そんな僕にアフリカを語らせると大抵良いことを言ってしまうものだ。でも今日は敢えて"アフリカが抱えている深刻な問題"についてお話しする。

 

一度考えてみてほしい。世界には多くの貧困国がある。東南アジアや南米は発展していき、中間所得層の割合が増えている。でもなぜ、アフリカだけはいつまで経っても発展しないのか?なぜ発展途上国のままで援助や支援が必要な状態なのか?着実には成長している。でもはっきり言って他の地域では考えられない遅さの成長だ。

 

僕は昔から謎だった。なぜ地球最後のフロンティアはいつまで経ってもフロンティアのままなのだろうと。でもアフリカで実際に住み、現地の人と仕事をし、関わり、やっとその意味が少しわかった気がする。

 

今回は僕が感じた「アフリカが発展しない理由」を述べていく。アフリカが発展しない理由は大きく2つある。

 

続きを読む

すぐに使える、ネイティブ達がこぞって使う"英会話フレーズ"7つを紹介

f:id:travewriter:20170413075641j:plain

今回は「英会話初心者でもすぐに使える」「ネイティブがよく使う」「応用が利きやすく便利」の3つを満たす、英会話のフレーズを7つ紹介する。実際にネイティブたちがこぞって日常会話の中で使っている表現で、実践的に即使えるものばかりだ。英語学習の参考にして欲しい。

それでは挙げていく。

続きを読む

7つのリアルな統計データから「日本の未来」と「個人が歩むべき道筋」を考察する

f:id:travewriter:20170412074902j:plain

日本の未来は明るいか?今回は7つのリアルな統計から日本の未来を考察していく。統計データから現在の日本の立ち位置と、これから訪れる未来を考察した上で、「僕達は一体なにをすれば良いか」という個人レベルの道筋まで話を落とし込んで進めていく。

日本には数多くの問題がある。経済問題、年金問題、人口問題。細かく挙げていけばキリがないほどだ。これらの問題は個人の生活レベルまで大きな影響を与えており、もはや国の問題だと他人事でいることはできないレベルである。僕たちは国の現状を知り、10年後を見据えて行動していかなければいけない。

今回取り上げる7つの統計はあなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったらで取り上げられている数値を参考にしている。統計データと考察を交えながら話を展開していく。

続きを読む